スポンサードリンク

紫外線が肌に与える影響

日焼けだけではありません。しみ、しわ、たるみにカサつき。

 

肌トラブルの原因となる紫外線の種類と肌への影響とは・・・
紫外線は、太陽から出る光の一種で、UV-A(A波)、UV-B(B波)、UV-C(C波)の3種類がありますが、
UV-Cは大気層で吸収されるため、地上に届くのは、UV-AとUV-Bの2種類。

 

この2種類は性質が異なり、それぞれが肌に影響を与えます。
陽射しの強いときに屋外で過ごすと、肌が赤くなる日焼け(サンバーン)を起こします。

 

表皮の細胞が傷ついて皮膚に炎症が起こったもので、この原因となっているのがUV-Bです。
これに対してUV-Aは肌の色が濃くなる日焼け(サンタン)を起こします。

 

サンタンは、紫外線の影響を肌内部まで及ぼさないための防御反応です。
すぐに皮膚の色が濃くなる場合と、サンバーンを起こした後に反応が出る場合があります。

 

UV-Aは肌の奥まで届くと真皮の組織を破壊し、しわやたるみを引き起こす性質があります。
UV-Aの影響で肌に現われるトラブルを光老化といいます。

肌を傷める紫外線は、1年中地上に届いている

目に見える日焼けをしていなくても、紫外線を浴びた肌はダメージを受けています。

 

健康な肌を守るためには、日頃の紫外線対策が欠かせません。
紫外線の量は3月ごろから徐々に増え始め、5〜8月にピークを迎えます。

 

1日の中で見ると、紫外線量がもっとも多くなるのは、午前10時〜午後2時ころで、
この時期・時間帯に特に注意が必要で、曇りや雨の日、秋から冬の時期なども油断してはいけません。

 

ピーク時より少ないとはいえ、紫外線は常に地上に届いているので、
年間を通してUVケアを心がけてください。

 

紫外線は日焼けを引き起こすだけではありません。
肌の乾燥を招いたり、肌の老化を進めたりします。

 

UVカットはもちろん、肌の状態に合わせて保湿ケアなどもきちんと行うことが大切です。

しわ・たるみ

肌の奥まで届いた紫外線がコラーゲンやエラスチンといった
真皮の組織破壊し、しわやたるみを引き起こします。

しみ

紫外線を浴びると、紫外線を真皮に届かせないようにするために、
細胞が多くのメラニン色素を作ります。

 

正常な肌では新陳代謝によって古い角質とともにメラニン色素も
排泄されますが、日焼けした肌では正常な新陳代謝が行われません。

 

その結果、メラニン色素が肌に残り、皮膚内部に沈着してしみになります。

日焼け

肌が赤くなって痛い日焼け(サンバーン)を引き起こします。

乾燥

紫外線は肌を乾燥させます。紫外線を浴びた肌は、
乾燥によるトラブルを起こしやすくなります。

角質肥厚

角質が紫外線の侵入を防ぐために厚く硬くなり、肌がゴワゴワします。

日焼け止めの上手な使い方

日焼け止めは、ただ紫外線防止効果が高いものをつけておけばよい、というものではありません。

 

大切なのは何を選ぶかではなく、どう使うかです。

 

UV対策の主役は日焼け止めですが、いろいろな種類のものが出ています。
日焼け止め化粧品のパッケージにはSPF・PAという値が書かれています。

 

SPF(Sun Protection Factor)は、UV-Bを防ぐレベルを示します。
最高で50までの数字で表されます。

 

SPF-20は、何も塗らない肌と比べて、この日焼け止めを塗った肌が
同じ程度に日焼けするのに20倍の時間がかかるということです。

 

何も塗らない肌が5分で赤くなった場合、
SPF20の日焼け止めを塗った肌が同じ状態には100分かかります。

 

その一方で、PA(Protection Grade of UVA)はUV-Aを防ぐレベルを表しています。
「+」の数(1〜3個)で示され、数が多いほど紫外線防止効果も高くなります。

紫外線をカットする2種類の成分

日焼け止めに使われる成分には、紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の2種類があります。

 

紫外線吸収剤は、紫外線を吸収し、熱などのエネルギーに変えて放出させ、
肌内部に紫外線の悪影響が及ぶのを防ぐ物質のことです。

 

紫外線散乱剤とは、紫外線を反射・散乱させることで
肌をダメージを与える紫外線の量を減らす物質にことを指します。

 

一般に紫外線吸収剤のほうが肌への刺激を強くて、
人によって肌荒れなどの原因になることもあります。

 

肌が弱い人は、ノンケミカルなどと説明のある
紫外線吸収剤が入っていないものを選ぶと安心です。

 

紫外線散乱剤は、肌への刺激は弱いですが
長時間つけていると乾燥することもあります。

室内や車内のUV対策

UV-Aは窓ガラスを通して室内にも届いています。
屋内や車内で過ごすときもUV対策を忘れないでください。

塗り忘れしない

日焼け止めの効果を生かすには、適切な量をむらなく塗ります。
首の後や耳、脚なども忘れないこと。

こまめに塗り直す

手で触れたり汗をかいたりすると、日焼け止めは落ちていきます。
SPFの数値を参考にしながら、こまめに塗り直してください。

洗顔・入浴できちんと洗い流す

紫外線防止効果が高いものや、汗、水に強いものは、ふつうに石けんで洗っても落ちにくいことがあります。
日焼け止めが肌に残らないよう、きちんと洗い流しましょう。

帽子や日傘を活用する

日焼け止めだけに頼らないで、外出するときは帽子や日傘を利用して上手に紫外線をカットします。

日焼け肌は冷やして保湿

激しい日焼けをしてしまったら、患部を冷やします。
ほてりが治まったら、たっぷりの化粧水+乳液で肌の乾燥を防ぎましょう。

 

育毛百科トップへ
育毛百科は薄毛や抜け毛と闘う

スポンサードリンク