スポンサードリンク

シャンプーとは、汚れを落とすこと

髪だけではなく頭皮を洗うこと、シャンプーブラシを使うこと。
シャンプーというと、髪の毛を洗うことと思っていますか?

 

髪の毛と同時に、頭皮にも注目する必要があります。
頭皮の表面と内側の状態が、これから生えてくる髪の毛の状態を左右します。

 

髪の毛に負担のかかる洗い方は、髪の毛を傷つけ、切れ毛、抜け毛の原因となります。

お湯でしっかり予洗い

これが大切です。髪の毛の汚れの80%はお湯で落ちます。
あらかじめ、お湯で洗っておけば、シャンプー剤は少なくてすみます。

 

良質のシャンプー(粗悪な製品を使うと、薄毛・抜け毛を促進させることに)を選ぶことが大切です。

シャンプーブラシ

軽く手でもむようにして泡立てて、シャンプーブラシで頭皮を洗います。

 

シャンプーブラシは、頭が気持ちいいと感じるくらいの力で梳かすようにし、
あまり強く擦ると、頭皮が傷ついてしまいます。

 

この方法なら、抜け毛や切れ毛を起こさず、スッキリ気持ちよく洗うことができます。

 

頭の後ろのほうは、下から上に向かって、頭の前のほうは前から後ろに向かって、
頭の側面は、前から後ろからとの両方面から梳かすようにします。

 

かゆみがあるところは、汚れがあるところです。何回もブラシをかけてください。

ゆすぎ

十分にゆすぎます。もう1回洗うからといって、手抜きをしないように。
髪の傷みを防ぐと同時に、2回目のシャンプーの量を減らすことになります。

 

お湯の温度は、頭皮が赤い人や顔がほてる人は
やや温めのお湯、頭皮の白い人はやや熱めのお湯にしてください。

 

2回目のシャンプーは、ごく少量で泡立てます。
シャンプーブラシは、頭皮を刺激する感じで、しっかりと梳かすようにします。

 

かゆみがとれてスッキリとするまでを目安にします。

 

いつまでも強くゴシゴシ擦っていると逆効果です。
頭皮を傷つけ、髪を傷めます。

 

よくすすぎます。
シャンプー成分が残ると頭皮も髪も傷んでしまいます。

 

これくらいでいいかと思ってからさらに、いままでの3倍くらいよくすすいでください。

 

リンスやトリートメントが必要なときには、
毛先を中心に頭皮に付かないようにするか、頭皮にも安全な製品を使います。

 

洗髪のときには、良質のシャンプーを使うことが大切です。

 

粗悪なシャンプーには、髪や頭皮に悪影響がある成分が入っています。
それらの害から髪や頭皮を守りましょう。

良質のシャンプーとは

皮脂を取りすぎないもの。
脱脂力が強いシャンプーは頭皮も髪もパサパサにし、ふけや髪の傷みの原因になります。

 

頭皮でも顔のお肌でも全身の皮膚でも、汗腺から出る汗(水分)と、毛穴とつながっている皮脂腺から
分泌される皮脂が表面で混じり合って天然クリームを作り、保護膜となって皮膚を保護しています。

 

この皮脂を取りすぎると困ったことが起こります。
失われた皮脂を補うため、どんどん皮脂を分泌して、べたべた髪になってしまいます。

 

皮脂の補充ができずに、保護膜を失った頭皮からたくさんのふけとなり、
髪も脂不足でパサパサなってしまいます。

 

頭皮の老化です。

石油系の原料

安価なシャンプーは繊状のための成分に石油から作られた合成洗剤が使われています。
安価のヒミツは原料が安いことにあります。

天然アミノ酸系の乳化剤

シャンプーやリンス、化粧品には、水と油の両方の成分が使われています。
水と油は混じりません。

 

それをクリームのような状態に混ぜ合わせるために使うのが、乳化剤(界面活性剤)です。
ひとつは、石油から作られる合成活性剤、もうひとつは、天然アミノ酸系乳化剤です。

 

合成洗剤は、強力な乳化力を持っています。
合成洗剤は有害です。

 

これを使った台所用洗剤の裏の注意書きには、ゴム手袋を使ってください、と書いてあります。
直接、皮膚に触れると害があるからです。

 

同じような物が市販の多くのシャンプー、リンス、化粧品に使われています。

 

このような製品を長い期間、頭皮や肌につけていることは、
大変危険なことで、薄毛や抜け毛の原因のひとつです。

 

もうひとつの乳化剤=天然アミノ酸系乳化剤は体にやさしい乳化剤です。
アミノ酸はたんぱく質を構成する物質です。

 

皮膚も髪もたんぱく質でできています。
皮膚や髪に、天然乳化剤は害がありません。

 

この乳化剤のアミノ酸をバクテリアが食べて(生分解性)、水を汚さなくてすみます。
髪や肌だけでなく、地球の環境にもやさしいです。

 

天然アミノ酸乳化剤を使って、水と油を乳化するには大変な高度な技術が必要です。

 

原料の値段も高くなります。
髪や身体、環境まで気を配った良心的なメーカーの製品を選んで使うことは大切なことだと思います。

 

育毛百科トップへ
育毛百科は薄毛や抜け毛と闘う

スポンサードリンク