スポンサードリンク

新型インフルエンザ予防策

新型インフルエンザは、通常のインフルエンザと同じように、
ウイルスを持った人からのくしゃみや咳によって、ウイルスを含んだ唾液(だえき)や鼻水の細かい粒を
吸い込むことと、ウイルスで汚染された手で鼻や目を触ることで感染すると言われています。

  • 外出後には手洗い・うがいをする。ウイルスは、石鹸と水で感染力を失います。
  • 手洗いは石けんを用いて15秒以上。水を十分に拭き取ります。
  • 流行地への渡航、人ごみや繁華街への不要不急な外出をしない。
  • 十分に休養を取り、体力や抵抗力を高め、栄養バランスをよくする。

咳やくしゃみの症状がある人は、かならずマスクを付け、できる限り外出を控えて下さい。

 

新型インフルエンザは、症状の出る1日前から病気になった
後7日以上までほかの人に感染させる可能性があります。

 

新型インフルエンザが疑われる症状が出たときには、医療機関へ行く前に、
地元の新型インフルエンザ電話相談窓口へ連絡をして相談しましょう。

 

新型インフルエンザの症状としては、高熱、頭痛、関節痛などの
全身症状の他、喉の痛みや鼻水など風邪のような症状が出ます。

手洗いをしましょう

手洗い前の準備をしましょう

爪は短く切り、マニキュアは塗っていませんか?

 

時計や指輪を外しましょう。

  1. 汚れが残りやすいところは、指先、指の間、親指の周り、手首、手のしわ。
  2. 手の平をよく擦ります。
  3. 手の甲を伸ばす様に擦ります。
  4. 指先・爪の間を念入りに擦ります。
  5. 親指と手の平を念入りに洗います。
  6. 手首を忘れないで洗います。
  7. 手を拭くときは、個人用布巾か、ペーパータオルを使って下さい。

マスクの正しいつけ方・外し方

マスクの選び方

マスクは市販の不織布製マスクが推奨されています。
ガーゼ製は飛沫をとらえるフィルターの性能が十分ではありません。

 

1日1枚使い捨てが原則です。

マスクの正しい着用法

  • 鼻・口・顎を覆います。(特に鼻と口の両方を覆うことを心がける)
  • 可変式の鼻部分を鼻すじにフィットさせます。
  • ゴムひもで耳にしっかり固定します。
  • フィットするように調節します。

マスクの正しい外し方

  • 片耳のゴムひもを持ち、顔から外します。
  • 反対側のゴムひもを持ち、顔から外す

    (フィルターに病原体がついている可能性もあるので、マスク表面に手が触れない様に注意)

  • ビニール袋に入れて密閉し、蓋付きの専用のゴミ箱に廃棄します。

 

使用済みのマスクを廃棄した後は、手指にウイルスが付いている可能性もあるため、
すぐに手洗いや消毒用アルコールによる消毒を行ないます。

咳エチケット

  • 咳・くしゃみの際はティッシュなどで口と鼻を押さえ、

    他の人から顔をそむけて1メートル以上は離れましょう。

  • 鼻汁・痰などを拭くんだティッシュはすぐに蓋付きの専用のゴミ箱に捨てましょう。
  • 咳をしている人にマスクの着用をお願いしましょう。

マスクを着用しているからといって、ウイルスの吸入を完全に予防できるわけではありません。
マスクを付ける際は、説明書をよく読んで、正しく着用しましょう。

 

感染症の予防としては、マスク・手洗い・うがいは基本です。

 

育毛百科トップへ
育毛百科は薄毛や抜け毛と闘う

スポンサードリンク