スポンサードリンク

食塩を控えてください

日本人が食するごはんには塩味の効いたおかずが合う、
食塩の過剰摂取を招きます。

 

日本人の食塩摂取量は、1日約12グラム。
地方によっても差があり、北に上がるほど多く、
南に下がるほど少なくなる傾向があります。

 

長寿の人が多い沖縄県では約8グラム。
食塩の摂り過ぎは高血圧の原因になり、
高血圧が多くなると結果として脳卒中などの病気が多くな利ます。

 

東北地方では脳卒中がとても多く、
最大の原因は食塩の摂り過ぎにあります。
高血圧を防ぎ、脳卒中を予防するには、
食塩を控えることが大切と心得てください。

高血圧体質は、食塩の摂り過ぎは禁物

食塩には、血圧を高くするだけでなく、
血液を固まりやすくする作用があります。

 

食塩の摂り過ぎは、
脳梗塞など血管がつまる病気の原因にもなります。
脳梗塞は、大きな血管がつまると
半身マヒや言語障害が現れます。

 

小さな脳梗塞が老人性痴呆の原因になります。
食塩には、血液が固まる成分を促進する作用があります。

 

血小板という成分が集まる作用は
、高血圧になりやすい人ほど、影響を受けやすいです。
降血剤で血圧をコントロールしていても、
食塩を摂り過ぎに注意してください。

 

脳卒中で命を落とす人が少なくなったからと安心は早計

食塩の摂り方が多いため脳の血管がつまり、
寝たきりや老人性痴呆になるお年寄りが増えています。
野菜や果物には、栄養成分が含まれ、
カリウムと食物繊維は、食塩の害を減らすために有効です。

 

野菜や果物をたべてカリウムを多く摂ると、
カリウムはいったん血液中に吸収されたあと、
腎臓から尿のなかに排泄されます。

 

このとき、食塩の成分ナトリウムを一緒に体外に連れ出します。
食物繊維には腸で食塩が吸収されるのをさまたげる働きがあります。

 

食物繊維に人間の胃腸では消化されず、
消化管内の食塩を連れ出します。
カリウムや食物繊維以外にも、
食塩の害を防ぐのに有効の栄養素がいくつかあります。

 

海藻に多いマグネシウムは、
細胞のなかに食塩の成分のナトリウムがたまるのを防ぎます。
細胞膜のポンプ作用を活性化して、ナトリウムをくみ出します。

 

カルシウムやタンパク質を多く摂ると、
尿から排泄するナトリウム量が多くなります。

食塩を摂る量は、寿命に影響を及ぼします

食塩を多く摂れば摂るほど、
脳卒中や胃がんで死亡する人が増え、寿命は短くなります。
食塩摂取量を1日約8gまで減らすことができれば、
寿命は2年ほど延びいます。

 

WHO(世界保健機関)

食塩摂取の望ましい値として、1日6gを提言しています。

 

食塩の摂取量を現在の半分のレベルにまで減らすことは、
すべてのガンを克服するのに等しい効果があります。

 

健康で、胃がん、脳卒中、
老人性痴呆などが少なくなることは明らかです。

 

育毛百科トップへ
育毛百科は薄毛や抜け毛と闘う

スポンサードリンク