スポンサードリンク

毛を保護・補修する目的とは

コンディショニング効果を期待して使う商品

ヘアシャンプー、リンス、トリートメント、各種整髪料、ムース

洗い上がりや風合い、感触を優先させた設計で、髪の毛にはいいが頭皮に付着すると不利となる成分が、配合されており、薄毛・脱毛には全くの配慮していません。

 

リンスは髪のために良いと思い込んで使う人がいます。

 

サラッとなる、枝毛を薄い膜をつくることで健康な髪にと思いがちです。

 

リンスは、洗濯のときの柔軟仕上げ剤と同じ、たいへん吸着しやすく髪の毛に残ります。残るようにつくられているからリンス。

 

これが地肌に残るのが大問題です。

 

リンスには刺激性があり、刺激成分の陽イオン界面活性剤は、リンスには使えても、女性がお肌に直接つける化粧品には使用できません。

毛を育てるため、増やすために使う商品

ルナレストルセリピッド=頭皮料、育毛剤、ルナレストル育毛シャンプー、レストルスカルプケアトリートメント、マトリックスローション

頭皮や育毛に関連する組織に働きかけ、髪の毛を育てる成分で設計されており、感触剤などで育毛を阻害する成分は配合されていません。

皮膚を守る大切な役目の角質層

その表面にはさらに皮膚膜があり、水分の蒸発を防いでおり、洗うということは、最後の皮脂膜と関係があります。

 

皮脂、汗、角質の中の成分などが混じりあった複雑なもので、薄い膜が殺菌や汚れに対しての保護もしています。

 

空気にふれ酸化により変質して、体からせっかく良い皮脂が出ても時間がたてば硬くなり、酸性になってきます。

 

皮膚の表面は弱酸性になっています。

 

肌にはアルカリを中和する機能も備わっています。

 

頭皮の垢であるふけは古くなった角質や皮脂の変化したもの、増えるということは新陳代謝が、活発になっているということです。

お菓子は味がおいしくないと売れないように

シャンプーやリンスなども洗い上がりの感触がよくないと売れません。

 

コンディショニング剤を配合し、それが髪に付着しやすいように設計された商品を販売しています。

 

薄毛や脱毛症の心配のない人は、いいのですが「薄毛になるおそれのある人、薄毛の人」は、こうした成分が頭皮や毛穴から浸透して薄毛や脱毛は確実に進行します。

 

薄毛や脱毛を改善したい人は次の注意が必要です。

 

コンディショニングを目的とした商品は使わない改善中は、毛を育てる商品のみで改善します。

育毛の専門家からアドバイス

髪の毛の量感がなくなり、
地肌が透けて見えるようになると整髪料を使う人がいます。

 

お待ちください、薄毛や抜け毛や脱毛を進行させます。

 

整髪料の中には界面活性剤やコーテイング剤など頭皮や髪の毛に損傷を与える成分が配合され、育毛環境は悪くなります。

 

整髪料は使わないようにしてください

使う場合は、頭皮に付着しないよう使うことが大切です。

 

シャンプー時にはしっかり洗わないと、コーティング剤のこびりつきが落ちません。

 

髪の毛や頭皮にもよく、感触もよく育毛にもいい商品はありません。

 

整髪料の皮膜により炎症のある頭皮
炎症を起こしている。
整髪料の皮膜が付着して毛口や頭皮が閉塞状態。

 

 

 

 

 

 

頭皮の炎症か鎮静化している
頭皮の炎症が沈静化。
毛穴がすり鉢状に広く開いている。

頭皮回復から始めましょう

薄毛の80%以上が頭皮に異常があります。

 

悪化した育毛環境ではいい毛が育つはずがなく、続くと頭皮や毛は次第に弱ります。

 

整髪料の成分が毛、毛穴、頭皮に付着、整髪料が育毛に不利となるのは、髪だけでなく毛穴をふさぎ、頭皮を刺激するためです。

 

配合されている界面活性剤などが、炎症の原因や頭皮と毛を弱らせる原因です。

 

このような状態の頭皮は、育毛剤が効かないばかりか、手当をすることで頭皮が弱り薄毛や抜け毛や脱毛を進行させます。

 

育毛とは、頭皮を育てることです

毛を直接育てることだけでなく、毛が育ちやすい環境をつくることです。

 

逆をいえば毛が少なくなるのは、頭皮に異常があるからで、その異常を正していくことで毛は回復してきます。

 

男性型脱毛症は強い因子なのでいったん発現するとシャンプーして育毛剤をつけるくらいの手当では進行していきます。

 

薄毛脱毛は、老化型の薄毛です。

 

これからの手当は、老化防止と機能回復を目的とした手当法を組み入れることが必要。

 

よく観察すると頭頂部の髪は細くなり、毛髪の量感が減ってきてシャンプーした後などに地肌が透けて見えるようになっています。

 

こうした頭皮や毛穴の老化による毛の減少や寿命が短くなるのを防ぎ、回復させるための手当てをしてください。

 

育毛百科トップへ
育毛百科は薄毛や抜け毛と闘う

スポンサードリンク