スポンサードリンク

マイナスイオンって何なの

マイナスイオン

ストレスが続くことで毛髪にも
大きな影響が出てきます。

 

頭皮が緊張して固くなり血行不良になるためです。

 

男性ホルモンが活性化することで、皮脂の分泌量が増加、血管が収縮し、血液の流れが制限されやすくなり、胃腸や免疫系統、神経系の影響が毛髪にも及びます。

 

ストレスが得意の人・ダメダメな人

外側からの「刺激」にとっては、苦痛や疾病だけに限らず天気模様や暴力、仕事も入ります。

 

ストレスは、極悪なものかのような考え方がつきまといますが、だからといってそうじゃなく程よい緊張などは機能が非常に発揮されるとか、有利に作用するストレスも存在するのです。

 

外側よりのありとあらゆる刺激をストレッサーといい、それの刺激が強烈すぎて生体が対処できない時をストレス状態と称します。

 

ストレスの感覚は各人各様ですので、一まとめにしてはどの位のストレスがプレッシャーであるのかなどという単純比較検討は困難だと思います。

 

われわれの人体は、自律神経の交感神経と副交感神経の2つの神経のコントロールを受けているわけです。

 

脳から情報を伝えるときに、この2つの神経に亢進と抑制の指示をいたします。

 

交感神経と副交感神経は、ひとつ毎にの臓器に対して2重に拮抗的に支配(二重支配)おこないます。

 

このそれぞれの神経のバランスによって、呼吸や血圧、消化、排泄、体温調節といった各臓器の働きをコントロールしているわけです。

 

身体がストレス(ストレッサー)を受けると、自律神経が関係します。

 

交感神経は一般には「攻撃」(活動する神経)ですから、副交感神経は「休息」(リラックスの神経)となります。

 

ほとんどすべての臓器がこのような二重支配により、ストレスが長年にわたると自律神経が影響力を受けてバランスが異常になり、胃腸や肌に向けてダメージや頭痛を引き起こすといった場合もあるといえます。

 


呼吸・消化・循環などを支配する

自律神経に働くという効果が主張されています。

 

自律神経は、交感神経と副交感神経のつり合いで成り立っています。

 

副交感神経は、血圧や脈拍を上げて生体を活動的にする交感神経と拮抗するので、マイナスイオンは鎮静効果をもたらし神経をリラックスさせ、ストレス解消に役立つことが言われるようになりました。

 

プラスイオンには興奮作用があるそうです。

 

マイナスイオンが健康にどう影響するのか、効果が本当に存在するのか、結論が出るのはかなり先になりそうです。

ストレスは歪み

ストレスは歪み

 

精神や肉体の釣り合いが崩れる様子を意味する言葉です。

 

人間の身体は、偏りが崩れるとつり合いを取り戻そうと働き、そのための余分なエネルギーの消費が髪にとっては不利です。

 

本来、髪に回るはずの栄養分がほかのところへ回ってしまいます。

 

ストレスは、皮脂腺を増大・活性化させて皮脂の分泌を増加させるだけでなく、毛根への栄養を補給する血管の収縮や胃腸障害まで引き起こします。

円形脱毛症について

円形脱毛症や難治性の全頭脱毛もストレスによるものがほとんどです。

 

抜け毛に対する必要以上の心配は、それ自体、抜け毛が怖くて洗髪できない脱毛ノイローゼの人がいます。

 

ただでさえストレスに弱い髪に余分なストレスを加えることはありません。

 

脳の中にある視床下部には、自律神経やホルモン、免疫などの中枢がストレスによって免疫機能になんらかの異常が起きて脱毛すると西洋医学では考えられています。

 

東洋医学では、人間のエネルギーを気血水で表わします。

 

気は生命エネルギー、感情を気という言葉で表し、血は血液を指し、気を運ぶ働きのある水は血液以外の体液です。

過度の心配

髪の毛はストレスに敏感に反応します。

 

白髪、抜け毛、薄毛、円形脱毛症、若ハゲなどで悩む人は多く、精神的なストレスが多いに関わっています。

 

ストレスは髪の毛の健康にどんな影響を及ぼし、なぜ髪の毛がストレスの影響を受けるのか。

 

その対策を東洋医学から見たストレスと髪の毛についてお知らせします。

 

髪は血余といいます

血の流れが順調であれば毛髪は保たれ、悪くなると抜けるとされ、気は、血を生じ血は、気を補うという密接な関係にあります。

 

気の流れの停滞も髪に影響します。

 

ストレスがあると気や血の流れが乱されます。

 

そのため毛根のエネルギーが落ち、木の葉が落ちるように毛根が弱って抜けます。

 

ストレスがあるからといっても誰もが脱毛する訳ではなく、遺伝的要因も大きいです。

 

まだ詳しいことは解明されていないが、予防は大切です。

ストレスによって白髪が増える人

髪の毛の色は毛に含まれるメラニン色素や色を細胞の働きにより決まります

 

毛根で髪の毛が作られるとき、通常は色素細胞で作られたメラニン色素が毛の中に送り込まれて髪の毛に色が着きます。

 

ストレスがかかるとその機構が働かなくなって白髪になると考えられます。

 

ストレス性の白髪はストレスの原因が改善されればかなり改善されますが、完全に戻ることはないようです。

 

脱毛や白髪の原因はストレスだけではなく、重い病気や病気に対する投薬や放射線治療などがあります。

 

育毛百科トップへ
育毛百科は薄毛や抜け毛と闘う