スポンサードリンク

ストレスを強く受ける人

 

体の気血水のバランス

毛質まで変化して薄毛化が始まります。

 

髪の毛は東洋医学では「気血の滞り」つまり
ストレスなどで気に余裕が無くなと考えます。

 

次第に血の流れにも影響が出てくることでおこるとされます。

 

この状態、老化した頭皮に育毛剤を振りかけたりしても、
薄毛や抜け毛は改善されません。

 

間違ったダイエットでも薄毛に変化することもあります。
精神的ストレスだけでなく、不規則な生活などによる身体的ストレスも髪に影響します。

 

ストレス解消には、38℃くらいのお湯に半身浴で、
20分程度ゆっくりつかると、ストレス解消や血行促進に効果的です。

女性の分け目が広がる薄毛は老化タイプ

女性の分け目が広がる薄毛は老化タイプ

頭皮には「しわ」はよらないのです。

 

頭皮が弱り老化してくると顔の方にずり落ちていくため、
分け目は広がっていきます。

 

頭皮回復をすることで、顔も若返って見えてきます。

 

たばこ・飲食

たばこは、血管を収縮させるので、毛根が栄養不足になります。

 

大量に飲酒すると、アルコールに分解にエネルギーやビタミン、ミネラルが多く消費されます。
毛根に十分な栄養が届かなくなります。

 

飲酒は適量にとどめることが健康にも良いです。

古血・うっ血・虚血の薄毛

排泄されるべき古血が体内に残り、さまざまなトラブルを引き起こします。
薄毛や抜け毛が起こるので、血行を促進することが対策のポイントです。


古い血が体内に滞っている

古い血が体内に滞っている

身体の外に排泄されるべきなのに、
身体の中に残ってしまっている古い血です。

 

新しい血は、体内で活躍し、古くなると壊れて固形分は大便の中に、
液体は小便に混ざって排泄されるのが理想です。

 

これがうまく働かず、体内のあちらこちらに残るのがお血。

 

お血(古血)は悪い熱を生じ、のぼせや肩こりなど、
さまざまな症状を引き起こし、血行を悪くしたり、皮膚のトラブルを引き起こします。

 

体内の古い血が原因でその結果薄毛や抜け毛を起こすことになります。


脂漏性

皮脂がなかなか減らない男性型脱毛症や女性の薄毛にはルナレストルセリピッドXが効果的です。

 

シャンプーや頭皮クレンジングで「皮脂を取る」方法は、
皮脂腺を肥大させ皮脂分泌量を多くする傾向にあるので、
洗えば洗うほど皮脂が多くなるという結果になり悪化させます。

 

頭皮料=ルナレストルセリピッドは、皮脂を整える効果がありますが、
さらに皮脂を積極的に減らしていく「ルナレストルセリピッドX」は、
皮脂をどんどん少なくなっていく処方になっています。

 

これにより皮脂の多い男性型脱毛症・女性の男性化による皮脂の多い薄毛に、
ルナレストルセリピッドXを使うことで「育毛剤の効果を高める頭皮」になります。

 

男性型脱毛症や男性化した女性の薄毛のように、
あきらかに5-アルファーリダクターゼの影響が強い薄毛には、ルナレストルセリピッドXが最適です。

 

ルナレストルセリピッドX+ルナレストル育毛用シャンプー+高濃縮育毛剤レナレストル育毛エッセンス・
機能強化育毛剤スカルプケア頭皮エッセンスTの手当て法で効果を上げています。

皮脂と皮脂膜

皮脂腺の細胞が中性脂肪を造っています。
これが皮脂です。

 

皮脂は毛孔から分泌されて、子汗腺(エクリン腺)からでる
99%が水分の汗と混ざり皮脂膜となります。

 

この皮脂膜が皮膚や毛髪の保護をしています。
皮脂膜を造るためには、皮脂と汗、脂と水が均等に混ざり合わなければなりません。

 

それには水と脂を均等の状態に安定させるための物質が必要で、
皮膚の表面には、皮膚常在菌が存在し、この働きをしてくれます。

 

皮膚の角質や毛髪や爪には、水分が大切。
肌荒れには、皮膚の角質の水分が10%以下に減った状態です。

 

爪も水分を含み、爪に縦に筋が入るのは水分不足のためで、毛髪も11〜13%は水分です。

 

皮脂膜には、大変優れたクリームで、
皮膚の表面を脂で均等に被い、中の水分を充分保持してくれます。

 

皮脂膜は弱酸性で、感染症のもととなる皮膚病原細菌や真菌は、
酸性では繁殖できず、皮脂膜はこれからも皮膚を守っています。

 

シャンプーで洗髪すると、汚れと一緒に皮脂膜も洗い落とされますが、
頭皮は1時間くらいで元の2分の1まで回復し、4時間で元の状態、
逆に皮脂が多すぎるとふけ症になることもあります。

 

皮脂に分泌が増えると、これを栄養分としてフルフル菌が異常に繁殖し、
頭皮に炎症を起こし、表皮角質の形成を早め、ふけ症を起こします。

 

頭皮に炎症が起こると、周期が短縮し、フケの量が大量に増えます。

 

頭皮だけでなく、皮膚の場合は、男性ホルモンの異常な働きにより、
皮脂の分泌が増えたり、角質が厚くなります。

 

脂肪酸の刺激があると、毛孔が角化し皮脂の出口がふさがれ、外に分泌できずに、
毛包内に皮脂が入り込むとこの皮脂とタンパク質が混ざり、細い毛の毛孔にできるのがにきびです。

 

育毛百科トップへ
育毛百科は薄毛や抜け毛と闘う

スポンサード リンク