スポンサードリンク

活性酸素から身を守る

農薬や食品添加物の少ない物を食べるように、普段から意識して食べることが必要です。

 

次に抗酸化物質が含まれている食品をバランスよく隔たりなく食べて、
体内に活性酸素を増加させないことが大切になります。

毎日同じ食品をたべないこと

そのためには、糖質の供給源の主食、たんぱく質の供給源の主菜、
ビタミン、ミネラル、食物繊維の供給源の副菜をきちんと摂ることが大切です。

 

いろいろな食品をバランスよく食べていることで、様々な種類の抗酸化物を
無理なく摂ることができ、それらの作用により体内での活性酸素の害が減っていきます。

 

日々の食事から活性酸素に気をつけていると、活性酸素の害を減らすことができ、
さらに動脈硬化やがんになりにくくなり、老化を防ぐことができます。

 

そのためには、体内でスカベンジャー(抗酸化物質)を増やすこと、
そして不飽和脂肪酸を必要以上に増やさないことが大切になります。

 

毎日の食事に気を配って1日の食事で、できるだけ多種類の食品を
組み合わせること、毎日同じ食品を食べないようにしましょう。

日本食(和食)が優れている

日本人の食事は、穀類や野菜をたっぷり、卵や肉や魚を適度に摂るというもので、
抗酸化物質を体内に入れるという面でとても優れています。

 

もともと日本食(和食)は、抗酸化力に優れている食事です。

 

お茶、味噌、醤油、お茶にはカテキン、大豆製品の味噌や醤油には
イソフラボンが豊富に含まれているからです。

 

パン食では、どうしても肉や魚の脂っこい料理となりますが、
日本食(和食)のご飯にはどのようなおかずでも合います。

 

現在、日本人の食事はかなり欧米化していますが、野菜や煮物などを適度に食べる食事を
続けることで、カロリーの面から活性酸素の摂取の面からも望ましい食事といわれています。

日常生活の活性酸素を減らす

食べ物や生活習慣に気を配り、日々の生活から体が酸化しないよう注意と工夫をした、
ライフスタイルで活性酸素の害から身を守ってください。

 

年を重ねるに連れて体の機能も衰えてきますので、備えの能力を超えるような
活性酸素を発生させない工夫をすること、そして活性酸素の攻撃対象を
できるだけ体の中に増やさないことが、酸化対策に重要です。

活性酸素の害を減らすライフスタイル

私たちの体には活性酸素の害から身を守る、酸化防止システムが備わっていますが、
生活が便利になっている現代では、大気汚染によるオゾン層の破壊、
紫外線や窒素酸化物の問題、食品添加物や残留農薬問題、
電化製品の電波問題、社会生活や人間関係から来るストレスと、
さまざまな社会的な悪条件があり、喫煙や飲酒、レントゲン検査など、個人的な問題もあります。

 

老化、がんや生活習慣病は、なってからでは遅いです。
そうなる前に、活性酸素の知識を利用して、普段から生活のリズムを大切にすることがよいです。

 

食品添加物をチェックする、残留農薬にも気を配り、たばこを吸わない、
お酒を飲むときも活性酸素について考えましょう。

 

過激なスポーツは控える、紫外線やエックス線などはできるだけ浴びないようにする、
ストレスを上手に減らすなど、身近なことから実行するようにしてください。

 

ビタミンやたんぱく質でスカベンジャーを強化し、日常生活でも
活性酸素の害を少しでも減らす対策が大切です。

 

食品に含まれている添加物に気をつけましょう。
人工的化学合成物として問題になるのは、食品添加物。

 

食品添加物は、毎日口に入れる物です。
気をつけても気をつけ過ぎることはありません。

 

多くが加工食品で、レトルトパックに入っていたり、瓶詰、缶詰にされ、加工食品は
製造に伴なう加熱処理の過程で必ず、脂質やたんぱく質類の酸化が起こっています。

 

問題となるのは食品添加物が必ず使われていることで、
添加物の大部分が化学合成物です。

 

一つ一つ口に入れる量はわずかですが、確実に体内に入っています。

 

食品添加物が体に入るたびに、白血球はそれらを異物と見なし、
活性酸素を振り掛けて攻撃します。

 

中には、代謝や排泄されずに体内に蓄積していく物質があることを忘れてはいけません。

 

食品添加物は、異物として肝臓で解毒されますが、
その際に薬物代謝酵素の一つチトクロムP450が働きます。

 

その際に、活性酸素が発生します。

食品添加物とは

食品製造するうえで、品質を改良したり、保存性、嗜好性、栄養性などを
向上させるために食品に添加できる物を、食品添加物といいます。

 

食品衛生法の使用基準を満たしていれば、一応安全であるといえますが、
添加物は現在市販されているほとんど全ての食品に含まれています。

 

食品添加物にいつもさらされていると、肝臓はいつも
活性酸素に攻撃されて、肝機能障害を起こします。

 

育毛百科トップへ
育毛百科は薄毛や抜け毛と闘う

スポンサードリンク