スポンサードリンク

植物性脂肪は酸化しやすい

植物性脂肪はカロリーも低くコレステロールを減らす

動物性脂肪はカロリーも高く、コレステロールも多いので健康に悪いと思っていませんか?

 

植物性脂肪のリノール酸は、動脈硬化の原因となる血中コレステロールを
下げると言われていますが、リノール酸は摂り過ぎると血液中のすべての
コレステロールを減らすので、変性LDLを回収する善玉HDLも減らします。

 

しかも、植物性脂肪は動物性脂肪に比べて酸化しやすいので、
血液中で簡単に酸化脂質に変性し、血管壁内に溜まります。

 

植物性脂肪の摂り過ぎは、動脈硬化の原因となることもあります。

オレイン酸は酸化されにくい

不飽和脂肪酸の中でも、比較的酸化されにくいものにオレイン酸があります。
オレイン酸を多く含むのがオリーブ油です。

 

その他オレイン酸を多く含む食品には、ゴマ油、ひまわり油、コーン油、米糠油、
豚肉、牛肉、卵、ナッツ類などがあります。

脂質の性質を見極める

植物油の代表格のリノール酸は、摂り過ぎると善玉コレステロールのHDLをも
減らしてしまう性質があり、しかも過酸化脂質になりやすい特徴があります。

 

EPAやDHAなどの魚の脂肪は、血流障害を予防し、
炎症を防ぐ働きがありますが、酸化されやすいという欠点があります。

 

反対に、動物性脂肪は酸化されにくい脂肪で、
総コレステロール量を増やしてしまうという欠点があります。

EPA・DHA

EPA(エイコサペンタエン酸)やDHA(ドコサヘキサエン酸)は
魚の脂に多く含まれている物質で、血液をサラサラにする油として人気があります。

 

EPAやDHAは、まぐろ、はまち、いわし、さば、ぶり、真鯛、
さんま、にしんなどの魚に多く含まれています。

 

ただし、EPAやDHAは不飽和脂肪酸ですから、
酸化されやすい可能性が高くなります。

 

そこで魚を食べるときには、新鮮なものを選び、
買ったその日のうちに食べるなどの注意が必要です。

 

そして、他のメニューで抗酸化物質であるビタミンCやビタミンE、
β-カロテンは是非同時に補給するとよいです。

 

EPA(エイコサペンタエン酸)やDHA(ドコサヘキサエン酸)は、
ともに魚の脂肪(不飽和脂肪酸)に含まれる成分です。

 

血液の血小板凝固作用を抑制し、血管の収縮を抑制、拡張を促進する、
肝臓でのVLDLの過剰生産を抑え、中性脂肪の増加を防ぐ働きがあります。

過酸化脂質を摂り過ぎない

過酸化脂質はフリーラジカル

スナック菓子類、インスタントラーメンなどの油で揚げた加工食品は、
酸化に弱い不飽和脂肪酸がいっぱいです。

 

ピーナッツやピーナッツを使用した菓子は馴染みのある食品ですが、
古くなったピーナッツには注意が必要です。

 

ピーナッツに生えた、カビはアフトラキシンという
強力な発がん物質で、少量でもがんを発症させます。

 

その他にも、ポテトチップスなどのスナック菓子類、インスタントラーメンなどの
油で揚げた加工食品、マヨネーズ、まぐろの缶詰などは、不飽和脂肪酸を多く含んでいる食品です。

 

不飽和脂肪酸は、ある程度の量を摂る必要がある、必須脂肪酸ですが、
酸化しやすいので、それに対する防御をしなければなりません。

 

これらの食品を食べるときには、古くないか、十分に密閉されているかなどを確かめます。
一度缶を開けたり、密閉包装を破いたりすると、その瞬間から食品の酸化が始まります。

 

食品を買うときや食べるときには製造日や賞味期間をよく確かめて、
余り古いものは買わない、食べないようにしましょう。

古くなった油は使わないこと

過酸化脂質が含まれている食品を食べても、すぐに細胞が傷害されるわけではありません。

 

食品などで摂取した過酸化脂質は腸内で分解されますが
それでも分解されないで残った場合は、肝臓で解毒されます。

 

その代謝過程で、活性酸素が発生します。

 

代謝過程で発生した活性酸素は、体内の抗酸化作用で抑えますが、
大量の過酸化脂質が侵入した場合は、一部の過酸化脂質が残って悪さをする可能性があります。

 

家庭で使用する天ぷら油を何回も使う、長期間保存していると油は黒ずんできます。
熱や空気中の活性酸素により油が過酸化脂質となるからです。

過酸化脂質が細胞内のDNAを傷つける

生体膜(細胞を包んでいる細胞膜、ミトコンドリアの膜、細胞膜を包んでいる膜など)の
主な構成材料は脂肪酸です。

 

脂肪酸はフリーラジカルによって酸化されて過酸化脂質になり、
細胞内のDNAを傷つけます。

 

このように体内で有毒となる過酸化脂質、油を含んでいる
食品や油を用いて加工した食品から容易に生成されます。

過酸化脂質とは

その物質の構造中に酸素=酸素の結合を持つもの。
過酸化脂質は、脂質が活性酸素のよって酸化したものです。

 

多価不飽和脂肪酸は、構造上不安定な結合部分が
たやすく酸素と結びついて過酸化脂質となります。

不飽和脂肪酸

炭化水素基の中に不飽和結合(二重結合)を持つ脂肪酸で、
オレイン酸、リノール酸などがあります。

 

有機化合物中の不飽和結合は、化学反応性が高く、
活性酸素などにより容易にその結合が切れて、変性しやすい性質があります。

 

育毛百科トップへ
育毛百科は薄毛や抜け毛と闘う

スポンサードリンク