薄毛や抜け毛の育毛

薄毛や抜け毛の育毛

スポンサードリンク

老化現象といわれた髪の毛のなくなる現象

炎症うっ血のある頭皮
老若男女に問わず、薄毛や抜け毛は大問題です。

 

「髪の毛を失わないためには髪の毛を傷めないこと」
これに尽きるというのが私の主張です。

 

充分な手入れをしている、ヘアケアをしていると
「髪の毛いじり」は「髪の毛のためにはなっていない」と言えるものです。

 

髪の毛に適当な量の皮脂がないと「傷んだ髪の毛」になります。
パーマ、ヘアダイに使われる化学薬品で、髪の毛は多少なりとも傷みます。

 

髪の毛は痛くもかゆくもないが、皮膚が傷ついてはいいはずがないはずです。

薄毛や抜け毛の育毛法の注意事項

環境の変化に弱く、すぐ悪化しやすい。
頭皮をやすませる、ルナレストルセリピッド=頭皮料で保護。
多くの商品はアレルギー体質を考慮していない。
薄毛や抜け毛の脱毛症は波があり、手当をしていても悪化することがある。
体の中からも育毛環境をよくする手当が必要。
使い方をマスターする。とくにシャンプー、育毛剤です。
シャンプーや頭皮クレンジングによる皮脂の取りすぎは逆効果。
薄毛が心配な人はリンスやトリートメントの使い方に注意する。
シャンプーの使いすぎ、回数が多いのは逆効果。
効果のある薬効成分より、効果のある使い方をする。
効果は通常より遅いと考えてじっくり手当を継続する。
過剰な手当はかえって頭皮や毛を弱らせる結果になります。
通常の使い方はアレルギー体質には無理なこともあるので注意。

ふけは頭皮の角質細胞がはげ落ちたもの

頭皮の炎症やうっ血が取れて白く健康になり、毛質もしっかりとして立ち上がりがよくなって、色も黒々

皮膚を作っていた細胞が、つながりを失った時点で不要な垢となります。

 

ここに皮脂や汗からの分泌物がまじって、
悪玉の細菌が繁殖しやすい環境をつくります。

 

ふけがたまるとかゆみがでるのはそのため、
細菌やかびが繁殖する温床となりやすく、頭皮の炎症や吹き出物を引き起こすします。


育毛はマイナス消去法

薄毛や抜け毛の脱毛症の第一の因子は男性ホルモンですが、
和らげる成分が育毛剤に使われることが多いのです。

 

それらの成分の効果には限界がわかり高価な育毛剤で
うぶ毛が硬毛に育たなく苦労している人が多いです。

 

毛穴が詰まっている。まれなことで、詰まることはありません。
皮脂が多い。
脂漏性タイプ。皮脂を除去しても薄毛や脱毛症は改善しません。
薄毛なのにリンスやトリートメントやムースなどの整髪料を使っている。
いきなり育毛剤を使う。まずは、頭皮を回復させてから、育毛剤を使います。
男性もカラーやパーマが、原因で薄毛が発症します。

薄毛や抜け毛の脱毛症は、本格的に手当をすること

薄毛や抜け毛の脱毛症は、進行性です。

 

発症すると改善するには時間と労力を要ます。回復させるにはもっと長い時間がかかります。

 

育毛百科トップへ
育毛百科は薄毛や抜け毛と闘う

 

ページのトップへ戻る

ページのトップへ戻る


ホーム RSS購読 サイトマップ