マイナスパワーを感じやすい悪い習慣の人がいる

スポンサードリンク

脱毛症は、壮年性脱毛症と円形脱毛症に分けられる

女性は、女性ホルモンが圧倒的に優位に働きます。

 

更年期や出産などホルモンの釣り合いが崩れて影響が出ることがあります。

 

更年期以前であっても仕事や育児のストレスが原因で、ホルモンのつり合いが崩れ脱毛症になる女性が多いです。

 

加齢に伴って脱毛が多く、頭髪が徐々に薄くなるのは生理的なもの、若くして抜け毛が多いのは異常、女性の脱毛症の特徴は頭髪が全体に薄くなることです。

 

東洋医学では、気を司るのは腎で、血を司るのは肝です。

 

腎というのは、副腎を含めた腎臓、肝は、肝臓を含めた機能全体を指し、腎に属する感情としては恐れがあり、肝に属する感情は、怒りがあります。

 

恐れは、身構えて受身になって、神経質になってという状態で「気」が抑圧されうまく働かなくなり、円形脱毛症につながります。

 

ストレスがかかったときのカッカして怒る人がいます。

 

血を司る肝に属する感情。

 

肝は熱を出し、熱が頭部に上がり、頭部の皮脂が増加し、毛穴を塞いでしまって髪が抜けたり、新しい髪が生えなくなります。

 

女性の男性化といった症状が関わっていることは知ってますか

「女性の男性化」とは果たしてどんなようなことか。

 

女性の男性化とは、体毛が濃い色になる、ひげが伸びる、声が太く低いなど、あたかも男性となる症状が起こるわけです。

 

ではどうして、そんな事が発生するのでしょうか。

 

背景にあるのは「ホルモンバランスの乱れが原因の男性ホルモンの分泌促進」とのことです

 

通常なら、女性の身体でも5%レベルの男性ホルモンがあったりするが、毛髪に非常に大きい悪影響を及ぼす容量じゃありません。

 

だけども「閉経」になると女性ホルモン「エストロゲン」が少なくなり、男性ホルモン割合が増大してしまうのです。

 

さらに、閉経目前の年齢層だって、働きすぎやストレス、アンバランスになったライフスタイルというものは、ホルモンバランスの乱れを早める引き金になります。

 

女性ホルモン「エストロゲン」は毛髪を維持するからこそ重要な役割を果しているわけです。

 

ところがそれとは逆に、髪を新しく作り出す細胞を弱らせちゃう物質が男性ホルモンの1つ「ジヒドロステロン(DHT)」なのです。

 

男性型脱毛症(AGA)に悩まされる人の大部分がこのホルモンが影響を及ぼしているのです。

 

エストロゲン減少でのホルモンバランスの乱れによって、男性ホルモン割合が増加傾向にある状態が継続していくと、ほんとだったらエストロゲンのお陰で維持されているべき女性の毛髪にも悪い影響を及ぼしてくるのです。

 

それから、男性と同じく抜け毛や薄毛のトラブルが生じてしまうものなのです。

 

閉経での女性ホルモンの減少は加齢現象と一緒に訪れるどうしようもない物理現象ですけれども、前もっての知識と心の持ち方によって望ましい処理法を行なっておきさえすれば、女性ホルモンのダウンをゆっくり施すことが困難ではありません。

 

また、女性ホルモンの分泌に忘れてならない事は「リラックス」。

 

入浴や深い眠り、休養でストレスを効果的に解消できたり、適正な食生活習慣を忘れないようにするとか、のんびりとした気持ちを込めて日々を過ごしていくというのが年齢層に関係なく大切です。

 

他の人とコミュニケーションを取ることによって数々のマイナスパワーを受けとってしまうなど、コミュニケーションを取ら無くとも、地下鉄や他人のいるところに存在するのみでイライラしたり

 

してしまう人もいらっしゃいます。

 

または本などにおいてもそういった風に取り上げられていることで意味なくそうイメージしてしまうと思いますが、どうしてなのか「自分自身が頭ごなしに相手から得てしまう、そのことを取り込んでしまう悪い習慣だ」と考え込んでいる人が多いといえます。

 

正直なところ相手が自分自身に対して有無を言わさず発信して来ているのとは違って、自分自身がいつの間にか相手に意識を集中させて相手に入り込んで受けとめて吸収しているわけです。

 

わかりやすく説明すると、あなた自身から手にするために入り込んでおられると言うこと。

 

この人物ってなんと言うか極めてマイナス感情を放ってる、どうしても他の人をいつだって意識して、あれやこれやと一方的に妄想し、一方的に決めて掛かり、あなた自身からマイナスなストーリーりを作り出してます。

 

いつもながら他の人があなた自身をどう受け取っているか、あなた自身に向けていかなる存在なのかなを気にしつつ、チェックしながら意識して見入ってしまう習慣となって、どうしてなのか他の人にエネルギーを送り込んで結局のところあなた自身に戻されてくる感じになるのです。

 

他の人とのコミュニケーションや地下鉄や人の群れによって疲労困憊するのって、他の人にエネルギーを送り込んで結局のところあなた自身に戻されてくることと、意識を向ける先がいっぱい生じるということが引き金。

 

心穏やかでいられなくなったりどっと疲れ切って高熱を出す人もいるのです。

 

テレビ番組やラジオだって起こる可能性がありますが、さらに同じくそこの所に意識を集中させ過ぎて、それに空想といった妄想のやり過ぎや、度を越して反応するために身体が(肉体面・精神面)が疲労困憊してしまうという理由から生じます。

 

心穏やかでいられなくなったり疲労していたり、高熱を出すのって、肉体がメンタル面とのバランスを取る作用で機能しているわけなので、マイナスじゃありません。

 

対処方法においてはあなた自身から他の人を意識して見ることはない、視ない対応、他の人にどう感じられても気に掛けないこと。

 

「他の人は他の人。あなた自身とは全然違うし、良く思い込まれ無くても平気である」と考えておくこと、あるいは自分自身が心配している、気がかりなのをいい方向に向けること、があるのです。

 

他の人を意識したり、他の人に対し必要以上に緊張状態になってしまうと、それに関して自分自身へのコンプレックスがつきものです。

 

自分と相手は鏡であると良く言うけれども、あなた自身がそのように絶えず強くイメージしているからふさわしいエネルギーが相手に伝わり、相手が受け止めるのです。

 

で、残念なことに戻されてくる・・・。あなた自身がそこの所に焦点を当てなければ、他の人はそのことに向けて強いて感じ取る必要はないのです。

 

コンプレックスなんか現代では、気にもしなれば信じられないくらい改善する方法が存在すると考えるわけです。

 

どっちにしても他の人を目にして、自分だって奮闘しようと、の自分の目標やパワーの源として何かしらアクションを起こすのじゃなく、見向きもしないままに意識のみ外に向かって自分自身に返されてきて人体に次から次へとため込んで蓄積していく・・・の繰り返しは体に良いわけがありません。

 

絶えず他の人とあなた自身を対比させ、コンプレックスを抱いたり、他の人に勝利できるところを一生懸命に探し出して勝利できる部分に満ち足りてあなた自身のコンプレックスはなかったことにしてみたりとか、そのような傾向を、ちょっぴり変えていくことによって、症状はまるっきり鎮められていくはずです。

若ハゲは頭皮がベタベタする人が多いです

気・血のどちらかが損傷を受けると結果的には髪は抜けます。

 

中高年のストレスは、仕事関係で無理をせざる得ないと言う人がほとんどです。

 

いけないと頭ではわかっていても変えられません。

 

その人ができる最善のことをやるのが改善の第一歩です。

 

ストレスから小学校・低学年の円形脱毛症が増加

 

髪の毛が抜けることが大きなストレスになり、それによって脱毛が促進されます。

 

悪影響が進むと、治療はかなり困難になります。

 

難治性の円形脱毛症は、ストレスによって大きくなったマイナスのパワーが大きい負荷になり、復元力が働かなくなり、伸びきった状態と考えられます。

髪の不安を訴える人がいます

ふけの増加

ふけは、古くなって角質化した頭皮がはがれ落ち、これに皮脂腺から分泌された脂肪が付着して固まったものです。

 

新しい細胞がフケになるまでの期間は正常で約28日間。

 

これが10日〜2週間とサイクルが短くなり、脂っぽいふけが出るようになったら危険信号。

 

強い痛みとかゆみを伴うため、爪でかいて頭皮を傷つけると、化膿して毛根部を傷めることもあります。

 

ふけが急増したら、頭皮を清潔にし、食事や生活の乱れを調べてください。

 

異常脱毛

通常は、個人差があり、1日平均100本の抜け毛があり、異常脱毛は洗髪すると多くて数百本抜けることがあります。

 

抜けた毛は、毛根がギザギザしており、白っぽいものが付着して粘りがあります。

 

毛先が細くとがり、長さも正常なものに比べ短いです。早期発見に努めて手当をすること。

毛の軟化

髪の毛が柔らかくしなやかになったら、ハゲの進行は深刻な状態です。

 

手当をせず放置していると、毛はどんどん細くなり、ツヤや弾力性を失います。

 

軟化になって抜け落ち。次世代の毛はもっと弱い状態になっています。

 

軟毛化は、毛髪の成長に必要な栄養分が十分補給されない栄養障害。

 

生え際の後退

人間の毛根の数は、生まれたときから決まっています。

 

その後、減ることはあっても増えることはなく、ある部分の毛根が機能停止すれば、完全にハゲになるしかありません。

 

毛髪には境界線があります。
次第に細くなっていき境界線を超えてしまった毛は、元に戻せる率は極端に低くなります。

 

だから、境界線を超えないうちに手当をすることです。

 

早いほど元に戻せるので、兆候が見えたときから予防を心がけてください。

 

育毛百科トップへ
育毛百科は薄毛や抜け毛と闘う