鉄欠乏性貧血と冷えの関係

鉄欠乏性貧血と冷えの関係

スポンサードリンク

血圧とは

心臓が体の各部分に血を送り出す力を数値で表したものです。

 

心臓が収縮し、血液を勢いよく送り出す瞬間の血圧は上の血圧、
心臓が拡張したときの血圧が下の血圧です。

 

低血圧は、心臓から血を送り出す力が弱いということです。
勢いのない血液では、体の隅々まで血が行き渡りにくいため、手足が冷えます。

 

朝起きたとき、脳まで血が巡らないためふらふらすることも。
上の血圧が100以下、下の血圧が60以下を低血圧といわれます。

 

体質によって、数値が低くても体調がよい人もいます。
低血圧と診断されても冷え性でない人もいます。

貧血とは

血液の中の赤血球は、鉄が足りないと働けません。

 

働きの悪い赤血球がたくさんあっては、酸素や栄養は体の隅々まで行き渡りません。
酸素や栄養分が運ばれないと、細胞の代謝ができなくなります。

 

エネルギー代謝=熱発生もしにくくなるため、冷えが生じます。
ひどいと、立ちくらみ、目の前が真っ暗になって倒れる、といった症状が起こります。

 

顔色や唇の色が悪いというのも貧血の人の特徴です。

低体温とは

個人差がありますが、平熱で36度以下の場合、低体温の疑いがあります。

 

体温が低いということは、体の熱生産性が低いということです。
体全体が冷えているということですから、体は十分に働くことができません。

 

当然、体の末端も冷えてしまいます。
冷えは、体全体にさまざまな悪影響を与え怖いです。

 

冷えや低体温は、血液不全や免疫低下を誘導し、あらゆる病気にかかりやすくなります。

 

春、暖かくなったところで、すぐ冷房したり、冷たいものを飲み過ぎたり、
露出した服を着たりすると体温は低下していきます。運動不足も行けません

 

交通機関の発達が、ますます運動不足になり、ケガ発生率が2倍に増えています。

 

快適、便利になることは助かりますが、変動動物になったり、すぐケガをするようになっています。
生活の中で、できるだけ体を動かし、自然の中で過ごすことも重要です。

冷えの原因とは

女性の間に冷え症が増えています。夏の冷房が一番の原因になっています。
夏には暑い外気に対し、体を冷やす、自然の体温調節機能が働きます。

 

夏は体が冷えるような仕組みになっています。
寒さに対する準備は全くできていません。

 

そこへ冷房がダメージを与えます。
寒さを防ぐ力が無い夏の体は、冷房で冷やして一度に二つの打撃を受けるので、心底冷えてしまいます。

 

カーディガン、ひざ掛け、ひざの対策をしていても腰は無防備になっています。
腰の冷えは骨盤内部の臓器の働きを悪くし、体の不調を引き起こします。

 

冬には、体を温めようという機能が働きます。
冷えに対する防御ができる状態です。

 

冬は、暖かい服装をして、暖房を使うことができます。
もともと体が持っている体を温める力があれば、冬の寒さを跳ね返せます。

 

冷え性でない人は自然の作用が働きます。
夏の間に体の芯まで冷やしてしまった人は、体を温める力、寒さに対する防御能力が低下しています。

食事が冷え性を招くこととは

人間は、生きていくすべてのエネルギーを食事から摂取しています。

 

朝食は一番大切です。食べると内臓が動き出し、血の流れが良くなります。
朝ご飯を食べずに活動すれば、体は省エネルギーで動き出すしかありません。

 

エネルギーの生産性が低いので、血流の循環は悪いままです。
きとんと食事をすることで、体全体が働き始めます。

 

冷え症の人は、体を温め、短時間でエネルギーに変わる朝ご飯を食べてください。
お米のご飯、具たくさんの味噌汁、納豆という和食が理想です。

 

お米が効率よく体が温まります。
時間がなく、慌てて食べる食事は体にとってよくありません

 

ゆっくり、良く噛むことが大切です。早食いは、消化吸収が悪く、胃腸に負担をかけます。

 

イライラしたり、不安な気持で食べることも消化吸収には良くありません。
時間をゆったりと楽しく取る、食事の時間は体にも心にも良い状態です。

 

中国・上海の料理店は大きなテーブルにたくさんの料理とお茶そして、楽しい会話があります。
とてもにぎやかで、食事の時間を楽しんでいます。

 

育毛百科トップへ
育毛百科は薄毛や抜け毛と闘う

 

ページのトップへ戻る

ページのトップへ戻る


ホーム RSS購読 サイトマップ