スポンサードリンク

あなたの髪の毛の危険度チェック

育毛百科の薄毛・抜け毛・育毛とは?
栄養バランスの良い食事は髪の毛への大切な栄養分です。
女性の薄毛には、加齢、ホルモンバランス、ストレス、
不規則な生活習慣、過度なダイエットを繰り返す、
間違った頭皮ケアなどが大きく影響してきます。

 

発毛の成就率は脱毛症の進行度に大きく波及されます。
進行度1の人と進行度3の人では大きく異なのです。

 

手当により異ます。 活用製品により異ます。
使用量により異ます。
経済的なゆえん、気まぐれ人、ムラのある人、は
発毛成就率が劣っていのです。

 

発毛の成就率が99.9%でも、みずからが残りの0.1%なら、
その人には100%効かないということになり、
検査数字を原因に発毛を決定のは過失が多いのです。

 

発毛には歳月が掛かります。毛髪は、草木と異ます。
すでに死んでいる細胞核です。
その頭髪を大事にしていると発毛はしくじりします。

 

次世代の毛髪をはぐくむのが発毛です。
煩わしならやらないことです。

薄毛・抜け毛の危険度生活習慣チェック

Q01 外食やインスタント食品を食べることが多い。
Q02 たばこを習慣的に喫煙をしている。
Q03 毎日の睡眠時間が4時間以下になっている
Q04 髪を頻繁に染めたり、縮毛パーマをかけている
Q05 頭皮にかゆみがあって、脂っぽさを感じる
Q06 髪の毛が細くなった
Q07 髪にうねりやパサつきを感じるようになった
Q08 髪にハリがなくなっている
Q09 切れ毛が多くなっている
Q10 更年期に入っている(45〜50歳の女性)
Q11 食事では脂ものを多く摂りがちである
Q12 食事の時間が不規則
Q13 魚類よりも肉類を好んで食べている
Q14 野菜が不足している
Q15 お酒は良く飲む方である
Q16 どちらかというと早食いの方である
Q17 車を使っての通勤をしている
Q18 帽子やヘルメットの着用することが多い
Q19 デスクワークである
Q20 これまでに食事制限のダイエットの経験がある
Q21 ダイエットのリバウンドを繰り返している
Q22 やる気が出ないことがたびたびある
Q23 良く眠れないことが多い

何にも該当することがない方は

薄毛のリスクが低いので、今の生活習慣を守ってくださいね。
しっかり、髪に優しい生活習慣を送られています。

 

この生活習慣を持続しましょう。
しかし、女性は加齢に伴い、
経年変化や女性ホルモンのバランスが崩れるなど、
どうしても薄毛のリスク要因は増えてきます。

 

きちんと意識して生活習慣を守られることで、
リスクを軽減することも可能になります。

 

1〜9個の場合は
ひとつでも多くの生活習慣の改善をおすすめします。

 

生活習慣はまずまずといえますが、
このままでは薄毛のリスクが大きくなります。
外食が多い、喫煙習慣、睡眠時間が少ない、髪を染めている(カラー)、
頭皮の異常(かゆみ)にチェックが入っているようなら、
これらの悪い生活習慣を改善して、
他の改善にも取り組んで下さい。

 

更年期(45〜55歳)に入る年齢に方は、
薄毛が治りにくくなる年齢ですので、特に注意が必要です。

 

10〜19個の場合は
薄毛は徐々に進行していきます。
早急に生活改善を目指しましょう。

 

黄色信号の方で、
薄毛が進行している可能性が大きいからです。
食事は栄養バランスを注意し、睡眠も質を考えて、
急いで生活習慣の改善の必要があります。

 

間違っている頭皮ケアを改め、
規則正しい生活を目指してください。
薄毛が進行する危険度が高まっています。

 

20個以上の場合は
髪の毛と健康にもマイナスの生活習慣です。

 

薄毛のリスク度は高いので、
鏡でも見付けにくい部位や頭皮のダメージも
進行している可能性が大きいです。

 

すでに髪への不安が現実になっていると思います。

 

このような生活習慣では、髪の毛だけではなく、
体の健康にも悪影響を及ぼす可能性があるんで、
ご注意して下さい。

 

育毛百科トップへ
育毛百科は薄毛や抜け毛と闘う

スポンサードリンク