スポンサードリンク

かゆみの原因として多い乾燥肌

全身性皮膚そう痒症の原因としてもっとも多いのが皮膚の乾燥。
とくに空気が乾燥する秋から冬は、乾燥肌によるかゆみに悩む人が増えています。

 

健康肌は、角質細胞の間にセラミドなどの細胞間脂質が十分にあり、しっとりと潤っています。

 

さらに、角質層の表面は皮脂と汗が混ざり合った皮脂膜におおわれ、
肌の水分が蒸発するのを防いでいます。

 

でも、皮膚が乾燥すると角質層の表面をおおっていた
、皮脂膜が壊れ、肌の水分が蒸発していきます。

 

その結果、細胞間脂質も不足して角質層がスカスカに、バリア機能が
うまく働かなくなり、外部からの刺激が皮膚の内部に直接加わります。

 

そのため、普段から何でもない程度の刺激もかゆみの原因になります。

皮脂の分泌量が少ないところほど乾燥しやすい

乾燥によるかゆみを感じることが多いのは、おもに脚や腕です。
肌が粉をふいたように白っぽくなってしまうこともありますが、これは乾燥が進んでいるためです。

 

からだの部位によって肌の状態に違いがあるのは、分泌される皮脂の量が違うためです。
皮膚の分泌量が少ないところほど、乾燥が進みます。

 

顔やからだの中心には皮脂膜が多く、皮脂の分泌量もたっぷりです。
それに対して、腕や脚などは皮脂腺が少ないため、肌も乾燥しやすくなります。

 

さらに、腕や脚は、衣類などにおおわれずに直接外気にさらされることが多い部分です。

 

その分、外部からさまざまな刺激を受けることにより、
バリア機能が低下して、かゆみも起こりやすくなります。

 

肌の乾燥が進むと、角質層のバリア機能が衰えてしまいます。

 

かゆみを感じやすいなるのは、バリア機能が正常に働かない分、
外部からの刺激に弱くなるためです。

健康な肌

正常な状態の角質層では、角質細胞の間を細胞間脂質がしっかりと埋め、水分がキープされています。
角質層の表面は皮脂膜でおおわれています。

乾燥した肌

角質層の表面をおおう皮脂膜が壊れ、水分が蒸発。
細胞間脂質も不足し、肌がスカスカの状態になります。

 

刺激が肌の内部に直接加わるため、
肌が正常な状態なら何でもないような刺激までかゆみの原因になります。

かゆみを引き起こす全身性の病気

全身性皮膚そう痒症の中には、内臓の病気などが原因で起こるものもあります。
病気が疑われる場合は、病院できちんと検査を受けてください。

全身性皮膚そう痒症の原因として考えられる病気

糖尿病

インスリンというホルモンの作用が低下することによって血糖値(血液中のブドウ糖濃度)が上昇する病気。

 

合併のひとつとして、かゆみが起こることがあります。
全身がかゆくなる場合のほか、外陰部だけがかゆくなるケースも見られます。

原発性胆汁性肝硬変

肝臓内の胆管に炎症が生じる病気。初期の自覚症症として、全身のかゆみが起こります。

慢性腎不全

腎臓の機能が低下し、体内の老廃物をうまく排泄できなくなる病気。

 

だるさやからだのむくみなどの症状と同じに、かゆみを覚えることがあり、
また、透析を行なうようになると、かなりの割合でかゆみが起こります。

 

透析とかゆみの関係については、まだはっきり分かっていませんが、
尿毒素や二次性副甲状腺機能亢進症という合併症と関わりが深いと考えられています。

甲状腺機能異常

甲状腺のきのうが異常に高まる甲状腺機能亢進症では、
症状のひとつとしてかゆみが見られることがあります。

 

また、甲状腺の機能が低下する甲状腺機能低下症では
肌が乾燥してかゆみを引き起こす場合があります。

心因性

全身性の病気も皮膚の異常もない場合、
精神的ストレスなどがかゆみの原因になっていることもあります。

その他

内臓のがん、血液の病気、更年期障害など

 

育毛百科トップへ
育毛百科は薄毛や抜け毛と闘う

スポンサードリンク