スポンサードリンク

進化の過程

わたしたちの関節が無限ともいえる動きができるようにしてくれました。

 

身体の中でも、驚くべき部分のひとつである「関節」は、すべてが同じ決定的な
生理機能を持っていますが、個々の関節はひとつとして、同じものはありません。

 

それぞれが身体のどの部分に付いているかによって、
その特別な機能のため特別仕様になっているからです。

 

骨と骨をつなぎ、その接合部分で動くようにする。
これが、ほとんどすべての関節の単純な生理機能です。

 

じん帯と軟骨からできた蝶番は、骨がスムーズに動くように滑らかになっています。

 

また、関節は、すべてがドアの蝶番、二次元的な動くで、
前と後に動かすと、同じように機能するのではないという3点でもユニークです。

 

それから関節は、2つの相反する力、
安定性と機動性のバランスも取らなければならないのです。

 

ひざ、股、肩の3つの関節は、
わたしたちの身体の中でももっとも重要な関節だと一般的に考えられています。

 

そしてこの3つの関節は、それぞれの機動性と安定性の
関係に上手く合うように、それぞれ違った構造をしています。

 

肩の関節が、身体の中でももっともよく動く関節(腕の動き方の
多様性を見てください)である一方、股関節はもっとも安定しています。

ひざ

身体の中でも、もっとも長い2本の骨(脛骨と大腿骨)の間に位置して典型的な
ドア蝶番の役割を果たす関節で、一方の動きしかしません。後にだけで、前にも横にも回りません。

 

ひざ関節は、動ける範囲が限られている。ひざに重荷がかかっている。

 

2つのてこのような骨が引き起こすねじる力(ひねりの動きによる)などのために、
筋違いになったり、損傷を受けたりしやすいです。

 

ひざのけがでわたしたちが、もっともよく耳にするには、
スポーツ選手の前十字じん帯(ACL)裂傷かもしれません。

 

もっともよく見られるひざのけがは、半月板損傷です。

 

半月板は、ひざの真ん中にある軟骨ですが、
衝撃吸収剤としての働きだけではなく、その他にもいくつかの機能を持っています。

 

軟骨の表面部分を増やすことによって関節が滑らかに動くようにする働きがあります。
吸引力アップのようなその形で、平らな脛骨の上に丸い大腿骨を上手く乗せ、安定性に一役買っている。

 

また半月板は滑液を出して軟骨の細胞を養っています。
半月板損傷は外傷からも起こりますが、使い過ぎやスクワットなどの単純な動きが原因でなることも。

 

半月板は歩くときに衝撃吸収剤として働いているので、それが裂けてしまうと、
そこに炎症が起こり、強い痛みを伴ないます。医師は、MRIを使って診断します。

2つの肩の関節は、それぞれの3つの骨(鎖骨・肩甲骨・上腕骨)からなっています。
基本的なこれらの骨から腕にいろいろな方向に回る能力を与えています。

 

上腕骨の上部は肩の内部の浅い骨の棚の上、
ちょうどゴルフボールがティーの上に乗っているように乗っかっています。

 

たやすく脱臼してしまう肩もありますが、それは書けたティーの乗っているゴルフボールのように、
上腕骨の上部が損傷を受けた関節からすべり落ちてしまうからです。

 

この構造のお陰で肩は、広範囲に動けるし、クラブを振ったり、テニスをしたり、背泳ぎをしたりできます。

 

しかし、この広範囲に動けるということが、脱臼しやすいことにもなります。
物を投げる動作をするスポーツをしている人が、もっとも肩の関節を傷めやすいです。

 

回旋腱板損傷は、ふつう肩の骨の周囲にあつ筋肉や腿の筋違いがや裂傷です。

 

肩はじん帯や筋肉と緩やかにつながっているので、非常に柔軟性がありますが、
その柔軟性のせいで、伸ばしすぎると、回旋腱板に裂傷ができやすいこともあります。

 

診断は実際に動かしてみて行ない、その後MRIで確認します。
治療法は半月板損傷の場合と同じです。

 

肩の問題は、動かすときの腕の位置に気をつけることで、大抵は回避することができます。
自分の視線より外側に手を持ってくることを要するような運動は避けてください。

 

そのような姿勢をすると、肩を回しすぎるため、脱臼しやすくなります。

 

育毛百科トップへ
育毛百科は薄毛や抜け毛と闘う

スポンサードリンク