スポンサードリンク

円形脱毛症の手当てとしては

ひずみが、毛が抜けるという信号となって現われます。

 

この疾患には、尋常性と難治性があり、
難治性は約25%ほどで、全頭脱毛にまで進行することがあります。

 

再発率は30%以上と高く、再発するたびに発毛条件は悪化していきます。

 

こうした疾患は、保健医療だけでは限界があります。
家庭での手当て法や養生法を平行して行う必要があります。

 

対処療法=症状に対応する手当てではなく、根本療法をすることです。

 

家庭での円形脱毛症手当ては、
シャンプーのやり方や頭皮を回復させる手当て中心となります。

 

同時に、円形脱毛症のとらえ方、円形脱毛症をどのような
心構えで生活を送るかを認識してから対処することです。

 

悪い疾患や治らない疾患でもなく、
本人の動揺や心理状態を正しい方向に保つことが必要です。

円形脱毛症の仕組み

正常に成長していた毛髪の一部が突然抜け落ちてくる現象が脱毛症です。
ある範囲に限局性の脱毛を来すものを円形脱毛症といいます。

 

びまん性脱毛症は、どことなく全体に脱毛が進行していくもので、
感染症、栄養障害、内分泌疾患などがいくつかの基礎疾患が知られています。

 

男性型脱毛症は、男性ホルモンの影響で毛の性質が変化して、頭髪が薄くなります。

 

成人の頭髪は、1日に0.4mmほど伸び(成長期)ます。

 

一定の時期がくると成長は止まり(静止期)、
やがて抜け落ちて(休止期)が繰り返し、また新しい毛が生えてきます。

 

周期があるため、頭髪では1日約100本の毛が生理的に抜けます。
円形脱毛の種類は、通常型が最も多い型で、単発性と多発性があります。

  • 単発性で始まりやがて多発性になることもあります。
  • 頭髪の生え際に帯状に出現する蛇行型。
  • 頭髪が全体に抜け落ちる全頭型。
  • 頭髪だけでなく全身の毛髪が脱落する全身型。
  • 原因にアトピー素因を持って起こすアトピー型。

 

部位としては、頭髪が最も多く、眉毛・まつげ、ひげなどにも発症し、
稀には体毛に円形脱毛症を生じることもあります。

 

機能面では、頭髪や眉毛、まつげ、鼻毛が抜けることにより、汗やホコリが目に入りやすくなり、
鼻毛で絡めて取るはずの物質が直接体内に入ってくるようになるので、
かぜを引きやすくなったり、ハウスダストや花粉症等にも反応しやすくなります。

 

原因も治療法も確立されていないために根拠のない民間療法に惑わされる人が多いのが現状です。

 

治りさえすれば、そんな思いで、あっちこっちに通い、それでも、これといった変化が見られず、
治療を続ける気力も興味もなくなり、いつの間にか止める人が多いようです。

心身ともにバランスを崩します

ストレス=緊張の原因は、孤独感と運動不足、食事の減少、冷え性。

 

人は、他人に認められたり、触れ合ったり、共感したりして安心することが多いです。
克服する努力は、困難を克服すると、ストレスに対する耐久性ができます。

 

原因不明だから、自分の足場をしっかりさせ、信頼の出きる専門家を探すことです。
どんな物事にも必ず、プラス面があると思いプラス面を探すと、必ずよいところが出てきます。

 

いろいろなことをばねにして強くなりましょう。

円形脱毛症に原因は解明されていません

免疫学的要因として、円形脱毛症の病変部の病理組織所見にて、毛根部周囲、
外毛根鞘リンパ球浸潤がみられ、何らかの免疫反応が毛根を中心に起こっていると考えます。

 

結果、毛髪は萎縮し退行変性を生じ、やがて脱落して行きます。
しかし、自己抗原とされるものが何であるかも明らかではありません。

 

あと原因としては、無理なダイエットでの栄養の偏り、過労や不規則な生活、
体力の低下が肌に悪影響を及ぼすのと同様に脱毛も引き起こすようです。

 

自律神経失調症やアレルギー説、説明した自己免疫説が上げられています。
ホルモンの異常やストレス、神経系統の異常など、精神的な要因も深く関与しているようです。

 

脱毛した毛根の形態は、異常に萎縮し退行変性を生じ変化しています。

 

ストレスが過剰になると、2つの自律神経のうち交感神経が緊張して、血管を収縮させるために、
頭部への血流が悪くなり、毛根に走る血流が止まってしまうため毛根への栄養補給が
上手く運べなくなり、栄養失調となって、仮死状態となり、脱毛するといいます。

 

円形脱毛症は成長期の毛髪が脱毛しますが、
抜けた毛根は栄養失調になった萎縮毛が多いことです。

 

萎縮毛は、毛根が縮まったのではなく、毛球が壊れたためにできるものです。
これは自己免疫異常で作られます。

 

ストレス性の脱毛の場合は、ストレスが解消したり軽減することで、自然治癒することもあります。
治療には、根気よく取り組む姿勢がとても大切です。

 

育毛百科トップへ
育毛百科は薄毛や抜け毛と闘う

スポンサードリンク