スポンサードリンク

皮脂を取ったからといって、毛が生えません

植物生まれだからよくて、普通のシャンプーだから薄毛になるということはありません。

 

シャンプーをして、さらに頭皮クレンジングを使って頭皮を掃除している人がいますが、
それは皮脂だけでなく、育毛に必要な成分まで取り去られて、
頭皮や毛は次第に弱り衰えていきます。

 

この育毛手当てで、多くの人が薄毛や脱毛症を進行させて後悔しています。

 

もし、皮脂を取る手当てで毛が回復するなら、ほとんどの薄毛や脱毛症は改善され、
大勢の方が薄毛や脱毛症で悩むことはありません。

 

リンスやトリートメントも育毛を阻害したり進行を早めます

弱り衰えた頭皮を回復させるなら

余分な製品は使わないで、頭皮料=ルナレストルセリピッド・スカルプケア頭皮ローションTで
頭皮を回復させ、育毛シャンプーで頭皮の育毛環境を整えます。

 

育毛剤は、頭皮がある程度よくなってから使い始めることです。
育毛剤の爽快感は、育毛効果と関係ありません。

 

血管収縮につながるので、爽快感のあるシャンプーや育毛剤は避ける方がいいかもしれません。

 

薄毛や脱毛症の部位は、血行が抑制され、感覚も鈍っていることが多く、
このようなことからも頭皮が弱り衰えてきていることがわかります。

 

地肌が透けて見える・はっきり見えるくらい進行している場合なら、
毛穴の内部はもっと進行していると考えてください。

 

次ぎに、生えてくる毛は、今よりもっと細く・もっと寿命が短くなってきます。

 

遺伝的に薄毛の要因がある人は、男性型脱毛症は
本格的な手当てを続けないとじりじり進行することになります。

 

次ぎがないと、いった覚悟で本格的な育毛をしてください。

魔法の育毛剤はありません

胃が悪くて診断を受けて、はい、胃薬と医師は薬を処方はしてくれません。

 

胃がどのような状態なのか、空腹時に痛むのか、食べると痛むのか、
胃酸の量は、食べ過ぎで痛むのか、冷えていないか、
などいろいろ問診や検査をしてから薬を処方したり手当てをします。

 

それなのに育毛は、頭皮がどんな状態であっても、
同じような手当て=育毛剤をつけることをしていませんか。

 

これでは、育毛剤の成分は効きません。
弱り衰えた頭皮には、育毛剤は受けつけないことが多いです。

 

育毛サロンに通って悪化したり、成果が出ない方の頭皮はきれい過ぎるということです。
皮脂を取る過剰な手当てで、多くの頭皮には後遺症が見られます。

 

後遺症のある場合は、それが改善されない間は、ほとんど育毛剤を使っても育毛効果は期待できません。

育毛効果は出ています

どんな状態でも無効ということはなく、きちんと正しい方向の手当てを継続することです。
育毛の条件は、専門家を選び、自分に適した育毛法を組み立ててもらう。

 

手当てに必要な商品を選び、正しい使い方を継続する。
経過を見ながら微調整、方向修正を行なうことです。

 

良いとこ取りの、寄せ集めの育毛手当てでは、進行も止められないし、改善もしません。
自己判断で、自分が必要と感じた商品を寄せ集めて使っている人が多いのです。

 

育毛をしているのに、必要のないリンスやトリートメントを使うことはかえって育毛を阻害します。

 

頭皮が弱り衰えているのに、強引にふけや皮脂を取る商品(頭皮クレンジングなど)を使って、
ますます慢性化させている人からの相談が増えています。

 

赤く、うっ血状態などの頭皮が増えているのは、現在使っている商品が合っていないからです。
育毛は時間との闘い。手遅れにならないうちに本格的な手当てをしましょう。

 

育毛百科トップへ
育毛百科は薄毛や抜け毛と闘う

スポンサードリンク