スポンサードリンク

筋肉が非常に大切なのは身体機能

身体中にある650の筋肉はあらゆることを行なう強さを与えてくれています。
すべての筋肉は同じように働いています。

 

筋肉は腱にくっつてて、収縮と弛緩を行なう組織からできています。

 

その仕組みを理解するために、伸縮式のはしごが伸びきっているところを想像してください。
これが弛緩しているときの筋肉です。

 

片方の端を押しつけると、はしごは徐々に動き、
カチッと音がして固定され、はしごが短くなります。

 

筋肉の緊張を解くと、筋肉は弛緩し、休んでいるときの長さに戻ります。
筋肉は、一定の緊張状態に置かれたときに働きます。

 

そして、消費したエネルギー(食物)が、緊張・弛緩するパワーを与えます。

 

運動中に筋肉がフルに緊張しているとき、筋肉は実は、
その緊張によって損傷を受けますが、その傷から回復したときに成長します。

 

筋肉にちょうどよい緊張を与えたとき(限界)が、痛みを感じるときです。
痛みはその損傷を受けた筋肉内で出される毒素によってもたらされます。

 

運動後のマッサージとストレッチは、筋肉の痛みを軽減することが分かっています。

 

それは、両者ともこの毒素を筋肉から出してリンパ系に流してしまうのに役立っています。
筋肉を鍛えすぎると筋肉が裂けてしまい、単なる痛みではなく激痛が伴ないます。

腰痛

すべての筋肉がそれぞれ異なる役割を果たしています。

 

それに応じて、捻挫、裂傷など起しやすい損傷があるわけですが、加齢とという観点から、
もっともよく見られる、わたしたちを困らせる筋肉の問題、腰痛に焦点を当てます。

 

一度でも腰痛になったことがある人なら、分かっています。
本当に何もできません。

 

歩くことも、座ることも、ベッドから起き上がるのも、何をするのも難しいのですから、
ただ横になって、頭に枕を当て、後はひたすらじっとしているだけです。

 

しかし、身体に間違ったことをしています。
48時間以上ベッドにじっとしていたら、腰の筋肉は弱くなってしまいます。

 

そして、損傷が酷くなる危険性がさらに増すこともあります。
捻挫から回復するには、筋肉をより強くし、活動させなければいけません。

 

そのためには、たとえ少しでも動かさなければなりません。
背骨はへびのようにカーブを描いた構造をしています。

 

脊椎という小さな骨からできています。
この脊椎はひとつひとつが積み重なり柱のようになっています。

 

それぞれの脊椎の間にクッションの役目をする椎間板があります。
脊椎がほどよく固い外側の生地で、椎間板がその側の中に入っているゼリー状の物質。

 

腱とじん帯が背骨全体を支えていて、脊椎それぞれの孔が並んで細長い空洞を形成し、
そこに脳の付け根から背骨の中を下まで通っている脊髄を収納しています。

 

脊髄から出ている小さな神経が脊椎の間の隙間を通って背骨の外側へ飛び出しています。
椎間板の突起「ヘルニア」は背骨にひねる力がかかりすぎて、椎間板が飛び出したときに起こります。

 

もしそれが神経のそばで起これば、脚や腕につながる神経が炎症を起します。
圧迫された神経が脊椎のある、首や背中よりも、脚や腕の方を痛いと感じさせるのはそのためです。

 

一般的な痛みは、腰の内部、あるいは周辺の筋肉の捻挫によるものです。
腰の筋肉は膝と似たような機能を持ち、体重の多くを支えています。

 

腰の筋肉は、自力であなたの体重を支えるほどには強くありません。
共同で上半身を支えている、お腹や骨盤の筋肉から見捨てられることがあります。

 

腰痛に襲われる、恐れがもっともあるのは、長時間座っていたり、立っていたりする人、
体調のよくない人、ほとんど運動をしない人、それからかなりの重労働をしている人などです

 

ライフスタイルが痛みを悪化させているか、身体の回復力を備えていないので、
腰痛から回復できません。腰の筋肉の使い過ぎか、鍛えていないのかのどちらかです。

 

腰痛は、腰や腹部を中心とした運動をすることによって防ぐことができます。

 

育毛百科トップへ
育毛百科は薄毛や抜け毛と闘う

スポンサードリンク