スポンサードリンク

情報を集め脳が処理をします

わたしたちの脳が処理するものの約80%は、見るものからきています。
わたしたちは常に触ったり、においを嗅いだり、耳を傾けたりしているわけではりません。

 

しかし、眠ったり、瞑想をしたりしている以外は、わたしたちは絶えず目から情報を処理しています。

 

身体の中でももっとも活動的な筋肉は、脚でも腕の筋肉でもなくて、
目の筋肉だということは、あまり知られてないかもしれません。

 

目には働いている部分が200万個以上もあり、
毎時間3万6000種類もの情報を処理する能力があります。

 

それでも、情報を処理するメカニズムは目だけではありません。
感覚システム全体が多少とも窓のような働き、情報を脳に手渡す働きをするように作られています。

 

お菓子やさんから、ほのかなチョコレートのにおいが漂ってくると、空腹だと、気づきます。

 

腕に針が触ったら、サボテンから離れた方がよいと、触覚がアドバイスする、
というように感覚器官が故障しても生命に関わることはないけれど、
生活を変えるようなものになる、という点です。

 

もし心臓や脳で働くのを止めたら、あなた自身もそこまでです。
しかし、感覚器官の場合は、そうではありません。

 

感覚を失うと人生のさまざまなことが変わってしまうことをわたしたちはよく分かっていますし、
自分からそんなことをしようとする人はほとんどいません。

 

加齢に伴なう問題から、感覚器官を守る手段を講じることができれば、これら器官の
活力を維持する選択肢はいろいろあります。感覚器官はそれぞれ違う働きをしています。

感覚器官その仕組み

他のほとんどの器官は機能に関連しています。

 

生きるために働いています。
感覚器官は、あなたの身を守る役目を果たしています。

 

信号の止れの表示を見たり、煙のにおいを嗅いだり、腐った牛乳を味で分かったりします。

 

感覚器官は、主に生活の質の向上に貢献しています。
感覚器官が働いてくれるから、あなたはこういうことが好きでいられます。

 

感覚器官があるから、脳に刺激信号が送られ、いろいろな経験に浸かることができます。

目はどのように働くのか

水分を含んだ形を保つために、眼球は多量の液体を含んでいます。

 

液体がないと、眼球は空気の抜けたビーチボールのように崩れてしまいます。
この液体は、絶えず眼球の内外を循環していて、網戸のようなカバーでろ過されています

 

眼球の裏側には、多量の脂肪があり、これが眼球を前に押し出しています。
見るためには、基本的に目が外部から情報を選び出し、それを脳へ伝えます。

 

情報は、透明の膜である角膜を通り、虹彩は目の色のついた部分で、
網膜に照射される光の量を調整しています。

 

虹彩の後には、カメラのレンズのような形をした水晶体があります。

 

このすばらしい装置は光に焦点を合わせるための形を変えるだけでなく、
光のスペクトルのうち目に有害なものをろ過して取り除く働きもします。

 

角膜とレンズは光に焦点を集めて、
目の表面の裏側、網膜上に、上下逆さまの像を作り出します。

 

像が網膜に達すると、次に視神経を通して送られ、あなたが正しく、
何を見ているか脳が判断できるように180度回転されます。

 

弾力のある角膜は、水晶体が傷つくのを守っています。

 

太陽にさらされると白内障になりやすい水晶体は、
わたしたちが見ているものの反転した像を網膜に投影します。

 

緑内障になると、通常なら眼球から水分を排出する線維柱体が閉じてしまい、
水分が充満して圧力が高まり、視神経に損傷を与えてしまいます。

 

眼球の後ろ側にある脂肪の膨らみが、目を魅力的なものにしています。

白内障 水晶体が曇って視界がぼやける

白内障になる危険性を高めるものには、紫外線やたばこの煙、
糖尿病の人の余分なグルコース(動脈の老化を加速させるもの)など、さまざまなものがあります。

 

長期間のうちに視界の曇りは悪化していきます。
緑内障 眼圧の上昇で視神経が損傷します。

 

緑内障になると、目の排水システムが詰まってしまいます。
水分が排出されないので、視神経に圧力がかかり過ぎ、失明にいたります。

 

緑内障には、急性緑内障と、慢性緑内障があります。
問題になってくるのは、動脈内の血圧と眼圧との圧力の差です。

 

育毛百科トップへ
育毛百科は薄毛や抜け毛と闘う

スポンサードリンク