スポンサードリンク

男性型脱毛の頭皮

皮脂分泌の過剰が脱毛を促進している皮脂分泌過剰は、
皮脂腺内の5α-リダクターゼとジヒドロテストステロンが反応し、
5α-DHAが活発に生成されると同時に起こります。

 

皮脂のベールは頭皮をおおい、特に毛穴のところにこびりつき、
そうすると毛根が酸欠状態になります。

 

ケラチン層での硬化のための化学反応が抑制されます。
酸化という反応のために酸素を必要とします。

 

血液中の酸素だけでは不足

頭皮よりの酸素供給が必要なのにもかかわらず、
皮脂によって酸素が頭皮まで達しなくなります。

 

髪の毛が硬化が不充分となり、弱々しい毛になるのです。

 

皮脂過剰はもうひとつ、
頭皮表面の皮脂には、ほこりや細菌がこびりつきます。

 

毛穴にこびりついた皮脂は簡単な洗髪で取れず、
細菌が繁殖します。

 

細菌のため頭皮や毛根が炎症を起こし、
炎症で毛母が細胞分裂ができなくなります。

 

炎症は頭皮の血流にも影響し、
栄養素が毛根に届かなくなります。

皮脂分泌過剰

発毛に関わる重要な役割の部分にダメージを与え、
発毛の根を絶つとも言います。

 

皮脂過剰による脱毛「脂漏性脱毛症」は、
頭皮や毛根への悪影響は大きいです。

 

毛穴に皮脂がこびりつく

育毛剤をつけても毛根に届かず無駄になります。

 

皮脂分泌を抑え、毛穴の皮脂のこびりつきを取り除く、
脂漏性脱毛症克服のポイント。

 

男性型脱毛症で見られる頭皮の硬化、頭皮の低温化、
毛細血管の血流不足も相乗作用によって脱毛の進行を早めています。

 

栄養補給が途絶えて毛母の活動が鈍くなると、
5α-DHAの影響が現れます。

 

男性ホルモン型脱毛に移行していきます。

ルナレストルセリピッドXを使う

皮脂がどんどん少なくなっていきます。

 

特許を持つ頭皮料=ルナレストルセリピッドを発展・進化させ
「皮脂を少なくしていく」機能を
強力に付加させ根本改善を目指しました。

 

皮脂がなかなか減らない
男性型脱毛症や女性の男性化による皮脂の多い薄毛に。

 

ルナレストルセリピッドX使うことで
「育毛剤の効果を高める頭皮」になります。

 

5α-リダクターゼとジヒドロテストステロンの間に
レストルセリピッドXは関与します。
皮脂の産生を減少していく処方です。

商品名: レストルセリピッドX

レストルセリピッドX

ホホバ油、アルガニアスピノザ核油、ソウパルメット果実エキス、ゴマ種子エキス、カミレツエキス、ホップエキス、マロニエエキス、ソウハクヒエキス、スクワラン、酢酸トコフェロール、ヒドロキシステアリン酸コレステリル


頭皮クレンジング

最初は頭皮の皮脂などがよく掃除できていいのですが、
皮脂には育毛に必要な成分も含まれており、
それらが除去されることで「頭皮はさっぱりするが、
毛は細くなり頭皮は弱ってくる」ということに。

 

頭皮クレンジングの連用はしない方がいいでしょう。

 

皮脂を取る育毛法

よく洗ったり頭皮クレンジングなどで
皮脂や汚れをよく取る育毛法はマチガイです。

 

そんなことでよくなるならほとんどの人が
改善され回復しているはずです。

 

たとえば蒙古やチベットなど水や燃料が不足している地域では
何日も洗髪しないはずなのに
ハゲが多いということはないはずです。

 

また日本にしても昔は2〜3日に1回しか
シャンプーしていませんでした。

 

でも薄毛はすくなかったのです。
このことからも
「シャンプーすれば育毛になる」ということはないのです。

育毛については次のように考えてください

頭皮が弱りおとろえて「太く寿命の長い毛が育てられない」から、
毛は細くなり寿命も短くなっていき、全体として薄毛になっていくのです。

 

だから弱った頭皮を保護し回復させ、
太く寿命の長い毛が育つような頭皮にする、
環境に変えることがひつようです。

 

頭皮が弱っているのにいきなり
育毛剤をつけても効果はほとんどありません。

 

育毛は段階的に、頭皮回復から始めて、
頭皮が回復してから育毛段階に移るほうが確実性があります。

 

シャンプーや頭皮クレンジングで皮脂を取る方法は、
皮脂腺を肥大させ皮脂の分泌量がますます多くなります。

 

育毛百科トップへ
育毛百科は薄毛や抜け毛と闘う

スポンサードリンク