スポンサードリンク

ケラチンのことを角質とも言います

髪の主成分ケラチンは、水、アルコール、
薄い酸や塩類には強い抵抗力を持っています。

 

アルカリには弱い性質があり、
アルカリ性の強い石鹸やアンモニア類で
髪が赤茶けてくるのはこの性質のためです。

 

髪の色は、メラニン色素の量と関係が大きいです。
メラニン色素とは、毛根で毛母細胞が作られるときに、
一緒に作られるものです。

 

メラニン色素は黒い色で、毛髪の中に量が多ければ黒くなり、
すくなるにつれて褐色、茶色になります。

 

髪の色は遺伝的なもの

メラニン色素は、食べ物の栄養素やミネラルなどの
種類によって変化することがあり、
強い紫外線でも変化するといわれます。

 

しかし、それはメラニン色素が分解されて
起きた一時的な減少ですから、
体が健康で他に問題がなければ
新しく生えてくる髪は元の色です。

パーマ

パーマをかけるには、
ケラチン分子の鎖を薬剤の化学作用で切ったうえ、
酸化剤を作用させなければなりません。

 

パーマ液は髪に対して損傷を与えるばかりでなく、
頭皮から浸透して血液にまで
損傷を与えることがあります。

 

また、乾燥や高温は髪には害が大きくなります。

 

ヘアダイは、髪の主成分のタンパク質の
ケラチンを破壊するほか、
染剤が頭皮に深く染み込んで、
毛乳頭まで攻撃を与えることがあります。

 

冷暖房や空気の悪い場所、
水、シャンプー剤にも問題があります。
物言わぬ髪の悲鳴、
それが悩ませる髪のトラブルということです。

 

パーマ液のダメージ

パーマを繰り返していれば、
髪のつやがなくなりパサパサになり、枝毛も増え、
パーマ液の影響でブラッシングのたびに
髪が切れてしまうひどい状態になってしまいますが、
パーマ液は、髪に処理するものですが、
どうしても頭皮にも浸透します。

 

酸性やアルカリ性の強い物質が
皮膚に付いて影響がないとはいえません。

シャンプーをどんな基準で選んでいますか?

薬局やスーパー、コンビニにはたくさんの
シャンプー、リンスなどヘアケア製品が並んでいます。
テレビコマーシャルを見ていると、
モデルのような長く美しい髪にはあこがれます。

 

美容院では、パーマをかける前にシャンプーをします。
シャンプーの目的は汚れを落とすことですが、
脂分を取るために必要なことです。

 

髪に余分な脂分があると、
パーマがかかりにくくなる場合があるためです。

 

1回のシャンプーで汚れと脂分がよく取れるように、
かなり脱脂力効果が高い
アルカリ性のシャンプーを使う美容室が多いです。

 

皮膚細胞にはケラチンというたんぱく質でできています。

 

ケラチンは、ph5.6〜6.2という弱酸性で、
外の刺激から皮膚を守る役目をしています。

 

皮脂腺から分泌される皮脂は常に
皮膚の潤いを与えて乾燥を防ぐ働きをしています。

 

頭皮も同じです。強いアルカリ性のシャンプーを使い髪の洗うことは、
頭皮を保護する皮脂の膜も同時に洗い流してしまいます。

 

美容室でするシャンプーがこんな状態です。
毎日自宅でするための市販のシャンプーでは、事態はさらに深刻です。

 

髪質や頭皮には乾性と脂性があり、個人個人違います。
頭皮は弱酸性の皮脂膜で覆われています。

 

乾性タイプの人はこの皮脂膜がもともと薄いため、
脱脂力の強いシャンプーを使っていると、
皮脂膜は必要以上に流されてしまいます。

 

髪も頭皮も脱脂状態になり、髪がパサパサになったり、フケが出たり、
吹き出物、湿疹ができるトラブルが起こります。

 

市販のシャンプーには、乳化剤として
安価な石油系界面活性剤が含まれています。

 

石油から合成された界面活性剤は、
その一滴でゴキブリを殺せるほど強い脱脂作用があります。
台所用洗剤にも使われています。

 

水と油を乳化させる威力は相当なもの

頭皮に残された皮脂をの根こそぎ溶かして、
すさまじい浸透力で皮膚から体内に入ってきます。

 

それほど毒性の持った合成洗剤で髪を洗っているということです。
髪や頭皮にとっては、毎日が酷な状態です。

育毛手当てをしている

リンスやトリートメントを禁止している人に朗報

細い毛のこしも強くして、
さらに傷んだ毛の修復にレストルスカルプケアトリートメントです。

  • 髪にこしとつやを出したい。
  • 髪の毛の質量を上げたい。立ち上がりをよくしたい。
  • 5アルファ-リダクターゼの影響も少なくしたい。
  • 弱った頭皮と毛穴を回復させたい。

レストルスカルプケアトリートメントの使い方はかんたんです。
シャンプー後、頭皮も毛穴も髪もイキイキとしてくるので大勢の方に喜ばれています。

 

育毛百科トップへ
育毛百科は薄毛や抜け毛と闘う

スポンサードリンク