スポンサードリンク

コレステロールは体に必要な栄養素

女性の痩せたい、心筋梗塞予防などからコレステロールは、
体に悪いとして野菜ばかり食べたり、肉類をほとんど食べない人がいます。

 

健康の大敵として嫌われたコレステロールは、中性脂肪やリン脂質、
遊離脂肪酸とともに血液中にある脂質のひとつで、
生体膜、副腎皮質ホルモン、胆汁酸の材料となる大切な物質です。

 

コレステロールの約8割は肝臓などの体内で生成され、
残りは体外から食物として摂取されます。

 

コレステロールは、体内での生成量と体外からの摂取量の総量がコントロールされていますが、
体内の機能に異常が起こると、血液中のコレステロールが多くなります。

 

その主原因は、LDL受容体の機能が低下することです。
各細胞でのコレステロールの受け入れが低下して、コレステロールが増えます。

 

そして、肝臓でのコレステロールの生産過剰、
胆汁を通しての排泄量の減少などの原因が複合しています。

 

また、遺伝的な要素になる(家族性高コレステロール血症)場合もあります。
コレステロールが多いと血中コレステロールが増えて、高脂血症や動脈硬化などの原因になります。

食物繊維を上手に摂りコレステロールをコントロール

食物繊維は腸の蠕動運動を促進し、腸での栄養の消化・吸収を助ける働きがあります。

 

そして、水分を吸収して便を軟らかくし、排泄を整えます。
これが便秘の解消に有効です。

 

食物繊維は腸内の発がん物質や余分な胆汁酸を排泄する働きがあります。
食物繊維には腸内の余分な胆汁酸を吸収して、便とともに排泄する働きもあります。

コレステロールの働き

コレステロールは、副腎皮質ホルモン、脂肪の消化・吸収を助ける
胆汁酸の材料となり、その大部分は生体膜の構成成分となります。

 

生体膜は脂肪酸が主材料ですが、脂肪酸は熱に弱いので、
脂肪酸だけで膜は維持出来ません。

 

コレステロールが脂肪酸と脂肪酸を結びつける働きをし、生体膜を整えます。

コレステロールの量が増えるとリン脂質も増加する

血液中の総コレステロールの量が増えると、リン脂質も増加する傾向があります。

 

リン脂質の量が増えると肝機能障害が起こることがあるため、
健康診断などでコレステロールを測定する時は、リン脂質も測定しましょう。

ビタミン類をたっぷり摂る

ビタミン類もスカベンジャー

ビタミンC、E、B2、β-カロテンなどを普段から摂り、体の抗酸化力を高めましょう。

 

活性酸素の研究が進み、ビタミンC、E、B2、β-カロテンなどが老化やがん、
心臓病、脳卒中などの生活習慣病の予防に役立つ可能性が高いです。

 

ビタミン類も欠乏すると、脚気(ビタミンB1不足)、夜盲症(ビタミンA不足)、
壊血症(ビタミンC不足)などのビタミン欠乏症を起こします。

 

ビタミンを大量に摂取するには、野菜や果物などを、
毎日何キログラムも食べなければならないため、これは現実に不可能です。

 

そこで、ビタミン剤や錠剤タイプの栄養補助食品(サプリメント)を
上手に使ってビタミンを補給することになります。

 

しかし、ただ闇雲に大量の錠剤を飲んだり、食べたりしても意味がありません。

 

ビタミン剤などには、ビタミン1000ミリグラム含有などと表示されていますが、
私たちの体は一度に大量のビタミンを吸収出来ません。

 

1日の量を朝・昼・晩、そして必要ならば就寝前などと、何回かに分けて服用しましょう。

ビタミンを多く含む食品

ビタミン類は、活性酸素を撃退する抗酸化力に富んだ栄養素です。
各ビタミンの抗酸化特性を知り、そのビタミンを多く含む食品を上手食べることが大切です。

 

ビタミンCを多く含む食品は、野菜ではパセリ、ブロッコリー、芽キャベツ、
ピーマン、さつまいも、ししとう、小松菜、大根の葉などがあります。

 

果物は、ビタミンCを含む食品のようなものですが、
その中でもグァバ、レモン、いちご、キウイ、柿、みかん、桃などです。

 

さらに番茶、干しのりにもビタミンCが多く入っています。
ビタミンCは、壊れやすく水に溶けること、さらに熱に弱いという、性質があります。

 

育毛百科トップへ
育毛百科は薄毛や抜け毛と闘う

スポンサードリンク