スポンサードリンク

呼吸のことを生活上、3つの点でしか気づかいません

息が臭いとき、切迫した危険を感じたとき、呼吸が苦しいとき。
身体の重要な換気システムは、全体の空気の流れの責任者です。

 

ヒーターやエアコンと同じで、呼吸をきちんと働いているときには当たり前と見なされるもののひとつ。
身体の換気システムの中で「肺」は本能的に空気を吸い入れ、空気を対外的に押し出します。

 

ほとんどの人は、ニコチンや車の排気ガスなど、ダクトを壊してしまうような有害物質で、
自分の身体を汚染しない限り、自分の換気システムは、生涯スムーズに機能するはずです。

 

喫煙、その他の環境汚染は、たしかに気道を攻撃する可能性がありますが、
他にも肺が酸素を取り込み、二酸化炭素を排出する働き方を変えてしまうものは、たくさんあります。

 

気道に関していえば、小さなものが大きな脅威となります。
換気ドアは、あなたの通気口から入ろうとする大きなゴミを遮断します。

 

鼻もエア・フィルターのような働きをします。
しかし、ほこりやふけなどが、通り抜ける余地はいくらでもあります。

 

バクテリアやウイルス、その他の粒子が肺に、取り込まれてしまうこともあります。
しかし、身体のシステムは、その程度のサイズの粒子なら阻止することができます。

 

肺の自然の防衛力によって得られます。
肺は、繊毛と呼ばれる小さなブラシで粒子を器官の外へとたたき出し、
咳・くしゃみ、鼻をかむなどの形でそれらを体外へ無理やり出してしまいます。

 

それでも、もっと小さな粒子、
わたしたちの目には見えないくらいの粒子は、優秀な防衛システムをすり抜けてしまいます。

 

見逃されてしまったこれらの粒子が、炎症反応を引き起こし、肺組織の一部を損傷します。
あなたを、さまざまな肺疾患の危険にさらされてしまいます。

 

あなたが今は、喘息やその他の肺の問題を抱えていなくても、気道のことや、
それからどうすればもっとも効率的な呼吸を確保できるか似ついての知識を得ておくことです。

 

簡単に思える割りに、わたしたちの多くが、
実際どうすれば正しく呼吸できるかについて、まったく分かっていないのには、驚かされます。

 

中国医学では、肺は身体全体を司さどる指揮者と見なし、
肺がリズムを決め、他のものすべては、それに従うものです。

 

ヨーガでは、全身のバランスをよくするために、
正しい呼吸方法に時間を割くのもこうした理由によるものです。

 

息を吸うごとに、どれくらいの空気を取り込んでいるかというと、
一生のうちに1000万個の風船を膨らますのに相当する量の空気です。

 

1分間に約5.7リットル消費しています。2つの肺は、大きなスポンジのようなものです。
これらは、空気が入っているときには、軽くふわふわとしていますが、濡れると動きが取れなくなります。

 

空気は、体内に入ると、気管に下がっていきます。
呼吸器が逆さまの樹木だとすると、木の幹にあたるところで、気道の始まり部分です。

 

気道は、すぐに2つに分かれ、2つの肺に流れ込みます。

 

それから、木の枝のように、気道はそれぞれ肺の中で4つに、それから8つに、
ついには何百、何千と枝分かれしていきます。これらの気道が気管支です。

 

ひとつひとつの気道の端には、肺胞と呼ばれる、小さな袋がついています。
それらの肺胞は、枝の先についている葉っぱです。

 

健康な肺には、何億という肺胞があります。

 

それぞれの肺胞は、液状の薄い層で被われていて、この薄い膜が酸素を吸収し、
二酸化炭素を排出できるよう肺胞を空けておいて、呼吸しやすくしています。

 

肺には、呼吸のプロセスに不可欠な他の部分もあります。
気管支は肺を、掃除する役目を果たしています。

 

気管支は、粘液でベタベタしていて、ほこりや細菌がくっつきやすくなっています。
肺には、繊毛と呼ばれる、細かい毛が何百万と生えています。

 

繊毛は、粘液に引っかかったものをすべて吐き出す小さなほうきのような、役目を果たしています。

 

繊毛は、高速ワイパーみたいな迅速掃除人で、絶えず前後に動いては、
呼吸をするたびに、入ってくる汚れたものを払って、肺をきれいにしています。

 

都会では、有害物質や汚染物質が多いので、
どこに住んでいるかが老化のプロセスに大きな影響を与えます。

 

重要なことは、たばこの煙は、繊毛を殺します。
肺を有害物質から守っているまさに、そのメカニズムを破壊しています。

 

健康な呼吸に影響を与える、肺の最後の部分は、肺の周りの筋肉組織です。
横隔膜は、胸腔の下にある大きな筋肉で、空気を肺の中に引っ張り入れます。

 

呼吸もまた、筋肉にコントロールされています。
開いて空気を吸い込み、それから控えめに空気を追い出している、ふいごを想像してください。

 

横隔膜を使って、より深く呼吸をするテクニックを開発することができます。

 

育毛百科トップへ
育毛百科は薄毛や抜け毛と闘う

スポンサードリンク