スポンサードリンク

ストレスから来ている薄毛・細毛・抜け毛・脱毛症

余裕がなく緊張が続いている状態が続くことで
毛にも大きな影響がでてきます。

 

若い女性の間にもストレスによって自律神経が緊張します。
血行や栄養の循環が悪くなり、
薄毛や細毛や抜け毛や脱毛症につながります。

 

呼吸が浅くなり、
毛など末端の酸素供給量が少なくなるためです。
頭皮が緊張して硬くなり、
皮脂の分泌量が多くなります。

 

胃腸や免疫系統、神経系に影響が出て、
毛にも影響してきます。
ストレスに強い身体にすることが育毛には必要です。

 

髪を育てる毛球部、栄養を送り込む血管を
包むように取り巻いているのが自律神経です。

 

交感神経と副交感神経の二つ

血管は副交感神経が働くと広がり、
交感神経が働くと収縮します。

 

ストレスの蓄積により二つの神経の
アンバランスな状態が自律神経失調症。
過度のストレスは、自律神経だけでなく
内分泌系、免疫系の働きにも悪影響。

 

ホルモンの分泌が乱れ、消化器系の働きが悪くなり、
アレルギーを起こしたりします。
そうすれば、髪への影響も避けられません。

 

消化器の機能低下は栄養の吸収を悪くして、
毛球部への栄養供給の障害になります。
免疫の異常は頭皮や毛根に炎症を生じやすくします。

慢性的な過労状態や睡眠不足のときにも起こります

夜更かしで睡眠不足ともなれば、
毛母細胞の分裂低下は避けられません。
毛母細胞の分裂が活発になるよう、
リラックスし、身体のケアに努めましょう。

 

運動不足の解消も健康のためでなく、
髪の毛にとってもよいです。
運動は全身の血管循環を良くし、
頭皮の髪への血流も増えます。

 

薄毛や細毛や抜け毛や脱毛症で
悩んでいる人は真剣に考えましょう。

 

変化している頭皮と毛穴

精神状態が充実していて、
体調もいいと髪も元気ハツラツになります。

 

正常な頭皮の毛穴とは、
毛穴は大きくすり鉢状に開き、
毛穴の直径2分の1くらいの
太い毛が生えているのが正常な状態。

 

男性型脱毛症の頭皮と毛穴は、
脂肪組織が発達して毛穴は圧迫され、狭まれています。
毛も窮屈に生えて細く、弱々しい毛しか
育てられない頭皮に変化しています。

毛穴は詰まることはほとんどありません

毎日シャンプーしている状況では、毛穴は詰まることはありません。
皮膚弛緩や角化異常によることはありえます。

 

毛穴が詰まったり皮脂が多いから、
薄毛や脱毛症(若ハゲ)になるということはないので安心して。
脱脂力に強いシャンプーや頭皮クレンジングを使うと、
頭皮の防御力が低下し毛穴がおとろえます。

 

界面活性剤のダメージを受け、毛は細く寿命も短くなります。
薄毛や細毛や抜け毛や脱毛症は進行して行きます。

 

頭皮を洗いすぎ

薄毛や細毛や抜け毛や脱毛症になることはしないように。
薄毛や脱毛症の頭皮は防御力もおとろえます。

 

炎症や吹き出物があることが多いうえ、毛根部まで弱っています。
弱った細胞ほどシャンプーやリンスやトリートメント、
整髪料の界面活性剤で薄毛や脱毛症を進行します。

 

境界線を越えると手遅れに、
見えないところからすでに兆候はでています。
毛には、ある細さになると元には戻らない境界線があります。

 

次第に細くなっていき境界線を越えてた毛は、
元に戻せる率は極端に低くなります。

毛が次第に細くなって軟毛になる

うぶ毛から毛穴だけの状態になり、毛穴も萎縮してゆきます。
境界線を越え、手遅れにならないうちに本格的な育毛を。

 

薄毛や抜け毛を治すには

頭皮と毛穴の異常(炎症、うっ血、脂漏性)を改善し、
育毛剤が効く頭皮の状態に回復させること。

 

頭皮と毛穴の緊張緩和をうながし、
頭皮と毛穴を健康にする必要があります。
頭皮が緊張して毛穴も狭まり、
網目状のうっ血があると育毛環境は低下した状態です。

 

肩から首にかけての、コリ

この状態が続くことで、内臓も悪くなり次第に毛髪の生育も悪くなります。
身体のバランスが崩れると、末端の毛髪は真っ先に影響を受けます。

 

薄毛や抜け毛や脱毛症が慢性的になります。

 

育毛百科トップへ
育毛百科は薄毛や抜け毛と闘う

スポンサードリンク