スポンサードリンク

皮膚が本来備えているバリアの機能を失う

何よりも、紫外線は天敵。

 

そうでなくてもバリア機能を消失している皮膚は、紫外線の刺激などによって炎症の元凶となっている恐れがあり、アトピーを進行させる引き金になります。

 

お出掛けする際には、きちんと日焼け止めクリームを塗り、肌の露出を避けましょう。帽子なんかも役に立ちます。

 

けれども、夏の真っただ中にぶ厚い長袖などを着てお出掛けをすると、かなりの汗を流すことがあります。

 

ほったらかし汗をそのままだと、細菌が繁殖し、炎症になることが多くなりますから、お出掛けする際には吸収性が申し分ない素材の衣類を選び、当日は例外なくお湯に入って、汗をきれいにすることが必要です。

アトピーのかゆみを鎮静化する方法

アトピーが発生すると、どうしたってかゆみがでてきちゃうのが普通です。

 

掻いてはよくないことは理解していましても、我慢できないレベルのかゆさ。

 

お風呂上りなどにかゆみが重症化するのは、かゆみは、身体が温まることで起こされるためです。

 

なので、お風呂のお湯は温めに変えるくらいで、かゆみが生じた部位は保冷剤でアイシングするメンテをしましょう。

 

だけど就寝中なんか、ついつい掻いてしまうことがあります。

 

せめて爪からバイ菌が入り込んで、ひどい状態にしないために、習慣的に爪は短くし、きれいにするようにしてください。

 

また、就寝中に手袋をやって就寝すると、ついつい掻いてしまった場合も、皮膚に及ぼすストレスは少なくできます。

 

手袋を選択する際には、皮膚にソフトな素材の物にするのがいいです。

トラブルの原因になるものは人によって異なる

自分は何に対して敏感なのかを判断し、トラブルの原因となる成分を、避けさえすればトラブルの心配入りません。

 

判断の付かない場合は、化粧品のサンプルをいただき、皮膚科の医師に相談してください。

 

皮膚科医師で、化粧品のサンプルのパッチテストをしてもらい、反応が出なければ大丈夫です。

 

また、化粧品の裏のラベルに、化粧品の配合されている、成分が表示されています。

 

化粧品を選ぶときは、この表示成分を参考にするとよいです。

 

たとえば、過去経験した肌トラブルを起こした、化粧品の配合成分を今回使用する、化粧品の配合成分と見比べるなどです。

 

化粧品を使用するときは、使用見本(お験し化粧品)などで、自分の肌に合うかどうかをよく確認すること。

アトピー性皮膚炎の化粧品とは?

アトピーの原因については、今だはっきりと解明はされていません。

 

なかなか原因が複雑で分からない肌であることから、アトピー肌を「原因の分からない奇妙な肌」とも言われています。

 

遺伝、食べ物、ホコリ、ダニ、アレルギーなど今だ、これだという、決定的な原因が突き止められていません。

 

原因が分からないため、当然、アロピー対策も手探り状態です。

 

しかし、最近の研究でアトピー肌の方は、正常な肌と比較して、皮膚の保湿機構(肌の水分を保持するための仕組み)に、欠陥があることが分かってきました。

アトピーの肌の人は

  1. 細胞間脂質であるセラミドが少ない。
  2. 自然保湿因子(アミノ酸など肌の中にある特に水分保持の有効に働く物質)が少ない。

などが原因で、肌がカサカサし、つやがなく、かゆくなると考えられます。

 

このようなことからいえば、水分保持力を高める化粧品での、
お手入れはアトピー肌には、有効と思われます。

 

具体的には、セラミド(脂質)の補充で、
皮膚のバリア機能を高め、
保湿成分を含んだ水分の補充を行ない、
破壊された皮膚の保湿機構を補うこと。

 

保湿クリーム、ノンアルコールの柔軟な化粧水、
素肌水などを上手に使ってください。

 

ただし成分のアレルギー反応におけるアトピーも、
考えられますので、肌にその化粧品が合うか、
少しずつ確かめながら、使うことをお薦めします。

注意

よくアトピー肌が海水で改善した、
温泉水で改善したと、口コミを耳にしたりしませんか?

 

肌の中にある自然保湿因子(NMF)には、
アミノ酸や尿素とともに有機イオンなどのイオンが存在しています。

 

海水や温泉水に含まれる各種金属イオン、
有機イオンが、何らかの形で関与していると考えられます。

自分の肌が敏感肌か見分ける方法とは?

敏感肌かどうかを計測する肌計測器もありません。
自分で自分の肌の特色を把握し、判断するしかありません。

 

次ぎの方は、敏感肌と判断し、化粧品の選び方、美容法(使い方)に注意。

  1. 季節の変わり目や化粧品の切り替え(ブランド変更)ときには、肌トラブル(かぶれなど)を。起すことが多い。
  2.  

  3. 冬になると、頬がカサカサになり、また(クレンジングフォーム)で洗顔すると洗顔後、肌がヒリついたり、つっぱった感じを強く感じる。
  4.  

  5. クレンジングクリームなどでメイクアップの汚れを拭き取るとき、ティッシュペーパーやコットンで、頬が赤くなったり、ヒリついたりする。
  6.  

  7. 寒い所から熱い所など温度変化が激しいと、頬や目の周りが赤くなる(赤ら顔)。
  8.  

  9. どちらかといえば、肌色は白い方で、日光にあたると、黒くならずにまず、赤くなる。
  10.  

  11. 貴金属ネックレスやセーターなどに使用する、柔軟仕上げ剤(ソフナー)などで、首の周りなどにかぶれ(アレルギー性皮膚炎)を起こす。
  12.  

  13. 洗顔後、収斂化粧水(アルコール含有量の多い)を使用すると、しみることが多い。

これらの質問に Yes が多いほど、敏感ほど高いといえます。

 

その他、病中病後や、生理の前後では、肌が敏感になりがちですので、注意してください。

 

育毛百科トップへ
育毛百科は薄毛や抜け毛と闘う

スポンサードリンク