スポンサードリンク

問題は空気を外に出すとき

気管支がクリップで締め付けられているようになります。

 

この締め具には、いろいろなサイズや強さのものがあるので、
気道の障害の程度もさまざまですが、中には危険なものもあります。

 

喘息の予防やコントロールにはさまざまな選択肢があります。

 

薬でいったん障害物が取り払われると、空気が開放されて、スムーズに呼吸ができるようになります。
喘息は、人生のどの時点ででも始ります。

 

喘息は本来老化と関係のある病気ではありませんが、喘息と老化との関わり合いは重要です。
どういうわけか、多くの病気が最後に通る道は肺です。

 

肺炎は、昏睡状態にし、酸素不足から心臓のリズムが異常をきたして、
それから致命的になると、苦しまずに死ねるから、肺炎は老人の親友といわれます。

 

喘息は複雑な病気で、
環境(ハウスダスト、ダニなど)、ライフスタイル(どこに住んでいるかで有害物質にレベルが決まる)、
遺伝(両親にアレルギーがあれば、子どもの少なくとも25%は喘息になる)などの
要因が混ざり合って発症します。

 

たとえ喘息の遺伝的要因を持っていても、
喘息の症状やそれがもたらす障害をコントロールすることはできます。

 

これらの症状は、何度も急性発作を繰り返すことにより、慢性の炎症が起こるのが原因です。
喘息は、花粉などのアレルゲンが気道に入ったときに始ります。

 

花粉が繊毛に引っかからずにすすんでいくと、肺に入り込んでしまいます。
あなたの身体は異物に反応して、免疫細胞をその部分に送り込みます。

 

その免疫細胞が花粉にくっくと、爆発し、粘液が肺へと移動し、
化学物質が局所およびその周辺の筋肉に集中します。

 

こうなると、その部分の筋肉は赤く腫れ上がり、けいれんしやすくなります。

 

そのため、気管支が締め付けられて、肺胞内に空気が溜まり、
小さな開放部から空気を押し出そうとして、笛のような音が出ます。

 

もちろん、喘息で一番恐いのは発作です。
喘息が軽くても、ひとつの発作で(呼吸が困難になる期間)は数分から数日間も続くことがあります。

 

ひどい発作は命に関わりが、だからといって発作の恐怖におびえて、
生きなくてはならないということではありません。

 

実際、多くの治療法のお陰で、喘息患者さんも、ごくふつうの生活を送っています。

 

発作の引き金となるものを避けるようにすることが、一番いいんですが、
発作に襲われても気道を広げる薬の力を借りることもできます。

 

よく使われている薬のカテゴリーのひとつが、気管支拡張薬です。

 

これは、気道の筋肉を弛緩させる吸入薬で、気道を大きくして空気の通りを作るものです。
車の排気パイプのための新しいフィルターやクリーナーのようなものです。

 

もうひとつ、よくある処方は、ステロイドの吸入です。
ステロイドは、呼吸システムの管理者です。

 

ステロイドはその部分の炎症を鎮めることによって、
気道に静かにするようにいいきかせ、症状が起こるのを防ぎます。

 

そして、炎症が原因となって起こる老化をも予防します。

アレルギーとは

喘息は、たばこなどの刺激や、ストレスなどの神経的な要素、
あるいはアレルギーなどによって引き起こされます。

 

アレルギーは、ほとんどの人では症状の出ない、物質に対する免疫系の過剰反応です。

 

  • 肌の発疹(ふつうは化学物質から)
  • 鼻水、鼻づまり(ほこり、花粉など)
  • 目のかゆみ(ほこり、花粉、マスカラなど)
  • 胃や腸の不調(食物アレルギー)
  • 咳、息が浅い、喘鳴、その他呼吸系の苦痛(何らかのアレルゲン)

症状を制御できない

発疹や目の充血など、アレルゲンはさまざまな所に現れますが、
肺に影響するアレルギーは、命に関わることもあります。

 

アナフィラキシー反応と呼ばれています。

 

スズメバチの毒に対してアレルギーを持っていると、血管が拡張して血管の壁の隙間から
血液中の水分が漏れ出し、空気の通り道である気道の周囲が水分で満たされてしまい、
そのために気道が狭くなって空気が通過できなくなります。

 

漏れ出た水分が気管を締め付けるために、気管が狭くなり、空気が通れなくなります。
気道を広げる迅速な処置が必要です。

アレルギーを治療する3つの基本方法

薬物、アレルギー注射(免疫療法)、アレルギーの原因となるアレルゲンを避けること。

 

自分でアレルゲンが分かっている場合には、忌避をすすめますが、
呼吸反応を引き起こすアレルギーがある場合は、自分で注射すると、
気道が確保でき、治療を受けるために病院へ行くまでの時間をかせげます。

 

育毛百科トップへ
育毛百科は薄毛や抜け毛と闘う

スポンサードリンク