スポンサードリンク

体を温め、肌をきれいにするバスタイム

熱すぎるお湯や長湯は肌に負担をかけます。
お風呂に入って、身体が温まると、血行がよくなり、新陳代謝も活発になります。

 

毛穴が開いて、肌の汚れが落ちやすくなり、リラックスすることで、
肉体的な疲れ、精神的な満足感も得られるメリットもあります。

 

しかし、肌の健康のことを考えた場合、注意するポイントがいくつかあります。
間違った入浴法は肌の潤いを奪い、乾燥の原因になってしまいます。

湯船に浸かるとき

湯船のお湯の温度は、40度以下を目安に、熱すぎるお湯は必要以上に皮脂を奪い、
肌を乾燥させる原因になります。

 

乾燥肌によるかゆみなどがあるときは、熱いお湯に刺激されてかゆみがひどくなることもあります。

 

また、湯船に浸かっていると、肌の表面から皮脂が流れ出します。
長湯すると、それだけ多くの皮脂を失うことになるため、極端な長湯は避けた方がよいです。

 

入浴剤を使用するのなら保湿作用のあるものを選んでください。
湯の華や温泉の素などイオウ成分が含まれているものは注意してください。

 

イオウには角質を剥がす作用がり、乾燥の原因になることがあります。

からだを洗うとき

固いブラシを使ったり、力を入れてゴシゴシ擦ったりしないことです。
潤いを守る角質層を壊し、肌荒れの原因。

 

肌の汚れを落とすには、石けんをよく泡立てて、
柔らかな素材のタオルや手のひらで優しく擦り洗いをすれば十分です。

 

石けんやボディソープは、肌の潤いを保ちつつ、
汚れはきれいに落とすものを使います。

 

肌の乾燥が気になる場合は、弱酸性の刺激の弱い石けんや、
保湿効果の高いグリセリンソープなどを使うとよいです。

肌の潤いを保つ入浴とは

毎日、何気なくしていたことが、実は肌をいじめていた、なんて人も多いのでは、
お風呂での過ごし方を見直すだけで、乾いた肌が潤いを取り戻せます。

お湯の温度は適度に

熱いお湯は、皮脂膜に過剰に奪う原因です。
40度以下の少しぬるめかな、と感じるぐらいが、肌にとっての適温です。

入浴剤はしっとりタイプがよい

香りによるリラックス効果もあるので、入浴剤は好みで、しかし、肌が乾燥しがちなときは、
イオウ成分が入ったものを避けて、保湿効果の高い入浴剤を使うこともよいです。

湯船に浸かるのは10分以内

湯船に浸かる時間が長いほど、肌の潤いも逃げていきます。
長湯は避け、10分以内を目安に湯船から上がりましょう。

からだやさしく泡で洗う

石けんなどはよく泡立てて、手の平や柔らかいタオルでそっとなでるように洗います。

すすぎは丁寧に

からだを洗った後のすすぎは十分して、石けんなどの成分が肌に残っていると、
肌トラブルの原因になります。石けんなどは、肌に優しいものを。

 

肌が乾燥しているときは、自分の肌に合う刺激の弱い石けんを使ってください。

お風呂から上がったらすぐに全身の保湿

お風呂上りの肌はしっとり潤っています。
角質層が水分をたっぷり吸収しているからです。

 

健康な肌で、十分な湿度の元であれば、スキンケアは不要で、
肌本来の力で、自然と肌の調子が整っています。

 

バリア機能が低下した肌では、吸収した水分も時間とともにどんどん蒸発していきます。

 

吸収した余分な水分と一緒に角質細胞内の水分まで蒸発させ、
お風呂に入る前よりも肌を乾燥させてしまいます。

 

お肌のしっとり感を保つためには、お風呂上り、汗が引いて
まだ肌がしっとりしているうちに、保湿ケアをしてください。

 

ボディの保湿剤には、クリーム・乳液・ローションなどさまざまなタイプがあります。

 

冬はクリーム、夏はローションなどと季節によって使い分け、乾燥しやすいかかとやひざはクリーム、
胸や背中はローション、というように肌の状態に合わせて選ぶのも良い方法です。

乾燥しやすい部分は油分の多い保湿剤でケア

かかとやひざ、ひじなどは、ほかの部分に比べて、角質が厚く、乾燥が進んでいることがほとんどです。

 

腕、脚なども皮脂腺が少なく、カサつきやすいところです。
乾燥が進むと、白く粉をふいたようになることもあります。

 

爪や爪先も忘れずにケアをしたい部分です。
乾燥しやすい部分は、油分の多いクリームなどでしっかりケアを。

 

カサカサのかかとが気になる場合は、保湿剤をつけた後、すぐに靴下を履きましょう。
靴下が水分の蒸発を防いで、角質層をしっとり柔らかくします。

 

育毛百科トップへ
育毛百科は薄毛や抜け毛と闘う

スポンサードリンク