スポンサードリンク

アロマコロジーとアロマテラピーの違いとは?

正確な定義付けはなされていませんが、
アロマコロジーはaroma(アロマ)Physiopsychology(生理心理学)
語尾を合わせた造語で、芳香心理学といわれています

 

コロジーには、エコロジーの意味も込められています

  • 香りの感覚が人の心身に及ぼす影響を、生理心理学的な手法によって解明し、生活環境に用いて快適さを高めたり、イキイキした生活作りを創出する研究
  •  

  • フレグランスや化粧品の香りに応用し、心身の不調を改善するために役立つ香りの、開発やその応用を科学的に行う

意味が込められています。

 

これに対して、アロマテラピーaromatherapyは
西欧の伝承的芳香療法で、
ハーブなどの天然精油をマッサージ、飲用、
芳香浴によって心身の不調を癒す療法ということができます。

 

アロマテラピーは芳香療法だともいい、
香り(主に植物の精油)を多様な方法によって
身体に使うことで、人間本来の持っている免疫力、自然治癒力を高めて、
精神と身体のバランスを持続しつつ健康管理、増進をしようとする療法です。

 

ちょいちょい、同義語にして
アロマコロジー(芳香心理学)といった言葉も使用されます。

 

アロマコロジーは、
香りを嗅ぐことから緊張が解けてやストレス軽減というような
心理的作用を専門としているわけです。

 

香りとして数多い効能が見られ、多くの研究が施されている。

 

それから、ペパーミント、ジャスミンの香りにストレスを
軽減する効能が期待できる事柄が明らかになっている。

 

将来的にも香りの研究が展開されるものと考えます。

 

アロマ=芳香の最も大きなプラスの面は、
効果的香りを嗅いでリラックスすることとなります。

 

そうして、肩の力が抜け、幸福感を感知することだと思います。

 

そこの所に、治療の意義を抱かせると
ちょっぴり行き過ぎる面が起こることでしょう。

 

ふさわしいいい香りを嗅いでリラックスを、
さらに踏み込んで、一人一人のリラックスのカタチを発見できればよいのです。

 

なにより、ひとり一人のアロマ心理学スタイルです。

 

アロマコロジーといった似ている点はいっぱい考えられます。

 

嗅いで身体に現れる生理変化

香りを嗅ぐと身体にどういった変化が生じるのでしょうか。

 

そのことを科学的に研究し、嗅ぐことで人間が
リラックスできるということを証明していくということが、
アロマ心理学の将来に向けたテーマと言えます。

 

嗅ぐのみでうれしい、
あまりにも簡単で本当にそれくらいでうまくいくの、
と考えられるかもしれませんけど、
私たちは割合と嗅ぐ行ないを忘れ気味だと思います。

 

積極的に嗅ぐのってエネルギーがちょっぴり必要だと考えられますね。
嗅ぐ事態に影響される心理効果の研究は依然としてようやくです。

 

あなた自身も関心おありかと思われますので、
将来的なアロマ心理学の方向性にどうか楽しみにしていきましょう。

 

とにかく、あなた自身もすばらしい香りは
日頃から嗅いでリラックスを体験してみるといいですね。

飲む(食べる)化粧品とは?

化粧品の定義、品質の保持あるいは、
宣伝広告の表現などを定めた薬事法には、
飲む(食べる)化粧品という分類はありません。

 

しみを薄くするビタミンCドリンクとか、
肌のハリを保つヒアルロン酸のサプリメントなどが販売されています。

肌を美しくする視点から、これらの働きを考えると

昔から「皮膚は内蔵の鏡」、心の鏡あるいは環境の鏡といって、
肌の美しさ(健康美)に内臓すなわち、
身体の健康が大きく影響するといわれてきました。

 

すなわち食物(栄養)の取り方、適度な運動、
睡眠なども体の健康に関わりますので、
それらも肌の美しさ形成に無関係ではありません。

 

その中の栄養が、
いわゆる飲む(食べる)化粧品となっているのでしょう。
例えば、しみを薄くするビタミンCドリンクです。

 

ビタミンCは、真皮の線維芽細胞を活性化させ、
柔軟なコラーゲンを産出するうえで、
重要な成分ですから、その成分を補給することによって、
瑞々しい弾力性のある肌つくりを、
助けるという考えはあながち誤りとはいえません。

 

しかし、CMや販促用の作用機序を説明する部分には、
イメージ図のことわり書きがあって、そのうえで例えばビタミンCが、
メラニン色素を還元してシミを薄くする作用機序が書かれています。

 

イメージ図とは。文字通りイメージであって、
@こうあったらいいな、A到達したらこうなるのではないか、
の一種の想像図であり、飲んだ成分が内部から
大部分その部位に到達し、必ずそう働くというものでもありません。

 

ですからこれらのサプリメントを摂取する場合は、
@働きを訴求している図は、イメージであるという点を心に留め、
そのうえで、A注意書きをよく読み、体の状態や体質などを考慮し、
B摂取し過ぎることがないように、上手に取り入れることが大切です。

化粧療法(cosmetictherapy)とは?

化粧品を使用して行う化粧行為は、
目的別に大きく3つに分類されます。

 

ケアの化粧

肌の老化防止あるいは、
肌本来の状態の維持(心身の恒常性維持)する目的に
洗浄料やスキンケア、ボディケア関連化粧品を使用して行われるもの。

やすらぎ、癒しの化粧

マッサージクリームや精油などの化粧品を使用しての
マッサージなどの美容行為あるいは、
芳香製品を活用しての心身のやすらぎ、癒しの化粧。

魅せる化粧

メイクアップ化粧品などを使用して、化粧することによって、
普段の自分を変え、相手に対する印象を変化させ、
結果として自分自身に自信をもたらし、
生き方さえも変えうる効果をもたらす化粧。

 

化粧療法とは
〈化粧〉のもたらし心理的・生理的セラピー(治療)効果を〈高齢化〉、
〈高ストレス〉社会に積極的に活用し、
イキイキとした社会を作り出していくことをいいます。

 

化粧指導を通じて、身だしなみに気を使うようになった、
うつ病の患者さん、お化粧することでオムツをはずすきっかけを、
つかんだおばさん、あるいは容貌の回復で社会性が、
向上したしみや火傷に悩む方々、心身のリラックスをもたらし、
会社の仕事に積極性が出てきた方々など、
「化粧療法」による成果が数多く報告されています。

 

育毛百科トップへ
育毛百科は薄毛や抜け毛と闘う

スポンサードリンク