スポンサードリンク

洗顔直後の肌をたっぷりと水分補給

紫外線や化粧、ストレスなど、さまざまな影響を受けて、乾燥しがちの肌には、
洗顔後、タオルで肌の水気を取ったら、すぐに化粧水をつけます。

 

化粧水で水分を補った後は、美容液や乳液で仕上げます。
洗顔直後の肌は、汚れとともに皮脂膜やNMF(天然保湿因子)も洗い流された状態です。

 

本来、健康な肌で適度な湿度が保たれた環境にいる場合、肌は何もつけなくても自然に潤いと皮脂を
取り戻しますが、生活環境において乾燥しがちの肌には、たっぷりと水分を補給する必要があります。

 

水分補給のため使うのが化粧水です。
コットンまたは清潔な手にたっぷり取り、肌を軽く抑えるようにしながら、顔全体に馴染ませます。

 

このとき、パンパンと叩いたり、コットンで肌を擦ったりしないことです。
化粧水をじわじわと染み込ませる意識で、優しくつけてください。

 

また、洗顔後すぐに化粧水をつけることも大切なポイントになり、
肌が乾ききらないうちにつけると、浸透力が高まります。

乳液やクリームで肌に潤いを閉じ込める

化粧水をつけた後は、必ず乳液やクリームなど、油分を含んだものをつけます。

 

これは肌の表面に油の膜を作り、化粧水で補給した水分の蒸発を防ぐための大切なステップです。

 

化粧水をつけただけの状態で放置すると、せっかくの潤いがほとんど逃げてしまいます。
肌の潤いを保って乾燥を防ぐためには、肌に水分を閉じ込めて置く、必要があります。

 

肌に特別なトラブルはない場合、化粧水、乳液などの基礎化粧品は
自分にとって使い心地のよいものを選べばよく、
ただしアルコールが入った、収れん化粧水は、乾燥しがちな肌には向きません。

 

乾燥によるかゆみなどが気になるときは、保湿効果の高い成分が配合されたものを選ぶとよいです。

洗顔後のお手入れの基本とは・・・

洗顔後は、肌の乾ききる前に、化粧水→乳液(クリーム)を重ねづけするのが基本です。
肌の乾燥が気になるときは、基礎化粧品を保湿効果の高いものに替えてみてもよいです。

化粧水

大き目のコットンに化粧水をたっぷりつけ、乾燥しやすい頬の部分から、
ゆっくりと抑えるようになじませます。
つづいてTゾーン、フェイスライン、首元へ。

 

手で直接つける場合は、必ず手を清潔にして置きましょう。

乳液・クリームなど

化粧水をつけたら、すぐに乳液やクリームをつけます。
油の膜で水分の蒸発を防いで肌の潤いを保つ役割を果たしているので、必ずつけることです。

基礎化粧品に配合されている主な保湿成分

化粧品に使われる保湿成分にはいろいろなものがあります。

 

化粧品は、すべての成分を表示することが法律で定められているので、
新しいものを買うときは、成分のチェックを。

グリセリン

肌を軟らかくし、しっとりとした潤いを与える効果があります。
他の保湿成分と組み合わせると、さらに効果が高まることも。

セラミド

角質層に存在する細胞乾脂質の約4割を占める成分の肌の潤いを保ち、
肌に異物が侵入するのを防ぐバリア機能を高めます。

コラーゲン

人間の真皮などを作るたんぱく質の一種。
保湿効果に加え、肌の表面に保護膜を作り、肌を守る働きもあります。

ヒアルロン酸

1gで約6リットルもの水を抱え込めるほど保水力が高く、乾燥から肌を守る働きに優れています。
その他、保湿成分と組み合わせると相乗効果も。

尿素

角質細胞に存在する天然保湿因子・NMFに含まれる成分のひとつ。
肌の奥の水分を角質層に引き寄せて肌をしっとりさせる働きがあります。

肌の調子が悪い

そのようなときは、肌がカサカサになる前に、特別な保湿ケアでコンディションを整えてください。

 

肌のコンディションを保つには、洗顔と基本のスキンケアをきちんと続けることが基本です。
肌の調子は、環境・体調・心の状態などによって変わります。

 

カサついてきたかなと、感じたら、乾燥が進む前にひと手間プラスして丁寧なお手入れをしましょう。
いつもつけている化粧水を使ったコットンパックはよいです。

 

洗顔し、いつもと同じように化粧水をつけた後、コットンに化粧水を
たっぷり染み込ませたものを顔に乗せます。

 

そのまま10分ほど時間を置いて浸透させた後、コットンを外して乳液やクリームをつけておきます。
気をつけることは、必ず乳液やクリームをつける前にパックをすることです。

 

乳液などをつけると、肌の表面に油の膜が出来て化粧水がはじかれてしまい、
十分に浸透させることが出来なくなります。

乳液のついでにマッサージ

乳液(クリーム)をつけるとき、軽く指を滑らせます。
顔の内側から外側へ、クルクルと円を描くように指を滑らせます。

 

マッサージには血行を改善して肌に栄養を行き渡らせる作用があるので、
乾燥肌を始めとするさまざまな肌トラブルの予防・改善に役立ちます。

 

マッサージをするときは、指に力を入れないようにしましょう。
強く擦ると摩擦による刺激で、かえって肌を傷めてしまうこともあります。

 

育毛百科トップへ
育毛百科は薄毛や抜け毛と闘う

スポンサードリンク