スポンサードリンク

弱っている状態、不足した状態が虚

弱っている状態、不足した状態が虚

髪の毛には腎が弱る腎虚、
血が不足する血虚が影響過不足がないのが正常。

 

力が過不足なく働いている状態を平。
力が不足したり弱まり、うまく働かない状態を虚と呼びます。

 

力が強すぎてバランスを崩している状態を実といい。
この考え方が”虚実”漢方=中医独特の考え方です。

 

過不足がいけないので、虚・実どちらも良くない状態です。


冷えのぼせは抜け毛の原因

冷えは万病のもと

冷えのぼせは抜け毛の原因
人間の頭部は下半身に比べ、陽(動的・熱い・活動的)です。

 

バランスが崩れ、頭が熱く、足が冷たい状態。
上熱下冷(じょうねつかれい)冷えのぼせです。

 

身体にさまざまな悪影響が現れます。
髪については、頭が熱くなりすぎ、髪の毛が抜けてしまう原因になります。

 

下半身の冷えは腎に良くありません

足の方が冷えている

そこをめぐった冷たい血液がおなかや腰を通って心臓に帰ってきます。

 

おなかや腰が冷やされ、腎臓をはじめ、膀胱や子宮など、
冷えに弱い泌尿生殖器系の臓器系が冷やされて腎虚となります。

 

頭を冷やして、足を温める(頭寒足熱)は、健康を守ります。
髪の毛を守る上でたいへん大切なことです。

 

頭寒(陰)が下降し、足熱(陽)が上昇し、陰陽が混ざるります。
バランスがとれ、身体にいい、髪にもいいと言うことです。

コーヒーを飲まないと元気の出ない人

低血圧の人は、コーヒーを飲むとシャキットするため、ついつい飲んでしまいます。

 

それが不眠症の大きな原因になります。
カフェインの取りすぎは、自律神経の失調症になり内臓の不調を引き起こします。

 

神経が過敏になって自分に対してもデリケートになりがちです。
ストレスが溜まって頭皮に影響を与えることになります。

 

仕事面でも守りの姿勢から攻めの姿勢に転じ前向きに進むことです。
好きなことを楽しくやることで、こうしていけば細胞は活性化していきます。

 

冷えのある人は、海藻は体に合いません。焼き海苔はいいです。

 

大切なことは毎日必ず手当てをすること、
怠けていて間が空いてしまっては、願望や目標を達成することはできません。

 

柔軟な考え方、言い換えれば「素直さ」が必要です。
目標をいかに明確化するか、それが重要で成就するための出発点です。

 

これは多くの先達によって証明された偉大な真理なのです。

髪も皮膚も体内で作られる

だから体内のコンディションを整えることが大切。
髪は頭皮の中の毛根が作られ、1ヶ月に1センチくらい伸びます。

 

皮膚も表皮の下で新しい細胞が生まれ、上へ上へと押し上げられて28日で角質となりはがれ落ちます。

女性に多い自律神経失調症

ストレスや疲労が引き金

調子が悪い、疲れやすい、肩こり、頭痛、気分が落ち込むなど、
不調を感じていたら自律神経失調症かも。

 

自律神経の中枢は女性ホルモンの中枢と同じ場所にあり、
月経や出産などでホルモン分泌が変動する女性は自律神経の働きも影響を受けやすいのです。

 

ストレスがかぎを握っています。
ストレスを発散するのが下手な人は自律神経失調症になりやすい人です。

 

人間関係のトラブル、いろいろな環境の変化もストレスになります。

 

自律神経はリラックスしたときに働く副交感神経と緊張したときに
働く交感神経がバランスを取り合って、心と身体をコントロールします。

 

ストレスから交感神経が過剰に働いたり、疲労から副交感神経が
過度に働くと、自律神経のバランスが乱れやすくなります。

 

活動と休息のメリハリのある生活を心がけ、
緊張をとりリラックス法を身につけ、自律神経の調子を整えましょう。

 

生活のリズムを整えよう。

 

交感神経は、昼働く活動型の自律神経で、
副交感神経は、夜働く休息型の自律神経です。

 

生活の中心が夜型に傾いてしまうと、
自律神経も乱れやすくなります、活動と休息のメリハリのある生活を。

 

中医学(漢方)では、人が生きていくために
必要な気と血を運ぶ経絡が全身を巡っていると考えています。

 

経絡の上にあるのがツボです。

 

ツボは身体の各器官につながり、
ツボを刺激すればその器官の不調を改善することが出来ます。

 

冷え性、頭痛、肩こり、イライラなど。
ツボを押したときに痛みやコリを感じた場合は、自分で気がつかなくても不調があります。

 

気軽にツボを刺激してください

足裏をマッサージをすると、血行改善やリラックス効果もあります。

 

気持ちよく感じる強さで押したり、もみほぐしたりします。
押してみて気持ちが良いところ、痛いところがツボです。

 

親指の腹や人差し指の腹で押します。

 

育毛百科トップへ
育毛百科は薄毛や抜け毛と闘う

スポンサード リンク