薄毛や抜け毛は1本の育毛剤では無理

薄毛や抜け毛は1本の育毛剤では無理

スポンサードリンク

医薬品の育毛剤を使った経験のある人は多いと思います

不満や副作用を訴える人も多いのも事実です

 

薄毛や抜け毛が進行してあわてている人も多く、育毛剤の特性を知らないことから起こっています。

 

頭皮がかゆくなる
うぶ毛しか生えてこない
うぶ毛が太い毛に育たない

 

育毛改善前の頭皮 育毛改善中の頭皮 育毛改善後 約14ヶ月の頭皮

 

上の3枚目の写真のように、頭皮回復手当てをすれば、
よじれたり茶色がかった毛は、直毛になり黒っぽく改善されていきます。

育毛剤の限界を知ってください

育毛剤はアルコールローション、育毛効果に優れてはいるが次の限界もあります。

 

異常のある頭皮を、保護し回復させる作用がない。
刺激が強すぎるためかぶれやかゆみを伴うことが多い。
アルコールが一時的に皮膚温度低下をまねくので女性の薄毛には不利。
皮膚が防御膜を形成し、続けて使っていると効果が低下する。

今日から育毛剤探しは止めてください

育毛製品の成分や効き目を質問するメールがくるが相手にしません。
理論的な効き目だけで毛が生えてこないから、メーカーも使用者も苦労し研究しています。

 

それにつけこんで画期的な効果のある育毛剤など手の込んだ偽育毛情報が流されています。
国単位、有名な大学や博士を抱き込んで大がかりに宣伝をしています。

弱った頭皮に育毛剤が効く条件とは

育毛剤はローション、弱ったり傷ついた頭皮や毛穴を保護・補修する作用はありません。
頭皮を回復させてから使うほうがもっと効果的です。

 

浸透効果をよくするため、頭皮や毛穴の緊張がゆるんだ状態、
温度や湿度で毛穴が開いた状態で使うこと。

 

浸透速度は速いが、効果の持続時間は短い、持続時間を長くする使い方を育毛無料相談で、
手当てを始めている方には指導をしています。

 

育毛剤には慣れがあります。
続けて使うことで効果は低くなる傾向が強く、慣れを解消する使い方を知って、使いこなすことです。

育毛剤の効果を持続させる頭皮マッサージは実行する

育毛剤を使うときに頭皮をブラシでたたいたり、強く刺激するマッサージは逆効果で、
弱っている毛細血管を切断したりかぶれやすい状態になることもあります。

 

育毛剤の効果を上げる、頭皮マッサージ法は、
頭皮を両手で挟んで頭皮をゆっくり持ち上げるようにして、ゆるめていきます。

 

緊張した頭皮に、いきなり育毛剤を付けても効果は少ないのです。
頭皮の緊張をゆるめるために、頭皮マッサージをこころがけてください。

 

シャンプーブラシを頭皮に当て、頭皮を静かにゆりうごかすようにマッサージすると効果的です。
シャンプー後や育毛剤を付けた後に実行してください。

 

封鎖密閉・温熱効果は、育毛剤の育毛成分を頭皮に吸収効果があります。

 

育毛百科トップへ
育毛百科は薄毛や抜け毛と闘う

 

ページのトップへ戻る

ページのトップへ戻る


ホーム RSS購読 サイトマップ