スポンサードリンク

1ヶ所に起こるものを単発性円形脱毛症

複数に起こるものが、多発性円形脱毛症

近年は、後頭部の襟足など数ヵ所に発生する多発性円形脱毛症が増えています。

 

極度の精神的ショックやストレスによるものと考えられています。
自律神経が低下し、頭皮に栄養を送る血管の萎縮によって、毛髪が栄養不足になります

 

男女を問わず、現われる脱毛症ですが、恋愛や結婚の問題を考える
女性のほうが、男性よりストレスには弱いようです。

 

子どもの円形脱毛症も増えてきています。
学校や友人関係の悩みは大人達の想像を越えてさまざま存在しているということです。

 

手当てに使う、円形用育毛ローションをプロ用を小分けしています。

びまん性脱毛症

びまんとは、すべての部分均等にという意味で、全体に抜けていったり、
徐々に広がるなど、境界線がはっきりしないのが特徴です。

 

女性に多く見られる脱毛症です。原因は特定されていません。

 

食生活の乱れや神経過労で、
男性ホルモンに変わるものが過剰に分泌されるためと考えられています。

 

抜けた髪の毛は細く、分裂して断毛していたり、
所々萎縮してくびれたようになっています

 

くびれは、血液や栄養分の供給が、
一時的に停止したり再開したりを繰り返していたことを示しています。

 

無理なダイエット、悩み事のため食欲不振、反動での過食といった、
食生活と精神的なものが原因と考えられます。

粃糠性脱毛症(ひこうせいだつもうしょう)

抜け落ちた毛根部分は、おたまじゃくしの尻尾のように見え、
頭皮からは乾いたふけが出るのが特徴です。

 

乾性のふけが出るようになると、本来なら密着度の高い毛根の外壁と
内毛幹鞘(かんしょう)という部分の間にふけが入り込み、内毛幹鞘が次第に剥れてしまいます。

 

さらに進行すると、毛根部にまで達してしまいます。

 

この状態でシャンプーやブラッシングをすると、髪の毛はどんどん抜け、
放っておくと生え変わる毛が次第に細くなって、全体に髪の毛が薄くなってきます。

 

複合的な原因によるものと考えられます。
食生活や嗜好品の見直しなどが必要です。

脂漏性脱毛症

粃糠性脱毛症と同じようにふけと関係のある脱毛症です。
脂漏性脱毛症は、毛根部が脂っぽくベタッとしているのが特徴です。

 

皮脂の分泌過剰によって起きる脱毛症で、脂っぽいふけが
過剰に出て毛穴から排出される皮脂が、
毛根を包む毛嚢(もうのう)の中に溜まってしまいます。

 

そのため毛の固着力が弱くなり、毛が抜け落ちやすくなります。
抜けた髪の毛根をよく見ると、皮脂の塊が付着していえるのがよくわかります。

 

酸性体質になりやすい動物性の食品を控え、野菜や植物性の食品を
摂取するようにして、食生活の見直しや規則正しい生活をしてください。

 

脱毛の原因がある以上、それらを改善しなと、髪の毛が簡単に生えることはありません。
急激に髪の毛が抜け、あっという間に薄くなるという異常が出てくると、誰もが焦ります。

 

そんなとき、早めに手当てをして髪を健康な状態にしていく人と、
気になるけれども、そのままにしておく人など、対処の仕方は人によってさまざまです。

 

当然、きちんと手当てをしていくことが望ましいです。

自分でできる範囲のことをしていくのもひとつの方法

例えば、食生活の見直しです。
栄養が偏らないように食生活を改善する、そのほか生活全体を改善していくことも必要になります。

 

健やかな髪を取り戻すためには大事なことです。
シャンプーも見直しましょう。

 

健康な髪の毛を取り戻し、きちんとケアすることで、健康な髪を維持していくことはできます。

 

人も生物である限り、体内時計に逆らっては行けません。
きちんとした質のよい睡眠も大切です。

 

夜型の生活は身体にも当然髪にも悪影響を及ぼします。
脳は身体の中で一番エネルギーを使う場所です。

 

夕方は消化のよい良質のたんぱく質を摂ることが大切です。
現代人の生活はさまざまな場面で、体内リズムを狂わせる要素がたくさんあります。

 

健康を維持していくために有効な方法が睡眠です。
睡眠は、体と心のリズムの修復タイムといえます。

 

問題は、睡眠の量より質です。

 

体は、午前0時〜午前4時までが最も眠りに入りやすい状態となり、
最も眠りが深くなるのが、午前0時〜午前2時までです。

 

血圧も下がり、副交感神経の働きでその血流量は最大となり、
脳へのエネルギー補給を行ないます。

 

神経疲労の場合は、この時間帯に安眠を得ることが、重要なことです。

 

もし時間を1時間ずらして午前1時に入眠すれば、
脳の疲れは完全に回復されず、翌日は体が重く、体温の低下をもたらします。

脳の疲れとは

これによって体は気だるく、気力が出ないため悪循環となります。

 

理想的な睡眠を得るためには、早起きを心がけると
体内時計がリセットされ、生活のリズムが正常になります。

 

夜の交感神経の使いすぎは、自律神経のバランスを崩し、
副交感神経が働かなくなり、安眠が得られなくなります。

 

夜眠れないとか、なかなか寝つけない人は、体内時計が狂ってしまっています。

 

髪の毛のトラブルの原因はさまざまで、
複数の原因が重なって薄毛や脱毛という結果を呼びます。

 

ストレスが占める割合は大きいといえます。
髪の状態がよくないと気づいたら、ストレスが原因となっていないか、
なにがストレスになっているのか探してみてください。

 

体は細胞単位でたえず新陳代謝が行なわれ、頭皮ではふけとなって落ちていきます。

 

体調や個人差がありますが、春や秋は新陳代謝が活発になり、
若い人ほどふけが出やすくなります。

 

しかし、量があまりにも多い場合は問題があります。

ふけは直接的な脱毛の原因ではない

ふけ症になる原因は十分に脱毛の原因と考えられます。

 

ふけには皮脂腺から出る脂肪が混ざっており、頭皮の角質層のバランスが
崩れているときに出やすく、何かストレスを受け、交感神経が緊張して皮脂腺の働きが活発になります。

 

頭皮から分泌される皮脂の分泌量が増えます。
過剰に分泌された皮脂によって、頭皮は細菌が繁殖すやすい不潔な状態になります。

 

動物性たんぱく質の摂り過ぎなどの食生活のバランスを崩すと、
胃腸障害などにより頭皮に栄養が行き届かなくなり、新陳代謝が正常に行なわれず
皮脂分泌が過剰になると、頭皮はかゆみに襲われるようになり、炎症を起こした状態になります。

 

無意識に頭皮を掻きすぎると頭皮を傷つけ、さらに髪の毛を作り出している
毛乳頭が化膿すると、二度と毛が生えなくなる場合もあります。

 

ふけが気になり始めたら、頭皮を清潔にすることが大切で、夜更かしをせず、
肉食中心の食事の改善、生活習慣を改善することも大切です。

 

育毛百科トップへ
育毛百科は薄毛や抜け毛と闘う

スポンサードリンク