スポンサードリンク

美白を諦めない間違いなく効果があるビタミンC誘導体

美白成分はメラニンを作らない働きはありますが、発生してしまったメラニンにまったく効果がありません。

 

だったとしても、ビタミンC誘導体はその発生してしまったメラニンに効果的な他にない美白成分です。

 

肌への浸透力が高レベルなビタミンC誘導体は、肌の奥深い所の細胞を活発化させるので、シミを見えないようにするのです。

 

これ以外に、ビタミンCはコラーゲンの生成やセラミド合成の促進にさえ効果が見られる働きをするので、肌の水分をキッチリとキープし、みずみずしく潤いがある肌を生み出す良い結果が期待できます。

 

または、強い抗酸化作用に応じて、皮膚の老化を遅らせてくれる。

 

その他に皮脂を抑制する働きもあるので、ニキビやニキビ痕などの肌トラブルの改善や、毛穴が目立たなくなる効果も期待できます。

 

このように、いろいろな美肌効果的なビタミンC誘導体は、美白化粧品や年齢肌応対の化粧品なんかに配合されている確率が高いです。

 

ただし、ビタミンC誘導体は酸性ですから、肌の弱い人からすれば刺激が強力で、かえって肌トラブルが起こってしまうかもしれません。

 

高濃度のビタミンC誘導体が含まれた化粧品を用いたケースで、ピリッとした刺激が生じることも考えられるので、肌の弱い人はお気を付けください。

水溶性物質(ビタミンC)配合クレンジングフォーム

石けんやクレンジングフォームは使用するとき、よく泡立てて、その泡で汚れを包み込むように洗うことを基本としています。

 

配合している水溶性美白成分は水と一緒に流れていきます。

 

石けんやクレンジングフォームに美白剤が入っていてもあまり意味がないと言えます。

 

洗顔料は、美肌に大切なNMFや脂質をあまり取り去らないで、肌に負担を与えない物を基準に選択することです。

 

美白効果を期待するなら、乳液やクリームを使用してください。

日焼けと紫外線

肌が真っ赤に日焼けする人は、肌が白い方です。

 

色白肌の方の中で、日光に当たると、黒くならず赤くなる方がいます。

 

このようなタイプの人は紫外線障害を受けやすいので要注意です。

 

また、皮膚が薄い(角質層の保護機能が弱い)人も影響を受けやすいといわれています。

 

さらにストレスを感じている(ストレスが溜まっている)人は、そうでない人よりも紫外線の影響を受けやすいといいます(体の免疫力が落ちているため)。

 

免疫力は、病気に対する抵抗力。

日光に当たると肌が赤くなるのは?

日光に対する感受性は人によって異なり、赤くなるまでの日光のエネルギー量(最小紅斑=MED)には個人差があり、赤くなってすぐ通常の肌色に戻る人、赤くなって黒くなる人、赤くならずに黒くなる人など、日焼けのパターンも人により異なります。

 

日光に当たって肌が赤くなるのは、紫外線を浴び、血管が拡張するからです。

 

肌が赤くなる人はどちらかというと、角質層が薄く色白の人に多いようです。

 

つまり、サンバーンしやすい肌で、紫外線対策が人一倍必要な肌です。

日焼け後の肌の手入れ

海水浴などに行って日に焼けた直後の肌は、敏感になっているので注意してください。

 

特に赤くなっている場合はサンバーンを起こしているので、ますは炎症を鎮めることから始めましょう。

 

カーマインローション(抗炎症剤の入ったローション)で肌の炎症を鎮めましょう。

 

この時期は皮膜タイプのパックやマッサージは避けてください。炎症が鎮まり火照りが治まるまで、本格的なお手入れはしないことです。

 

火照りや炎症が鎮まったら、日焼け後の肌は特に水分が不足していますので、保湿剤の入った(柔軟)化粧水や素肌水でたっぷりと水分を補充して、この間、紫外線から肌を守ることが大切です。

紫外線ってなになの?

太陽の光の分類とは

紫外線は化学光線と呼ばれるように物質を化学変化させる強力な光線です。

 

雑菌に当てると化学変化させて殺す力があります。

 

殺菌線とも呼ばれ、Ultra Voilet Raysを略し、UVといいます。

 

波長により太陽光線の種類は3つに分けられます。
C紫外線、B紫外線、A紫外線。

 

人間(生物)にもっとも害を与えるといわれるC紫外線は、オゾン層に遮られ通常は地表に届くことはありませんでしたが、フロンガスなどによりオゾン層が破壊されオゾンホールが拡大し、皮膚がんの被害が増加しています。

紫外線の強い時期とは?

日本において1年で紫外線が一番強いのは6月の晴れた日で、時間帯では午前10時〜午後2時といわれます。

 

次いで、5月、7月の順になります。

 

したがって、紫外線対策は5月のゴールデンウィークから始める必要があります。

 

7・8月から始めても少々遅すぎます。

 

育毛百科トップへ
育毛百科は薄毛や抜け毛と闘う

スポンサードリンク