スポンサードリンク

激しいマッサージ頭皮マッサージは危険

指でわしづかみのようにして、頭皮をつかみ、ゆっくりともむようにして頭皮を動かします。
または、シャンプーブラシを使ってください。

 

激しいマッサージは毛細血管を切断したり、リンパの流れを乱して、
悪い結果が出ることがあるので注意してください。

 

最近のシャンプーには、油分を奪うきつい洗浄剤がしばしば含まれています。

 

それらは、頭皮に炎症を起すこともあれば、
ほかの合成成分を簡単に体内に浸透させてしまうこともあります。

 

一方、合成のヘアカラーにも健康上の問題が疑われるこのがあります。
長期間に関してまだ問題の結論は出ていません。

 

脱毛の大きな原因に、粗悪なシャンプー・リンスの長期使用があります。

 

市販の多くのヘア商品は「毛髪」のコンディショニングに関しての目的がほとんどで、
「育毛」を目的とした商品は少ないです。

 

市販されている商品は「広く多く」の人を対象にして、特殊なタイプを対象にした商品は、
棚に陳列しても売れないため、商品もそれほど多くはありません。

もっと優しくヘアケアをすることは可能

肌や髪、頭皮を洗浄するのに山のような泡は必要ありません。
育毛という目的を持たせ、ある程度の効果がある商品は高価になります。

 

高価と効果は正比例します。
髪が唯一生きている部分である毛根は、頭皮に根付いています。

 

髪が美しく見えるためには、頭皮が最高の状態でなければなりません。
頭皮を癒し潤いを与える適切な成分が大切です。

 

そして、髪を艶やかにするためには、体内から栄養を供給されなければなりません。
髪は、ビタミンBはもちろん、ビタミンA、鉄分を好みます。

 

アロエは皮膚細胞の成長を高め、加速することが分かっています。
アロエはトラブルのある肌を鎮めるジェルとして働きます。

 

敏感肌は、優しく癒してくれるハーブを好みます。

 

肌が弱い場合、刺激のあるハーブ(ラベンダー・ミント・ローズマリー)や
アルコールを含む製品の使用を避け、エッセンシャルオイルの多くは、
刺激反応を引き起こす可能性があることも知って置いてください。

ダイエットがきっかけに薄毛が進行

ダイエットを中止しても薄毛が進行する人が増加しています。

 

これは体質や体調などいろいろ条件が加わりますが、後遺症がなく元に戻る人もいます。
抜け毛がいつまでも続くのは、個人差があるので早い頭皮回復手当てをしてください。

 

何でもないときは、ヘアケア製品を替えることはありませんが、
頭皮が弱っているときは、今のヘアケアで、薄毛の原因にもなる可能性が高くなります。

 

毛が薄くなると対人関係やいろいろな面で人生観が変わってきます。
髪の毛のことで、人の目が気になり、前向きに考えることができなくなります。

 

ダイエット後の育毛は、通常の手当てと違います

コマーシャリズムから脱皮して、真実を知る

ヘア用シャンプーをやめて頭皮育毛用シャンプーを使う。

 

ヘア用とは傷んだ髪の保護などコンディショニング作用を持つシャンプーで、
髪の感触はよくなるが、毎日使っていれば毛は細くなります。

 

リンスやトリートメントは毛質を悪くするし、育毛環境を悪化させます。
育毛剤も女性の頭皮に優しいものを使わないと、マイナスになります。

 

女性は男性用育毛剤は、女性のデリケートな頭皮には不向きといえます。

 

育毛百科トップへ
育毛百科は薄毛や抜け毛と闘う

スポンサードリンク