スポンサードリンク

激しい運動は発生させる

激しいスポーツは呼吸量を増加させ、活性酸素の発生をうながすので、
余計に傷害を及ぼし突然死を起こす可能性があります。

 

筋肉は使わないと衰えてしまい、臓器や血管の動きも鈍くなりますので、
日常での適度の運動は必要です。

 

しかし、運動後に呼吸が著しく乱れたり、
疲れて動けなくなったりするような激しい運動は避けましょう。

 

そのようなことが起こらない程度の軽い運動を行うことがよいです。

 

活性酸素の発生と健康を考えた場合、ウォーキングなどがよいスポーツ(運動)の一つと言われています。

運動は活性酸素を発生させる

運動は多量の酸素を必要とし、それだけ活性酸素が多量に発生することになります。

 

しかも、からだの抗酸化能力は年齢とともに確実に下がりますから、
もともとは健康維持のために始めた運動が、
活性酸素による体の酸化がその人の命を縮めることにも成りかねません。

 

運動の全てが危険であるというわけではなく、若いときに運動で体を鍛えて、
骨を丈夫にし、筋肉を発達させれば、体力もついて、ケガなどの防止にも役立ちます。

 

また、活性酸素の発生がより少ないような適度な運動は必要です。

運動はウォーキング程度に

過激な運動は、確かに活性酸素を大量に発生させます。
激しい運動を長時間・長期間を行うことは、体にはよくありません。

 

ウォーキングは活性酸素の心配がない運動です。

 

ウォーキングは、いつでも、誰でも気軽にできる適度な運動として、
中高年の人にも活性酸素の心配のない運動として人気が有ります。

 

運動量は、運動の強さと運動時間の積で決まります。

 

活性酸素を生じさせるような激しい運動を避け、しかも運動量を確保するには、
軽い運動をしながらその運動時間を増やすことがポイントです。

 

活性酸素を生じさせない、軽い運動としてのウォーキングは、
普段歩くよりもやや早く歩くことを目安とし、
およそ1分間に100メートルから120メートルぐらいの距離を歩くペースと成ります。

 

この位のスピードで歩いていると、普通は数分で心拍数が120くらいにまで上がっていきます。

 

心拍数は手首のところで計ってください。
15秒間計った心拍数を4倍する方法で、1分間の心拍数を知ることができます。

正しいウォーキングとは

ウォーキングといっても何も難しいことはありません。
歩きやすい靴を履き、歩きやすい拭くそうで、歩幅を大きく取り、背筋を伸ばして歩きましょう。

 

この際に、踵からしっかり着地するように、やや遠くを見ながら、
肘を直角に曲げて腕を大きく振り、肩の力を抜いて、リズムに乗って歩くことがポイントです。

 

歩く時間は、1日におよそ1万歩とされています。

 

これは片道およそ20分から30分の道程に相当しますから、
毎日の通勤時間を有効に使うとよいでしょう。

 

帰宅時には一駅前で下車してウォーキングを行なえばよいです。
このようにウォーキングは時間をわざわざ作らなくても、いつでも気軽に出来ます。

 

また、自動車での通勤を控えたり、エレベーターやエスカレーターを利用しないで、
階段を使うなど、工夫することで方法は色々あります。

紫外線やX線は出来るだけ避けましょう

紫外線やX線は、エネルギーが強く、繰り返して人体に当たると
活性酸素を発生させ、老化を早めたり、がんのもとになります。

 

肌の細胞を分解して活性酸素を発生させるという紫外線の恐ろしさはお知らせしました。

 

貼れた戸外では、いくら帽子や傘で防御しても紫外線は避けられません。
道路や建物からの反射があります。

 

しかし、この程度の紫外線は健康のためには必要です。

 

丈夫な骨を作るためには、カルシウムとビタミンDの摂取と、
1日30分程度の適度な外出(日光浴)はよいです。

 

日向は出きるだけ避けて、日陰を選んで歩行し、
必ず帽子を被り、長袖のシャツを着てください。

 

日傘もさすのもよい方法です。
長時間太陽にさらされるような場合は、首にタオルを巻くなどして、首の後を保護しましょう。

 

紫外線の強い時期は、5月と6月で、9月ころまでは直射日光には注意が必要です。
日光に当たることの全てが悪いのではありません。

 

直接強い陽射しに当たることを極力避けることが肝心なので、間違えないようにしましょう。

 

X線(レントゲン線)は、紫外線に比べてそのエネルギーが大きいので、
レントゲン検査(透視検査)を受けるのは必要最小限にしましょう。

 

脳の働きや内臓の検査が出来る

PET(陽電子放射断層撮影法)、MRI(核磁気共鳴影像法)なども
人体には陽電子や強い磁場の影響も考えられ、
これらの最新医療機器による検査も必要最小限にするのが安心です。

 

育毛百科トップへ
育毛百科は薄毛や抜け毛と闘う

スポンサードリンク