スポンサードリンク

ホルモンバランスが崩れやすい原因には、睡眠不足

とくに女性の場合、女性ホルモン99、男性ホルモン1というバランスが
少しでも崩れると、男性ホルモンの影響が受けやすいのです。

 

当方の育毛剤は、そこのところも考えて処方されています。

 

女性ホルモンの分泌がもっとも盛んになるはずの睡眠時間が減ると、
ホルモンバランスも崩れやすくなります。

 

髪の毛の生え替りには一定の周期があります。

 

通常ならば、髪の毛の成長期は4〜7年は成長しつづけ、休止状態のあと、
下から生えてくる新しい毛に押し出されるようにして抜けていくものです。

 

ところが、このサイクルを乱すいたずらものが身体の中にいるのです。
それが、男性ホルモン テストステロンです。

 

髪の毛に対して男性ホルモンは伸びるなという方向に働きます。

若ハゲ=男性型脱毛症

男性ホルモンとは

男性化作用を有する天然及び合成物質を総称して男性ホルモン(アンドロジェン)。

 

精巣から分泌される主なアンドロジェンはテストステロン。
テストステロンはコレステロールから作られるステロイドホルモン。

 

男性型脱毛症には、男性ホルモンが大きく影響しています。
男性ホルモンは、皮脂分泌を促がす働きがあります。

 

脂漏性になりやすく、過剰の分泌が毛母細胞の働きを抑制し、
5α‐リダクターゼという酵素にとって、脱毛が起きると考えられています。

 

動物脂肪を多く摂ったり、ストレスが溜まり、夜更かしが続いたりすることで皮脂の分泌は過剰になります。
過剰な皮脂分泌を抑える食生活と生活リズムを改善することも脱毛症予防には大切です

 

しかし、あまりに長い間に毛母細胞の働きが抑制された状態のなっている場合は、
元のように回復するのには時間が必要です。

 

実際には、男性型脱毛症そのものが遺伝するのではなく、
男性型脱毛症になりやすい体質が遺伝するということです。

 

男性型脱毛症の改善には、時間と努力を必要とします。
あきらめることはありません。

皮膚が乾燥してかゆい

皮膚が老化すると、しみとしわといった変化だけでなく、潤いを保つ機能も低下します。
刺激に対する抵抗力も落ち、空気の乾燥する秋から冬は、かゆみを訴えるお年寄りが多くなります。

 

皮膚にとっての刺激は、ちりやほこりばかりではありません。
温度変化や湿度、風なども刺激となり、入浴後や床に入り温まると痒くなるのはそのためです。

 

東洋医学では、体の水分は肺と腎によってコントロールされていると考え、肺の力が弱まる季節(冬) は、
皮膚への影響もマイナスに傾きがちで、食事や日常生活での配慮が必要です。

 

食生活で皮膚の乾燥を防ぐには、体に潤いを与え、新陳代謝をうながし、
血液の循環をよくする働きを持った食べ物を摂ってください。

 

鶏の手羽や魚のあらで、細胞を強くするコラーゲンを補充するとよいです。
深呼吸をして肺機能を高めましょう。

 

皮膚の乾燥に良い食べ物は、ほうれん草、にら、にんじん、サトイモ、
いか、さば、いわし、レバー、ひじき、ごまなどです。

 

黒ゴマは、滋養強壮、長寿食です。
補血作用があり、肌荒れに効果がある、ほうれん草には、血液の状態をよくする補血の働きがあります。

必要な皮脂が不足すると

それを補充するために皮脂腺の活動は活発になり、逆に脂は多くなります。
脂性の人は、洗ったから脂性になったので、洗わなければ脂性にはなりません。

 

汗が出れば体温が上がる、同時に皮脂が融けて動き出し、アポクリン腺など臭いを出す
腺の活動も同様で、人間が動物であることの証のような匂いは、脂と一緒に分泌されます。

 

そのためにも、洗うことも少し控えたほうがよいのです。
皮脂は冬の保湿、保温そして夏の防暑に役立つています。

 

赤ちゃんの皮膚は理想といわれます。
それを傷めるのが案外に石鹸です。

パーマをかけるとき

パーマ液を使ってたんぱく質に化学反応を起こさせます。
アルカリ性水溶液の1液にはたんぱく質分子の結合を切る役目です。

 

中和剤の2液は分子をも一度結合させ、もとの弾力のある状態に戻す役目です。
パーマをかけた髪の毛は、かける前よりたんぱく質の結合部分が弱くなっています。

 

短い期間に何度もパーマをかけているということは、結合部分は
ますます弱くなって髪の毛にコシがなくなり、切れやすくなってしまいます。

 

でも、いろんなヘアスタイルにしておしゃれをするのは楽しいです。
パーマ前のケアをしっかりしていれば、2ヶ月に一度くらいのパーマは問題はないと考えます。

 

育毛百科トップへ
育毛百科は薄毛や抜け毛と闘う

スポンサードリンク