スポンサードリンク

正常な細胞は遺伝情報通りに再生される

がんの発症には、活性酸素が深く関わっています。
正常細胞が、がん細胞になるのは、遺伝子に傷つくからです。

 

傷つける物質のひとつとして、活性酸素があります。
活性酸素は絶えず体内に発生しています。

 

通常はそれを破壊する酵素を作って対応していますが、時には活性酸素が、
過剰に生み出され、たばこの煙が肺の細胞に入ると、
活性酸素が多く生み出され、遺伝子に傷をつけるという報告もされています。

 

からだは約60兆個の細胞で成り立ち、からだを形成する細胞を、体細胞といい、
細胞は古くなると死んで、新しい細胞と交代します。これを新陳代謝といいます。

 

これらの細胞には、核と呼ばれる部分があり、その中に遺伝をつかさどる遺伝子(DNA)が入っています。
このDNAには、遺伝情報のすべてが書き込まれています。

 

脳細胞のような再生しない、特殊な細胞は別にして、他のすべての細胞は、
形や性質がまったく同じ新しい細胞に、複製されます。

 

細胞の再生は、いつ、どんなたんぱく質を、どれだけ複製するかなどについて、
遺伝情報の通りに狂いなく、体全体で統制されたものでなければなりません。

 

ところが、この複製の途中で、狂いが生じるとどうなるか。
細胞の再生過程で、遺伝子が傷を受けてしまうと、細胞の再生エラーが起こります。

 

DNAに障害が起き、遺伝情報に誤りが混入し、たんぱく質の合成に狂いが生じます。

 

すると、細胞の再生は正しく、行なわれなくなることが、細胞の突然変異といいます。
がんも、突然変異です。

 

私たちは遺伝子の中に、正常な細胞をがん化してしまう働きがある、
がん遺伝子を生まれながら持っています。

 

遺伝子に傷がついた、細胞はがん細胞になりますが、このとき細胞を無限に分裂・増殖させる、
遺伝子のがん化命令は、その細胞だけでなく、その周囲の正常な細胞まで効力を持っています。

 

そして、このがん遺伝子が働き出して、異常な塊となるほど、細胞が増えていき、
いくつかの過程を経て、やがて本物のがんになります。

 

人間の場合、1個の細胞当たり、8万個の遺伝子があるといわれ、
その中にがん遺伝子が含まれています。

 

細胞内のがん細胞は、普段眠っていて、細胞は正常に働いていますが、
いったん暴走を始めると、がんを発症します。

がん細胞の無限に増えるのを防ぐ

すべてのがんは、DNAが損傷した1個の細胞から発症します。
これが無制限に細胞分裂を繰り返して、組織や器官が、がんとなります。

 

しかし、組織や器官は直ぐに、がんになりません。
DNAの損傷からいろいろな過程を経て、長い年月を費やして、がんとなります。

 

DNAが損傷しても直ぐには、がんとならないのは、細胞には細胞のがん化を抑える、
がん抑制遺伝子と遺伝子の傷を治す、DNA修復遺伝子が存在しています。

 

遺伝子に傷がついた細胞は、がん細胞になりますが、
がん抑制遺伝子には細胞が、無限に分裂・増殖するのを防ぐ働き、
そして遺伝子に誤った情報を持った、細胞を死滅させる働きがあります。

 

DNA修復遺伝子は、遺伝子の傷ついて箇所を元通りに、修復する働きがあります。
最初に、遺伝子の質的な異常が生じます。

 

第1段階(引き金段階)をイニシエーションといい、さらに、がん化を促進する刺激が繰り返し加わる、
第2段階(後押し段階)となりますが、これをプロモーションといい、
この段階から、細胞ががん細胞としての性質が現われます。

 

がん化した細胞は、どんどん増殖して、組織内で目に見える塊へと変化します。

 

これが第3段階(暴れ段階)、プログレッションといい、
イニシエーションとプロモーションに、活性酸素が緊密に結びついています。

 

煤煙や排気ガスに含まれている、ベンツピシンなどの数多くの発がん物質が、
細胞のがん遺伝子を傷つけて、イニシエーションを起こしますが、
これらの化学物質のほとんどが、活性酸素の発生源です。

 

さらに、この段階での紫外線や放射線(X線)による遺伝子の障害も、
二次的に発生する活性酸素によって起こります。

 

そして、活性酸素が細胞膜やたんぱく質、核酸を継続的に攻撃すると、
細胞全体が常に酸化されて、次の段階プロモーションになります。

 

やがて、1個の細胞が、がん細胞となり、無限に増殖を始めていきこのような、
がんの発生には、活性酸素が緊密に関わっています。

 

育毛百科トップへ
育毛百科は薄毛や抜け毛と闘う

スポンサードリンク