薄毛や抜け毛にルナレストル育毛シャンプー

薄毛や抜け毛にルナレストル育毛シャンプー

スポンサードリンク

皮脂が多い・毛穴が、詰まっているといわれた頭皮

比較して、頭皮状態や症状は、色々な状況が
加わって発症していることがわかります。

 

分け目が広がる 頭頂部の薄毛 頭頂部の薄毛

 

毛髪を育てるルナレストル育毛シャンプー

育毛剤の効果を発揮させる脇役がシャンプーです。

 

初期の育毛には育毛剤よりシャンプーのほうが重要な役割。
シャンプーは大切で、育毛に使われるシャンプーは氾濫していて迷うと思います。

シャンプー剤の目的別の選び方

コンディショニングタイプ

髪の損傷予防損傷毛の保護と補修市販のほとんど、洗い上がりの感触を重視。

 

育毛用、頭皮用

弱っている頭皮の育毛環境を改善する目的。

 

成分別

アミノ酸系 高級アルコール系 石鹸系

特性があり、目的や状況により選び、優劣は考えない。

 

イオン別

陰イオン系 両性系 ノニオン系 他に陽イオン系

殺菌や帯電防止を目的

 

由来別

石油系 天然由来シャンプー

「育毛にいいシャンプー剤情報」は氾濫、理論的には優れているが、根拠や裏付けデータがない情報です。

指定成分カットと育毛の関係とは

指定成分カットとか、パラベンを神経質なほど気にする人がいますが、これは無意味です。

 

これらの成分でかぶれた経験があるなら要注意です。
ほとんどの人には影響ありません。

 

シャンプーは「きれいに洗い流す」ので、
それらの成分が影響して毛が抜けるとか薄くなるなんてことはありません。

 

かえって配合してない商品は保存性や安定性に問題があり、
風呂場のような湿気の多い所では雑菌が繁殖しやすいです。

石鹸シャンプーと育毛の関係とは

石鹸系シャンプーは「界面活性剤を使ってないから」と売り込んでいます。
広い意味で石鹸も界面活性剤です。

 

界面活性剤は「浸透作用」や細胞を殺す作用もあり、
それらの性質を応用して殺菌剤として使われています。

 

帯電防止作用を応用してリンスやトリートメント、整髪料にも配合されています。

 

毛を傷めることがすくない男性は、リンスやトリートメントを使う理由がなく、
進行が激しい薄毛脱毛はリンスやトリートメント、整髪料は禁止です。

自然の成分と育毛の関係

シャンプー皮膚

顕著な例、頭皮が赤っぽいとか、かゆみがあり、ふけが多くなるなどのケースは多く。
ミノキシジル製剤を使用しているときは頭皮の状態を見て、シャンプー剤を選ぶ必要があります。

 

シャンプーは毎日使うだけに、頭皮に合わないと、
毛は細くなり寿命が短くなって薄毛や抜け毛は進行します。

 

石鹸系は育毛にいいの?

石鹸系にはいい特性もあります。他のシャンプーより育毛に有利ということはありません。

 

石鹸系はpH調整剤で酸性にしているケースが多く、
アルカリ中和能の低い頭皮(女性)や、髪がゴワゴワする欠点があります。

 

シャンプー剤は選び方より使い方も大切

成分や品質を追求しても「メーカーが本音を知らせてくれる」ことはなく、
断片的な知識はかえって本質を見誤ることが多いです。

 

シャンプーの品質や成分を追求するより「使い方・毛を育てるシャンプー法」をマスターすることです。
シャンプー剤で洗った後、髪の感触がよくないとシャンプー剤は売れません。

 

多くの人に買ってもらうため、洗い上がりの感触を重視しています。
感触が良くなる成分を髪に残留するようにつくられています。

 

この残留成分が、頭皮や毛穴に進入して薄毛や抜け毛の原因となったり、
頭皮や毛穴の育毛環境を阻害します。

育毛の成果はシャンプーで決まり

ルナレストル育毛シャンプー
ヘア用シャンプーは、髪の保護と修復が目的でコンデショニング剤が
多く配合されており、薄毛や脱毛症には全く配慮はされていません。

 

育毛剤を使っても、効果は相殺されるかマイナス面が多くなります。
毛をなくしたくなければ「育毛を目的としたシャンプーを使う」ことが基本です。

 

指定成分や自然成分にこだわらず、
処方設計にこだわり「毛を増やすシャンプー」を選んでください。

 

ルナレストル育毛シャンプー」を使うことで、改善率が高く、頭皮や毛穴の内部に浸透しにくく、
皮脂腺を肥大させないので、皮脂を増加させません。

 

弱った頭皮にも刺激が少なく、頭皮や毛穴に余分な成分をほとんど残留しません。
コンデショニング剤は無配合です。

育毛百科相互リンクサイト

育毛剤×抜け毛
抜け毛解消にはどのような育毛が大切か 効く育毛剤の厳選、最適な育毛ケア 抜け毛の原因を詳しく紹介。

 

育毛百科トップへ
育毛百科は薄毛や抜け毛と闘う

 

ページのトップへ戻る

ページのトップへ戻る


ホーム RSS購読 サイトマップ