スポンサードリンク

動物性脂肪の摂り過ぎは、短命につながります

肉の脂肪と魚の脂肪では、その性状がまったく異なっています。
魚をよく食べ、魚の脂肪をたくさん摂っていることは、
長寿につながります。

 

摂り過ぎが問題になるのは肉の脂肪のほうです。
動物性脂肪をたくさん摂ると、
血液中のコレステロール値が高くなります。

 

このコレステロールが、血管の壁になかにたまり、
動脈硬化を起こすようになります。
それが心筋梗塞などの原因です。

 

肉を食べるのはいけないというのではなく、
いけないのは脂肪部分です。
肉はタンパク質を豊富に含み、
血管を丈夫にし脳卒中を予防する効果があります。

 

調理法で脂肪を落とすことです。
焼いたり、よくゆでて脂肪を抜くといいです。

 

肉を長寿に役立てることができるかどうか、
調理法が大切です。

 

動脈硬化を促進し心筋梗塞などの原因になり
食塩と一緒に摂る食事は、死の二重奏といえます。

 

しかし、野菜や果物を豊富に食べていると、
食物繊維がコレステロール値を下げる働きをしてくれます。

 

命を縮める食べ方はしないこと

日本人は野菜や果物の食べ方が足りません。
日本人が平均的に食べている量の1.5倍ぐらいが理想的です。

 

野菜か果物は、次のような成分の働きによって長寿に役立つています。
カリウムが豊富で、食塩の害を防ぎ、高血圧を防ぐ働きをします。

食物繊維

糖が吸収されるのを遅らせ、
食後の血糖値が急上昇しないようにする働きもあります。

 

糖尿病の予防にも役立ち、
緑黄色野菜に含むベータカロチンは、抗酸化作用があります。
動脈硬化の予防に役立つています。

 

切干大根

乾燥させてもカリウムも
食物繊維もベータカロチンも生の野菜とまったく変わりません。

 

中国広州では、大根を干して粉にしまんじゅうなどにして食べます。
大切な野菜を、一年中食べるための工夫です。

ベータカロチン

抗酸化物質でコレステロールの害を防止できます。

 

抗酸化物質はワインにも含まれ、
動物性脂肪を多く摂るフランス人が、
動脈硬化になりにくいのはワインを
よく飲んでいるからだとも言われています。

 

食物繊維やベータカロチンは、野菜を食べても、
煮て食べても、摂取できる量は同じです
生野菜と煮た野菜で成分が変わってくるのはカリウム。

 

生で食べれば、
野菜のカリウムを丸ごと摂取することができます。
煮るとカリウムが溶け出しますが、
煮汁も飲む料理にすれば、カリウムを無駄になりません。

 

野菜の具をたくさん入れたみそ汁、
野菜のスープ煮などの料理を考え、
香辛料を利用し薄い味つけにしてください。

牛乳にはカルシウムが豊富

カルシウムが骨の健康には欠かせない栄養素。

 

日本人は食塩の摂取量が多いが、食塩を摂り過ぎていると、
体内のカルシウムが尿の中に排泄されてしまいます。

 

骨粗鬆症か寝たきりになる原因です。
防ぐためにも、食塩摂取量が多い日本人は、
もっと牛乳を飲んだほういいです。

 

牛乳に含まれるカルシウムとタンパク質が血管を丈夫にし、
脳卒中を起こしにくくします。
寿命が延びても、寝たきりになっては困ります。

 

そうならないためには、もっと牛乳や乳製品を摂りましょう。
骨粗鬆症と脳卒中を予防することが大切です。

 

ヨーグルトは、
腸の中に生息している善玉の細菌を増やす効果があります。

 

善玉細菌が多くなっていると、
体の外から入ってきた菌が繁殖しにくいため、
感染症にかかりにくくなります。

 

ヨーグルトを食べることで、
常に体内に善玉菌を保っていると免疫力が高まります。

 

育毛百科トップへ
育毛百科は薄毛や抜け毛と闘う

スポンサードリンク