スポンサードリンク

脳は何でも受け入れてくれます

薄毛や脱毛症になると、世間や人間関係がいろいろな面でストレスに
薄毛や脱毛症は今のうちに治しておくことです。

 

簡単にストレスをなくせばいいというわけにはいきません。
現代社会ではさまざまなストレスにさらさられ、生きています。

 

仕事上のストレスがあるからといって
別の仕事につけばいいといった単純なものではありません。

 

ストレスには悪いイメージがありますが、善玉ストレスといって、
その人の原動力になるようなストレスもあるのです。

 

人間には何かをしなくてはというある程度の
プレッシャーがないと動こうとしないものです。
これもストレス、要はこれを原動力とすることができるかということです。

 

上手な人は、さまざまなストレスを逆に利用して、
それを乗り越えようとすることで、
エネルギーとしているのです。

 

髪の毛そのものについてもいえることです。

 

薄くなってきたことを気に病んで、
絶望的になることが、また、髪を抜けさせます。
あまり考え込んでしまわずに、おおらかな気持で、
髪の毛についても考えるようにしてほしいと思います。

 

それぞれもって生まれた性格というものもあります。

 

ためやすい人、残しやすい人、
その人なりのストレス解消法を見つけていただきたいのです。
なにごとものめり込んでしまうと視野が狭くなってしまいます。

仕事に追われ続けて

いつの間にか身体にストレスをためてしまって、
成人病になってしまったという人も多いのです。

 

やりすぎがあるようです。
食べ過ぎ・飲み過ぎ・運動のし過ぎ・オーバーワーク、
ダイエットのし過ぎといろいろあるようです。

 

こうしたことがかさなって、身体だけでなく、
髪の毛にも大きな負担がかけています。

 

趣味を楽しんだり、仕事以外にも生きがいを
見つけたりして落ち着いたゆっくりとした生活を
大切にする時代になっていると思います。

現代人は生きている限りストレスをさけて通れません

ストレスを受けると脳下垂体からホルモンが分泌され、
続いて副腎皮質モルモンが分泌されます。
これがストレスをやわらげる役目をします。

 

脳下垂体や副腎皮質のホルモン分泌が悪いと、
ストレスが精神や肉体に
いろいろな形で悪影響を及ぼします。

 

とくに毛根はさまざまなホルモンの影響を強く受けていています。
そのためストレスが脱毛 に結びつくことが想像できるとおもいます。

 

ストレスが脱毛に結びつくメカニズムはまだ、詳しく解明されていません。
そのためにも、ストレスをできるだけ蓄積しないようにすることが第一です。

 

笑いや気晴らしを上手に生活に取り入れて、ストレスを感じにくくすること。

生活パターンも自然と夜行型不規則な生活になりがちです。

不規則な生活になりがちです。
睡眠不足になりがちで、身体に負担をかけています。

 

いくつも積み重なって、
心と身体の鏡である髪の毛に影響が出ているのです。
健康のために、生活のリズムを守ってください。

 

質の良い睡眠を取るようにするだけで、
ずいぶんとストレスを解消できるはずです。
食生活でも、
少しでもバランスのとれたメニューを心がけてほしいものです。

 

脳は、情報が駆けめぐる場所に応じて
さまざまな脳内ホルモン(神経伝達物質)が活躍します。

 

それが不順な動機であろうと、
刺激されることでホルモン分泌が高まり、
情報伝達をゆさぶるということになります。

 

とにかく何かを考えて実行しようと思わない限り、
脳は働いてくません。

 

脳は刺激されれば答えてくれます

大切なのは、脳が答えてくれるように、
日頃、好きな心を抱いたり、何かを見つけたり、
感動するのでなければ、答え方が散漫になることは確かです。

 

ボーッとテレビばかり見ているような生活は、
脳をバカにしてしまいます。

 

育毛百科トップへ
育毛百科は薄毛や抜け毛と闘う

スポンサードリンク