内臓機能のバランスを整えることを考えましょう

スポンサードリンク

毛髪に大きく関連する内臓

ほとんどが商品の宣伝で何が正しいのか迷っています。

 

育毛の正しい知識で正しい育毛ケアを考えましょう。

 

過剰な手当てにより後遺症で悩んでいる例も多いのです。

 

人間の内臓は独立した器官ではなく、お互いに助け合ったり=相生、お互いにけん制し合って=相克、つり合いを取り合って健康を保っています。

 

腎臓で、腎臓は肺に助けられ、肝臓を助けています。

 

腎臓は脾・胃で制御され、腎臓は心臓を制御しています。

 

腎臓は水をつかさどり、体液や細胞の水分を調整しています。

 

季節は冬で、冬は腎臓が悪化しやすい季節といえるのです。

 

肝臓は春、心臓は夏、肺臓は秋、脾胃は土用=季節の変わり目体の中の薄毛・脱毛症や抜け毛の原因として、内臓の疾患や機能低下を検討し、どこに弱点があるかを知って、内臓機能のかたよりがないようにを整えましょう。

毛髪が生える環境がよくなります

毛の生え替わりは次のようになります。

 

  1. 毛は次第に細く寿命も短くなっていく。
  2. 細くなった毛がうぶ毛へと移行していく所に毛には境界線があり、うぶ毛になった毛は境界線を越えて元の硬毛になることは難しい。
  3. だからうぶ毛にならないうちに手当をすることなのです。

 

楽しいことを心の中に思い浮かべて自分よしよしで、習慣にして育毛手当てをしましょう。

内臓と髪の関連性

脾・胃=ここが定まらないと皮脂が多くなることがあるので、
女性で皮脂が多いときは胃の状態を調べます。

 

胃は熱源でもあり、胃が冷えて、機能が低下していると毛の育成にも影響が出ます。

 

東洋医学では胃薬も冷えて機能低下しているときと、胃に炎症や熱があるときの胃薬があり、区別しています。

 

肺臓=肺は腎臓の親として腎臓を助けていて肺機能が弱い人は白髪になりやすい傾向にあるので、 スカルプケア頭皮ローションやルナレストルセリピッド=頭皮料で生え際などを保護します。

 

呼吸器系が弱い

酸素を取り入れる力が弱いことになり、やはり髪に大きな影響を与えています。

 

肺は大腸とも関連していて大腸の異常や機能低下は、解毒やアレルギーの悪化を引き起こすことになります。

腎臓は毛髪に大きな影響を与えている器官

腎臓は、体の水を漉して老廃物を体外に排出する役目をしています。

 

その機能がおとろえると、体に不用な物質がたまりやすくなります。

 

疲れやすいとか、むくみ、細胞の電位差などにも影響が出て髪の育毛環境が悪くなり、抜け毛が多くなり、次の世代の毛が育ちにくくなります。

 

したがって薄毛や脱毛症に、育毛のサプリメントにノコギリヤシや亜鉛などが用いられますが、いずれも腎臓機能の活性化を期待しています。

 

内臓のおとろえや疾患が原因でおこる頭皮のかゆみ、薄毛・脱毛症、皮脂分泌過剰による油性ハゲ、自律神経失調症による円形脱毛症に、体の偏っている部位を調整して改善し育毛を促進させる処方です。

 

漢方は精神を安定させる作用があります

東洋医学では、血の流れに異常が出て、末端にある毛や爪、お肌などは大きく影響を受けます。

 

頭皮がおとろえると太く寿命の長い髪は育てられなくなり、毛は細くなって髪の毛の量感が減り、薄毛になっていくし、白髪も増えてきます。

 

内臓機能が悪化すると頭皮が弱るポイント

特別胃腸の関わりと腎臓の関わりが頭皮・髪の毛の発育に影響を及ぼします。

 

胃腸の働きが弱ると、内臓の周辺にある血の巡りが鈍くなります。

 

内臓の周辺の血の巡りが損なわれると身体全体の血の巡りが緩慢になります。

 

冷え体質のみなさんの中には、胃腸のデリケートな方が数多くいらっしゃる。

 

  • 身体全体の血液循環を損なうと、間違いなく末端の組織とされる頭皮に対する血液循環が損なわれる。
  • 頭皮が血液が少ない真っ白な色となる。
  • というわけで頭皮が深刻な状態になる。

 

栄養成分の消化吸収も不十分になる

さらに、胃腸の働きが衰えると、摂取する栄養成分もしっかり取り入れられなくなってしまいます。

 

栄養成分は生きて行くために必要不可欠な内臓から最優先に配分されていることから、生きて行くとして必要とされていない毛髪に栄養素の配分がが行われなくなっていきます。

 

腎臓の働きも影響を及ぼす

腎機能の働きが弱々しいと、水分の排泄がしっかり行えなくなります。

 

体がむくむとか、顔がむくんでいる理由はそのせいでなので、それは細胞に余分な水分が溜まっていて疲労している状況です。

 

もちろん、頭皮の細胞も水が溜まり・むくみ・疲労している状態になので、毛髪が抜け易い状態になって成育としても悪い影響を与えてしまう。

 

内臓や血管にダメージが見られると、どうしても髪を成育させるのにブレーキをもたらします。

 

そればかりでは無くて、健康それ自体にもダメージが考えられます。

 

必要以上の栄養素は人間にすればそれはそれは有害になります。

 

通常であれば思い通りになる状態になるのに、あえて必要以上のエネルギーでその状況を邪魔しているという訳です。

 

驚くことに自分自身で知らない間にダメージを増大しているだけというわけです。

 

内臓や血管は人間の目線だとダメージ状況は予測できないのですが、髪は歴然です。

 

残念なことに、髪が人間の健康を示しているのかも知れないとわたくしなんか思います。

 

ハゲになる食生活習慣

今現在あなた自身の食事内容や水分を取る方法をとにかく確認しなおしていただきたいです。

 

  • サプリに頼った栄養素を取る方法を行なっていないでしょうか。
  • 偏食が著しくないでしょうか。
  • ファストフードやジャンクフードで片づけていないですか。
  • コンビニエンスストア食(弁当・サンドイッチ・唐揚げなど・アイスクリーム・パン・ケーキ・菓子類等)が当然でないですか。
  • 1日1回コンビニエンスストア食を口にするということを多い状態だ。
  • コーヒーや清涼飲料水で水分を飲用していないでしょうか。
  • 唐揚げなど肉食に偏っていないでしょうか。

育毛百科相互リンクサイト

無駄毛処理のサイト
無駄毛処理に関する基礎知識や方法などを解説しています。

 

育毛百科トップへ
育毛百科は薄毛や抜け毛と闘う

スポンサードリンク