スポンサードリンク

消費と排出の工場が腸管

ほとんどの人は、腸が生き物だということに気づいていません。
心臓が内臓であるのと同じように、腸も内臓です。

 

活発に吸収し、分泌し、信号を送り、新陳代謝しています。

 

わたしたちが何でも好きなものを食べる自由を与えてくれますが、
わたしたちが肉食動物や草食動物ではなく、雑食の貧欲な動物であることを、腸は許してくれています。

 

自分の欲求のおもむくままに、
植物でも動物でも、一度にドーナッツ12個でも食べる自由がわたしたちにはあります。

 

これは自分の身体に入る限り、何を食べるかは腸が、わたしたちに任せてくれているからです。
しかし、この自由には責任がともないます。

 

若いころは、わたしたちは自分の身体は機械のようなもので、
自分が食べたいものなら何を食べても、細胞がエネルギーに変えてくれると思っています。

 

特に年齢を重ねると、あまり運動をしなかったりすると。
結腸がんは、症状が出づらいゆえに軽視されがちですが、実際には命に関わる重大な病気です。

 

消化管システムが上手く働くことが、あなたがより若く、よりよく生きるうえで役立ちます。

 

実にさまざまな種類の食べ物があり、わたしたちの身体がそれらに対して、
いかにそれぞれ違った反応をしているかを考えると、
わたしたちの消化管がどのように働き、何がそれを壊すのか理解しなくてはいけません。

 

身体の内側にはいくつものパイプやケーブルが折り重なっています。
動脈と静脈が血液と酸素を、そして他の栄養素を身体中に運んでいます。

 

神経は、脳と身体中から他の神経や筋肉に信号を送っています。
それから身体中でもっとも大きなパイプである消化管があります。

 

消化器パイプラインも基本的には一方が入口で、他方は出口です。

 

そして、このパイプラインには、栄養を身体中に届けるために、
実に多くの小さな出入り口があり、基本的には、上から下へと流れます。

 

ときには、胸やけや二日酔いのときなどに、
引力や病気のために食べ物や液体が逆流したりすることはあります。

 

食べ物は、食道から胃へと通過し、次に約8mもある小腸を通過し、
最後に結腸で休憩し、ついに身体の外に出る準備をします。

 

このシステムは、脳のような複雑さを持ち、
食べ物と水という外の世界とあなたがいかにかかわるかを、細かく管理しています。

 

人間は、食べるのにあまりエネルギーを使わないで、
食べ物から最大限のエネルギーを摂ることができます。

 

効率よく噛むために、
上の歯の溝は下の歯の溝と完璧に噛み合うようになっています。

 

もし歯が1本抜けると、
それと対になっている反対側の歯がより長くのびて、その隙間を埋めようとします。

 

次の利点は、食べ物を効率的に噛み砕くことのできる顎の骨です。
身体の中でも、顎の奥のてこ支点となる点と、そこから5cmほど下の部分です。

 

噛むたびに顎はmずらすのと元に戻すのを繰り返し、
足でアルミニウム缶を踏み潰すように代償も払わなければなりません。

 

あまり噛み過ぎると、顎にストレスがかかり、顎がわずかにずれてしまいます。
そのため、顎関節炎になってしまいます。

 

顎、首、目のひどい痛みから、顎関節炎にかかっているのが分かることがあります。
この障害は、若い女性の頭痛の主な原因のひとつです。

顎は、驚くほど効果的にできています

わたしたちの消化器系は、食物からのカロリーを最大限に摂り込みます。

 

このプロセスは、下顎の関節を使って口の中で始まりますが、
この関節は咀嚼筋がより強く食べ物を押し潰すことができるように、
噛んでいる間にわざとずらすことができます。

 

上下の歯は、パズルのピースのようにぴったり噛み合い、
すべての食べ物がちゃんと噛まれ、消化されるようになっています。

 

歯を食いしばったり、しょっちゅう顎に強い力を入れたりすると、顎関節炎や頭痛の原因になります。

 

育毛百科トップへ
育毛百科は薄毛や抜け毛と闘う

スポンサードリンク