もし、あなたの頭皮が弱っているときには、ルナレストル育毛シャンプーを2倍に薄めて使ってください。

毛穴の中に薄毛の原因があります

スポンサードリンク

界面活性剤が浸透するとき、汚れも一緒に浸透させます

界面活性剤が浸透するとき、汚れもいっしょに浸透させる

シャンプーやリンス・トリートメントの界面活性剤は浸透作用が強く、
毛穴に浸透し髪の毛を細くしたり、4〜6年ある髪の毛の寿命を短くします。

 

  • 界面活性剤が残留して薄毛を進行。
  • 汚れ老廃物が界面活性剤と共に入り込む。
  • 古い皮脂の過酸化脂質が薄毛を進行。
  • 雑菌の繁殖、リパーゼの増加、刺激物の増加。
  • 次に生えてくる毛を攻撃。
  • 角化が促進(内根鞘皮、外根鞘皮の角化による脱毛)。
  • 老化を早める。

 

特別な方法で、毛穴の内部の掃除をしてみると、シャンプーやリンスなどの界面活性剤、
整髪料などの成分、角質の断片、水道水などの重金属で汚れています。


界面活性剤についてここから学びましょう

界面活性剤を浸透させない

毛穴や頭皮に浸透しにくい、ルナレストル育毛用シャンプーを選びましょう。

 

  • 毛穴に残留している界面活性剤や老廃物を排出しやすくする。
  • 雑菌を繁殖させないよう、頭皮を弱らせない。
  • 角化(ふけ、広汎性脱毛の抜け毛が多い)のときは、頭皮料で毛穴の内部改善。

 

鼻炎は「体に余分な水がたまり(水毒状態)冷えがあると考えられるので、
育毛の手当だけでなく、体を温め、汗をかいて余分な水を取る方が育毛効果にもいい影響を与えます。

 

このように体の中は直接的間接的に影響し合っているので、育毛剤だけの手当や局所的な手当だけでなく、
「体の健康」も考えたほうがいいです。


東洋医学では冷えのある人は見ただけで分かります

冷えが頭皮や血管、血流、古血、水毒、気の滞り、などに影響し薄毛の進行や育毛効果に大きく影響しています。

 

それらを改善する経絡指圧やマッサージ、それに温浴法、体の中からの養生法をすることで育毛効果は上がります。
体が温まり、血流がよくなり、胃の冷えが改善され自律神経の低下も改善されるので、育毛効果が早まります。

 

水毒とは

水の滞りにより、内臓機能が低下したり障害を起こすことです。
また、分け目が広がる人は、ダイエットしたり皮膚の老化による例が多いです。

 

分け目をいつも同じにしていると広がってくるので、分け目を変えて、頭皮の老化を防ぐため、
お顔マッサージとおなじように、ルナレストルセリピッド=頭皮料をつけてから、頭皮マッサージをしましょう。

 

すると、頭皮は柔らかくなり、分け目も回復してきます。

 

頭皮が弱りおとろえているときは、かならずルナレストル育毛シャンプーを使い、
リンスやトリートメントの替わりに界面活性剤の入ってない、
レストルスカルプケアトリートメントとマトリックスローションを使うようにして頭皮の環境をよくしてください。

吹き出物があり、かゆみが出ている状態の頭皮

健康な髪は育ちません。

 

吹き出物があり毛髪の量感がなくなって、弱りおとろえる傾向にある頭皮からは、毛は細くなり寿命も短い毛しか育ちません。

 

頭皮の緊張を改善して柔らかくして、血行をよくしましょう。
それから、吹き出物が出にくい頭皮にして太く寿命の長い毛が育つ頭皮にすることです。

 

シャンプーについては、汚れを落とすためのシャンプーを使っているなら、間違いです。
毎日、髪の毛洗っているのに、汚れがそんなに付いていることありません。

 

これは、毛髪の育成に必要な成分まで洗い取られているので、頭皮は弱っていきます。
そして、「早く効かす、もっと効く育毛剤」などと夢を追わないでください。現実に、今出来ることを確実に実行してください。

ルナレストルセリピッド=頭皮料は育毛頭皮料

スカルプケア頭皮ローションにも育毛効果があります。

 

頭皮を改善しながら育毛効果も期待できるということです。
治しにくい薄毛・男性脱毛症を治す目的で、効果を最優先させた製品です。

 

より改善率を上げるため、確実性を増すために「前処理」を組み入れて成果を上げています。
頭皮が弱りおとろえていたり、炎症やうっ血、脂漏性などの異常があると育毛剤は効かないのです。

 

「頭皮を育毛剤を効く頭皮に改善する」手当がひつようになるわけです。
まず「皮脂を取れば毛が生える」ということはありません。

 

皮脂には「育毛に必要な成分」も含まれています。
細胞は「過剰な手当は攻撃と見なす」ので、やりすぎに注意がひつようです。

 

育毛の基本はシャンプーです。どのような育毛環境を作るか、が成功と失敗の分かれ目です。

 

育毛百科トップへ
育毛百科は薄毛や抜け毛と闘う

 

ページのトップへ戻る

ページのトップへ戻る