スポンサードリンク

脳の血管が詰まる

脳の血管壁が動脈硬化で、もろくなって出血したり、
血栓が詰まって血流が滞ると、脳血管障害をおこし、後遺症をともないます。

 

脳の各ぶぶんは、運動機能や、言語機能などを分担してつかさどっています。

 

脳卒中で、脳の左側の運動機能をつかさどる、部分の神経細胞が
破壊されると、右半身が動かなくなる、右半身不髄の後遺症が残ります。

 

脳の血管は、心臓の太くて弾力性に富んだ、
血管とは違い、細く枝分かれしている、しなやかな血管です。

 

血管壁がもろくなると、血管は破れやすくなって、脳出血を起こすことになります。
血管に動脈硬化が起こって、血流が滞ると、脳梗塞になります。

 

脳という臓器は、酸素の消費量が多く、体内で消費される酸素の約20%を消費しています。

 

脳は心臓のように縮んだり、拡張したりしないので、脳が消費する大量の酸素は、
運動エネルギーになるのではなく、全身のコントロールや
記憶、判断、感情などの精神活動のエネルギーとして使われます。

脳細胞は、活性酸素にさらされやすい

脳は単に酸素の消費量が多いだけではありません。

 

脳細胞は鉄イオンを多く含んでいるので、細胞内では
過酸化水素と鉄との反応によってより多くのハイドロキシルラジカルが生成されます。

 

さらに、脳神経の細胞膜は、不飽和脂肪酸を多く含んでいるため、
酸化によって活性酸素の一種、過酸化脂質を生成しやすくなっているので、
脳細胞は他の細胞と比べ、それだけ活性酸素にさらされやすいです。

脳卒中には、脳出血と脳梗塞

脳卒中は、脳血管障害をさす一般的な言い方ですが、大きく脳出血と脳梗塞に分けられます。
脳出血の中では、高血圧性脳出血が頻度が高く重要です。

 

脳の中で出血するタイプには、脳自体の血管が破れて出血する脳出血と、
くも膜の下の動脈瘤が破れて、出血するくも膜下出血があり、この2つを頭蓋内出血といいます。

 

脳梗塞の多くは、脳が動脈硬化をおこして、
そこに血栓が詰まってそのさきに、血液が流れなくなり、脳組織が死滅します。

 

脳以外の器官や組織での血のかたまりや、
組織片が、脳の動脈を防ぐものありこれを、脳塞栓といいます。

 

脳の血管は細かく枝分かれしていますが、これが血流を滞らせる原因にもなっています。
一方では、この細かく枝分かれしていることが、幸いしています。

 

細かい血管のどこかが詰まっていても、その周囲の組織には、枝分かれしている、他の細い血管によって、酸素や栄養が供給されて、その組織が一気に死滅することが、防御されています。

 

老人の場合は、軽い梗塞でも頻繁に、繰り返すと、老人性痴呆症の原因になります。

肥満は万病のもと

肥満とは、体に脂肪を必要以上に蓄えている状態で、食事で摂り入れた
エネルギーよりも、生活の中で消費するエネルギーが少ないときに、
余分なエネルギーが中性脂肪(トリグリセライド)のかたちで、体の中に蓄積された状態です。

皮下脂肪型肥満

太っていることが外見から直ぐわかる肥満です。

 

脂肪が腹、腰、太もも、でん部の皮下の体組織に蓄積され、
皮下脂肪型肥満は女性に多いタイプといわれます。

内臓脂肪型肥満

一見太っているように見えない肥満です。

 

脂肪が腹部とその周りの内臓に蓄積されたもので、
中年男性に多いのが内臓脂肪型タイプです。

 

内臓脂肪型肥満は、高脂血症であることが多く、
糖や脂質の代謝異常を起こして、糖尿病や高血圧症になる危険があります。

肥満は循環器疾患の危険因子

循環器は、血液の循環をつかさどる器官で、心臓を中心とした動脈系と静脈系があります。

 

循環器疾患の代表的なのは、心臓病、脳卒中、高血圧などがあり、
これらの病気に関わる危険な因子のひとつとして、肥満があります。

 

育毛百科トップへ
育毛百科は薄毛や抜け毛と闘う

スポンサードリンク