スポンサードリンク

日本人の4人に1人は高血圧

高血圧には、痛みの自覚症状はなく、
日常生活に不都合がなく、ほったらかしにする人が多いです。

 

血圧が高い状態がつづくと、動脈硬化という血管の老化をうながし、
もろくなった血管は破れたり詰まったりします。

 

血管年齢が、寿命を決めます。

 

血圧とは

心臓から血液が送り出されるとき、
動脈壁に加わる圧力のこと。

 

寒い部屋にいるとき、
身体のどこかに痛みがあるとき、尿を我慢しているとき、
いつもと違う状況におかれると、血圧は上がります。

 

なにかうれしいことがあって気分がよく、
リラックスしていれば血圧が下がります。
身体のすべての器官や機能は、
自律神経が調整維持します。

 

外部からの刺激を受け、
身体を活動状態に導く交感神経と、
休止方向に導く副交感神経があります。

 

交感神経の活性化、昇圧ホルモンの分泌、
動脈硬化、体内ナトリウム量の増加などが、
循環血流の量や抹消血管の抵抗、
心拍出量が増加して血圧が上昇します。

食塩(塩化ナトリウム)を摂りすぎは心拍出量が増加が原因です

体内にナトリウムが増えると、
血流は成分バランスを保つため、血流中に水分を取り込むため、
体内を循環する血流量は増加し、心拍出量が増えます。

 

女性は閉経後に高血圧になる人が多いです。
血圧を下げるのに女性ホルモンが係わり、
女性ホルモンは血管の収縮を抑えます。

高血圧は、血圧が高いことが怖くない

高い血圧を放置しておくこと、
命にかかわる発作や症状を引き起こします。

 

高血圧そのものには、
自覚症状はなく、気づいたとしても日常生活に
支障が出ないため甘く考えている人が多いのです。

 

その間、血管や心臓への負担は大きく、
動脈硬化が進行しており、動脈硬化とは、血管の老化。
動脈がかたく、もろくなり、血管の内壁が厚くなり、
血液の通り道が狭くなった状態。

 

正常な動脈の血管細胞は、通常血圧の数倍の
圧をかけても、しなやかに伸縮し簡単には破れません。

 

動脈硬化は、内膜中に悪玉コレステロールをはじめ、
過剰な脂質がこびりつき、沈着した脂質は酸化し、
周囲の正常な細胞を壊し、
血管は傷つき、はれ、弾力性がなくなり、
進むと、血管壁は厚く、かたくなるため、
血液の通り道である内腔は狭くなり、血流は悪くなり、
心臓は高い圧力をかけて血液を送り出すために
心臓の負担は増します。

 

かたく狭い血管に無理に血液を流すため、
動脈硬化が進行する悪循環におちいります。

脳卒中

動脈硬化でもろくなった脳内の血管が破れ、
脳実質内の出血が起こった状態。

 

脳梗塞

脳に栄養と酸素を送り込んでいる動脈が
、動脈硬化や血栓により詰まり、
ある部分に血液が届かず、脳細胞が死ぬ状態。

 

年をとっても自立した生活を営むには、
脳卒中には十分に注意し、
生活習慣を見直し脳の血管の老化を防ぐこと。

 

腎不全

腎臓は、全身を巡ってきた血液をろ過し
必要な成分を再吸収し、
不要は尿として排泄するフィルターの働き。

 

非常に細い血管の集まり。

 

この血管に動脈硬化が起こると、
血液をろ過する機能が低下し、尿がうまく排泄できなくなり、
腎臓全体がかたくなり、ろ過機能が働かくなります。

 

尿として排泄される老廃物が身体にたまり始めます。

生活習慣の改善をしましょう

食塩の摂取量は、1日7グラム以下に、
肥満している人は、高血圧になりやすい傾向にあります。

 

血流を身体のすみずみに行きわたらせるため、
心臓が強い圧力で送り出すため、
心臓血管病の危険因子となります。

 

エネルギー摂取量をひかえ体重をコントロールする。
適度なアルコールは、血管の拡張をうながし、
血液の循環をよくします。

 

しかし、継続的な飲みすぎは血圧を上げます。
1日:日本酒1合前後、ビール大びん1本、
ウイスキーシングル1杯。

 

脂肪の多い食事をさけ、
低脂肪食と一緒にカリウムを積極的に摂ることは大切です。

 

リンゴやバナナに多く含まれるカリウムは、
体内の過剰なナトリウムの排泄をうながし、
高血圧の予防やコントロールに役立ちます。

 

マグネシウムやカルシウムなどのミネラルも、
食事で不足しないようにすることも大切です。

 

運動でエネルギーを消費することは、
肥満の解消や予防だけでなく、
高血圧や糖尿病の予防と改善につながいります。

 

有酸素運動は血圧をさげます。

 

一時的な怒りや緊張によるストレスでは
血圧は上昇し、間もなく下がります。

 

この状態が繰り返され、
イライラが解消されずにいると、血圧の高い状態が続き、
高血圧に発展することがあります。

 

スポーツや趣味でストレスを回避することは大切です。

 

育毛百科トップへ
育毛百科は薄毛や抜け毛と闘う

スポンサードリンク