スポンサードリンク

肝臓の機能とは

肝臓は沈黙の臓器と呼ばれ、障害にはかなり強い臓器です。

 

肝臓では活性酸素がどんなときのも生成され、消費されています。
絶えず活性酸素にさらされているので、常に細胞が障害される可能性があります。

 

肝臓は、2,500億個もの肝細胞という特殊な細胞が集まっていて、約200種類もの酵素を使い、
約500種類の複雑で微妙な化学処理を同時進行で行なっている器官です。

 

そして、肝臓で使用する酵素のほとんどを自分で作ります。
肝臓の4分の3を切り取っても、残りの4分の1が正常なら、もっと通りに再生します。

 

私たちの体の中でも驚異的な能力のある器官です。
肝臓のおもな機能は、代謝、解毒、肝汁の合成です。

 

代謝機能

ブドウ糖をグリコーゲンとして蓄えて必要なときに再びブドウ糖に戻します。

 

アミノ酸からたんぱく質や糖質を合成する、血液中の糖質をコントロールする、
アミノ酸から酵素を合成する、ビタミンを蓄える、ビリルビンやアルブミンを合成する。

 

解毒機能

アルコールや薬物などの異物を解毒し、排泄する。

 

胆汁の合成

消化・吸収・不要物の排泄に欠かせない胆汁も胆汁酸、コレステロールなどから合成する。

活性酸素が肝臓を襲う

肝臓には肝細胞が集まった1つの肝小葉(かんしょうよう)という小さな単位があり、
これが基本単位として機能します。

 

そして、そこには血液を通して門脈からは栄養が、また肝静脈からは
細胞が排出した老廃物が24時間送り込まれてきます。

 

1個の肝細胞には500個〜2,500個ものミトコンドリアが存在しています。
この数は他の細胞に比べてはるかに多くなっています。

 

これは、肝臓が大量の血液を間に立てていかに数多くの化学処理を行なっていることを示します。

 

肝臓内のミトコンドリアでは、クエン酸サイクル(TCAサイクル)でエネルギー源のATPを生成し、
エネルギーの生産が行なわれますが、この過程で、各種の活性酸素が生成されます。

皮膚と活性酸素

目、呼吸器、皮膚はごく当たり前に、直接活性酸素にさらされています。
活性酸素が原因で起こる疾患が考えられます。

 

皮膚関連の疾患には、ケロイド、火傷、刺激アレルギー性接触皮膚炎、アトピー性皮膚炎などがあります。

 

これらの疾患では、過酸化脂質や抗酸化物質の比較的短い期間に激しく関わることから、
活性酸素の関与が強く研究を通していわれています。

 

アトピー性皮膚炎の人は、抗酸化物質を活性化する力が平均値より低いことが分かっています。
そのうえ、不飽和脂肪酸の脂質を多く蓄えていて、これが活性酸素の攻撃で過酸化脂質に変化します。

 

そのため皮膚の角質層の保湿機能が弱って、
皮膚が乾燥して、アトピー性皮膚炎がさらに悪化していきます。

 

したがって、アトピー性皮膚炎を改善するためには、薬剤の塗布や摂取食品の制限という
対処療法だけだはなく、体内の過酸化脂質を増やさないようにすることです。

 

そのためには、脂肪分の摂取量を極力控えて、体内での活性酸素の発生をできるだけ抑えることです。
そして、化学物質や窒素酸化物などに侵されない生活環境を整えることが大切です。

 

育毛百科トップへ
育毛百科は薄毛や抜け毛と闘う

スポンサードリンク