スポンサードリンク

えび、かに類に含まれるグルコサミン硫酸塩

関節を最高の状態で滑らかに動かしたり、
軟骨を再生したりするのに役立つサプリメントが2つあります。

 

関節の周りにある化学物質グルコサミン硫酸塩は、えび、かになどの殻に含まれています。

 

加齢とともに減少する、身体が軟骨、じん帯、滑液を作るためには、
えび、カニに含まれているグルコサミン硫酸塩が必要になります。

 

抽出されたグルコサミンを摂ることで、関節が滑らかに動くのを助け、
骨の間のクッションとして働く軟骨の柔軟性を維持することができます。

 

グルコサミンもコンドロイチンのサプリメントも両方とも、すぐに関節痛がある人の
変形性関節炎の症状を軽減させる効果があることが実証されています。

 

これらの物質が、痛みを引き起こしている
関節の炎症を抑えるアスピリンやイブプロフェンのような働きをします。

 

グルコサミン、コンドロイチンのサプリメントは、
もんもとの病気のプロセスを緩和させることで、関節を若く保つことが実証されています。

 

これらのサプリメントは、膝や股関節の軟骨を再生し、損傷した軟骨を修復します。

 

関節の柔軟性を増し、それを維持するには、
この2つが合わさったサプリメントを1日あたり1500mg摂ってください。

 

生活上のごく小さな変化が、ものすごく大きな結果に結びつくことがあります。

 

適切な食事と運動をするほかに生活上の
ちょっとした調整をすることで、骨と関節の維持をすることもできます。

姿勢を正してまっすぐに立つ

背中を支える最も簡単な方法のひとつは、腹筋を鍛えてよい姿勢を保つことです。

 

自分では、まっすぐ立っているつもりでも、
実際はわたしたちのほとんどはピサの斜塔のような立ち方をしています。

 

頭と首を後ろに引くようにして、正しい姿勢の練習をしてください。
鍵となる要素は、息を吸うときにお腹を引き締めることです。

 

こうすると胸が引き上げられ、軍人のような姿勢になります。

 

腹筋運動をるときに、あるいはエレベーターに乗っているときでも、
お腹を引き締めていると、見た目も中身も身体を若く保つことができます。

禁煙する

たばこは骨を弱くする

喫煙は、動脈に弊害をもたらし、骨にも危害をもたらします。
喫煙は、何年もかけて、骨を弱らせ、骨粗鬆症になるリスクを増加させます。

老化した動脈

高血圧、高血糖、喫煙などが原因で動脈のスベスベした内側の層が傷つきます。
身体はコレステロールを壁土のように使い、傷を補修します。

 

そのコレステロールを運んでいる、たんぱく質が悪者(LDL)なら、
傷ついた場所を攻撃するように信号を白血球に送る炎症反応を引き起こします。

 

結果、生じたプラークは炎症を起こした血塊(クロット)が突然、動脈を詰まらせてしまうことがあり、
心臓発作、脳卒中、インポテンツ、もの忘れなどを引き起こします。

 

育毛百科トップへ
育毛百科は薄毛や抜け毛と闘う

スポンサードリンク