スポンサードリンク

ビタミンDとマグネシウムがカルシウムの吸収を促す

カルシウムが絶対時間通りに、骨に届かなければならない成分だとしたら、
ビタミンDはそれを確実に指定の時間に届ける宅配便のようなものです。

 

ビタミンDは、骨にカルシウムが吸収されやすいように補助する働きをしています。

 

カルシウムが、骨の中でしっかり止まっていられるように、カルシウムを骨に効率よく運んでいます。
ビタミンDは、骨の健康に必須であるだけでなく、関節にもよいです。

 

体内のビタミンDが、多い人は、少ない人に比べて関節の故障が少なく、
ビタミンDとカルシウムの量が少ない人は、3倍も関節炎になりやすく、老化しやすいです。

 

ビタミンDは、日光・食物・サプリメントの3つから摂ることができます。

 

太陽の光が、化学反応を起こし、不活性ビタミンDを活性ビタミンDへと変えるのですが、
ほとんどの人は、ビタミンDの必要量を得るほど長く日光を浴びていません。

 

長時間日光にさらされると、皮膚がんになる危険性を高めることにもなります。
日焼け止めクリームは、ビタミンDの変換をもブロックします。

 

太陽のエネルギーの弱い地方では、ビタミンDを活性化したものへと変換することができません。

 

わたしたちの大多数は、1日中外に座っていたとしても、
太陽から十分な活性ビタミンDを取ることができません。

 

そこで、食物とサプリメントから摂るのが妥当になります。

 

魚介類などの食物には、自然のビタミンDが豊富に含まれていますが、
牛乳、100%のオレンジジュース、シリアルなどの食品は、ビタミンDを強化したものを購入しましょう。

 

ほとんどの人は、推奨量を摂取するほどのたくさんの牛乳やオレンジジュースを飲んだり、
シリアルを食べたりしないで、必要量を満たすには、サプリメントで補う方がいいでしょう。

 

マグネシウムも摂取して、マグネシウムは神経機能に対する、
カルシウムの効果のバランスをよくする働きがあるからです。

オメガ3脂肪酸

関節の炎症を抑えるオメガ3脂肪酸は、さけ・まぐろなどの魚や、クルミ、キャノーラ油、
アボガド、オリーブオイルなどに含まれる、良質の脂肪は、身体どの部分にもいいのです。

 

オメガ3脂肪酸は、身体のための防錆潤滑剤だと思ってください。
オメガ3脂肪酸は、関節の機能に必要な潤滑油を供給すると考えられています。

 

関節の働きが滑らかであれば、老化に伴って現れる
関節の擦れ、きしみ、痛みを経験することもあまりありません。

 

オメガ3脂肪酸には、関節の炎症を抑える働きがあることが、度重なる研究により実証されています。

 

関節の炎症を起こしていない人に対しても、オメガ3脂肪酸に関節の老化を防ぐ効果がどうか分かっていませんが、少なくとも週2回魚を食べることで、オメガ3脂肪酸を、摂るようにするといいです。

 

クルミを食べるのも、オネガ3脂肪酸のよい摂取法です。
魚油や魚のたんぱく質は、半月板の再生をさせます。

 

あなたが痛みのひどい、半月板損傷や慢性的な半月板の不調を訴えているなら、重要なことです。
もし魚が嫌いなら、魚油のカプセルを試してください。

 

1日あたり3gで、週1回370gの魚を摂るのに相当します。

ビタミンCは、骨量が減るのを防ぎます

骨粗鬆症に関する調査のほとんどは、ビタミンDとカルシウムに関するものですが、
多くの研究がビタミンCの役割に注目しています。

ビタミンCは万能

強力な抗酸化作用から免疫を活性化させます。
さらなる研究により、ビタミンCには骨粗鬆症にともなう、
骨量の減少や加齢にともなう、軟骨の不備を防ぐ働きがあることが示されています。

 

関節の軟骨に修復が必要な場合、軟骨を若く保つ修復のため、ビタミンCが必要なのです。
1日あたり600mgのビタミンCを、食事とサプリメントの両方で何回かに分かて摂りましょう。

 

ビタミンCの摂り過ぎ、1日1300mg以上は、逆効果を引き起こしたりするので、気をつけてください。

毎日多量のたんぱく質を食べている

1日に140g以上(1日に鶏肉、魚、牛肉、豚肉のいずれかを450g、あるいはナッツ類約1kg)。

 

余分なたんぱく質は、カルシウムを吸収させずに、
身体から排出するので、骨に危害を与えると考えられています。

 

同じことが、炭酸飲料やカフェイン入り飲料にもいえます。
カフェインは、身体がカルシウムを使う機会がくる前に排出してしまうのです。

 

炭酸飲料を340g、コーヒーを110g飲むたびに、
そして110gのたんぱく質を摂るたびに、10mgのカルシウムを追加補給しましょう。

 

育毛百科トップへ
育毛百科は薄毛や抜け毛と闘う

スポンサードリンク