スポンサードリンク

がん予防のため

偏りの無い生活を考えましょう

1.バランスのとれた栄養をとる

いろどり豊な食卓

 

2.毎日、変化のある食生活を

ワンパターンではありませんか?

 

3.食べすぎをさけ、脂肪はひかえめに

おいしい物を適量に

 

4.お酒はほどほどに

健康的に楽しみましょう

 

5.たばこは吸わないように

特に、新たに吸いはじめない

 

6.食べ物からビタミンと繊維質のものを多く摂る

緑黄野菜をたっぷりと

 

7.塩辛いものは少なめ、熱いものは冷まして

胃や食道をいたわって

 

8.焦げた部分はさける

突然変異を引きおこします

 

9.かびの生えたものに注意

食べる前にチェック

 

10.日光に当たり過ぎない

太陽はいたずらもの、紫外線対策を

 

11.適度にスポーツをする

いい汗を流しましょう

 

12.体を清潔に

さわやかな気分で

 

米国の提言と共通するところが多くあります。

 

これを食べるとがんにならないとか、
あれを食べるとがんが治るといったような面白いものではありません。
しかし、きちんとした根拠のある大切な提言です。

 

日本では、昔から胃がんが多いのです。
塩漬けや干物など、
食べ物の保存方法によるところが大きかったのです。

塩はがんを促進すると考えられます

干物はタンパク質が変性し遺伝子を傷つける可能性があります。
焦げたものを、控えるようにすのも同じことです。

 

わらびやぜんまいには発がん物質があるといわれます。
一度や二度食べたくらいで、
すぐにがんにつながるものではありません。

 

しかし、一方ではがんを防ぐ働きをする成分もあるのです。
ビタミンCやビタミンE、ベータカロチンなどです。

 

これらのビタミンは、抗酸化作用をもっています。
新鮮な野菜や果物、
あまり精製されていない穀類などを摂るとよいことになります。

 

同じものばかり食べないで、
いろいろな種類の食品を食べることが大切なのです。

 

外食の多い若い人は、
毎日同じ好物ばかりを食べてしまいがちです。
体のためにも、
様々な食品を食べるよう気をつけてほしいものです。

 

十六茶を飲んで、七味唐辛子ではダメ。

 

脂肪の過剰摂取は、
肥満や糖尿病などの生活習慣病にとって、
大きな誘因と考えられています。
大腸がんや乳がんとも関連があると考えられています。

アルコールとタバコの併用は危険

喉頭がん、咽頭がん、食道がんが増えるといわれます。
ストレスもがんにとって、重要な問題です。

 

がんに限らず、
現代人の健康にとって切り離して考えることができない問題です。

 

一般的にストレス状況では、免疫力が低下

一個のがん細胞が発生すると、
ナチュラルキラー(NK)細胞が、がん細胞を破壊。
免疫力が低下すると、
がん細胞が排除されずに増えてしまうことになります。

 

適度のスポーツが、がん予防にあげられているのは、
身体活動がストレスを和らげ免疫力を保つのに有効だからです。

 

育毛百科トップへ
育毛百科は薄毛や抜け毛と闘う

スポンサードリンク