スポンサードリンク

食事を楽しむ

1.食事を楽しみましょう

食事は楽しく、おいしく食べることが心身の健康にとって大切です。
食を共にすることが、人と人のむすびつきに重要な役割を果たしています。

 

2.1日の食事のリズムから、健やかな生活リズム

朝食をとり、1日を始め、間食や夜食は取り過ぎない。

 

3.主食、主菜、副菜を基本に、栄養のバランスを

料理の組み合わせを考えることは、多様な食品をとることにつながります。
偏りに注意し、バランスのとれた食事をする。

 

4.ごはんなどの穀類をしっかりと

日本人の食事の大きな特徴は、主食があるからです。
米などの穀類には、食物繊維が含まれています。

 

戦後の日本人の栄養素摂取の推移は、
米離れといわれ、炭水化物が減少して、脂肪、とくに肉など
動物性脂肪が増えてきて、
糖尿病や肥満といった生活習慣病増加の一因となっています。

 

5.野菜・果物・牛乳・乳製品・豆類・魚なども組み合わせて

主菜には魚、豆類、大豆製品をすすめています。
ごはんだけでは不足するアミノ酸が、大豆製品で補われるのです。

 

ごはんにみそ汁、ごはんに納豆の組み合わせで、
肉類はできるだけ赤身に心がけましょう。

 

血液中で固まりやすいのは、脂です。

 

野菜、果物はビタミンC、ビタミンE、
ベータカロチンなどのビタミン類やフラボノイドといった
抗酸化物質を含んでいます。

 

カリウムや食物繊維なども多く、
野菜、果物は脳卒中や心疾患のリスクを
減少させることがわかっています。

 

6.食塩や脂肪は控えめに

和食は健康食として注目されていますが、
難点は低タンパクと塩分が多いこと。
そのため、昔の日本人は
高血圧、脳出血が多かったのです。

 

食塩も摂取量は、一人1日平均約12gで、
半分はしょうゆ、味噌、調味料から摂っています。

 

目標は10グラム以下です。
うす味にして、漬物、みそ汁に注意しましょう。

 

脂肪を減らすのは、
穀類を増やし和食の食材を中心にすること。
カツオだしの利用により脂肪を減らす工夫をするこです。

 

7.適正体重を知り、日々の活動にあった食事量を

ヒトは永い間食糧のすくない時代を生き抜いてきました。

 

食べたエネルギーをできるだけ脂肪として
体に蓄積することが、生き延びるのに有利であったと考えられ、
食糧の乏しいときには生存に有利に働いた
倹約遺伝子が、食糧が豊富になり運動不足になりがちな現代は、
逆に肥満や糖尿病を引き起こしてくるのです。

 

8.食文化や地域の産物を活かし、ときには新しい料理も

 

9.調理や保存を上手にして無駄や廃棄を少なく

日本には世界中から、いろいろな食物が集まってきます。
日本食は、食の欧米化に歯止めをかけると同時に
食糧自給率を上げることになります。

 

10.自分の食生活を見直してみましょう

食生活を見直し、これからの食生活を考えることが大切です。
飽食の時代と言われ久しくなり、
何をどのように食べるのかは自己責任の時代です。

医食同源とは

医食同源という言葉があります。
病気を治すのも食事をするのも
生命を養い健康を保つためで、本質は同じという意味。

 

もう一つ考えなければいけないのが、
こころの健康です。

 

病は気からという言葉が、
こころと体が密接に関連しあっていることは、
古くから知られていました、
改めてこころの問題が大きくクローズアップされています。

 

育毛百科トップへ
育毛百科は薄毛や抜け毛と闘う

スポンサードリンク